(©︎もぐす(comic POOL/一迅社刊)/舞台「恋と呼ぶには気持ち悪い」製作実行委員会 ©︎もぐす・一迅社/恋きも製作委員会)

(©︎もぐす(comic POOL/一迅社刊)/舞台「恋と呼ぶには気持ち悪い」製作実行委員会 ©︎もぐす・一迅社/恋きも製作委員会)

柴田柚菜(乃木坂46)単独初主演&龍本弥生(NMB48)出演舞台<恋と呼ぶには気持ち悪い>、キービジュアル公開!

乃木坂46の柴田柚菜が単独初主演を務め、NMB48の龍本弥生が出演する舞台<恋と呼ぶには気持ち悪い>が、キービジュアルを公開した。

舞台<恋と呼ぶには気持ち悪い> 出演者

2024年4月26日(水)〜東京、大阪にて上演される舞台<恋と呼ぶには気持ち悪い>。

コミックス累計発行部数120万部突破(電子書籍含む)、 原作「もぐす」による人気作『恋と呼ぶには気持ち悪い』(一迅社刊)は、同作は、イケメンエリート社会人と普通で実はオタクな女子高生の“年の差”一方通行ラブコメディ。直球すぎる恋愛アプローチやそれをひたすら気持ち悪がって罵倒するシーンなどは思わず笑ってしまいながらも、ときにはキュンとするさせてくれる展開がたまらなく、クセになる人が続出している。2021年にはTVアニメがAmazon PrimeVideoで独占先行配信、さらにAT-XやTOKYO MXで放送され話題となった。

上演に向け、主人公の女子高生・有⾺一花役を柴田柚菜と一花に一方的な恋心を抱くイケメンエリート社会人・天草亮役を務める内博貴によるキービジュアルを公開。

また、一花の親友で亮の妹・天草理緒に龍本 弥生、亮の親友・益田を千葉 瑞己、一花の同級生・多丸快を長江崚行、亮の同期社員・松島有枝を
小見川千明、一花の母・有⾺百合子を八城まゆが務めるほか、瑚々、泉澄、根本 流風、片山 しおり、尾崎 明日香らのキャラクタービジュアルも公開された。

コメント

もぐす(『恋と呼ぶには気持ち悪い』原作):
原作者のもぐすです。『恋と呼ぶには気持ち悪い』舞台化です! さまざまな形で作品を応援してくださったみなさま、関係者のみなさまのおかげです。本当にありがとうございます。原作はすでに完結していますが、舞台という新たな姿でまた会えるのが嬉しいです。どのような形に創っていただけるのか、俳優の皆さまがどのように演じてくださるのか、一観客の立場として大変楽しみにしております。

もぐす
ツイート
もぐす

小坂井祐莉絵(『恋と呼ぶには気持ち悪い』TVアニメ版 有馬一花 役):
私にとって、初めてのアニメ主演作であり想い入れの大変深い作品。舞台化すると聞いてとても嬉しく思います。原作、そしてアニメの放送が終わってしまってもまた大好きなコンテンツに触れることができる、その世界を目の前で味わえると知って、喜びを感じました。亮さんの気持ち悪さとか、“アニメだから許されるのでは……”という部分もあったので、現実だったらどうなってしまうのか……(笑)。今から想像しただけでもワクワクします! アニメでは一花視点で作品を観ていたので、舞台では、1人ひとりの魅力的なキャラクターを楽しめたらいいなと思います。素敵なキャストの皆様での舞台化、とても光栄です。千秋楽まで怪我なく素敵な舞台になりますように!

小坂井祐莉絵
ツイート
小坂井祐莉絵

次ページ

  • 1
  • トップページ
  • ニュース
  • 柴田柚菜(乃木坂46)単独初主演&龍本弥生(NMB48)出演舞台<恋と呼ぶには気持ち悪い>、キービジュアル公開!