<@JAM EXPO 2018>8月26日「=LOVE」ストロベリーステージ

<@JAM EXPO 2018>8月26日「=LOVE」ストロベリーステージ

【@ JAM EXPO 2018レポート】=LOVE、ありあまる可愛さ炸裂「私、横アリから帰りたくない!」

Pop'n'Roll 編集部

Pop'n'Roll 編集部

2018.10.12

<@JAM EXPO 2018>が、2018年8月25日、26日に横浜アリーナで開催された。“アイドルの博覧会”として、多種多彩なグループが5つのライブステージで個性あふれるパフォーマンスをくり広げた中から、8月26日のストロベリーステージでの=LOVEのライブレポートをお届けしよう。

指原莉乃プロデュースアイドルグループ、=LOVEが@JAM EXPOのメインステージに登場! 公私ともにアイドル好きな指原莉乃がメンバーを選んだだけあり、高いビジュアルレベルを誇る。

指原莉乃の作詞による「ようこそ!イコラブ沼」。どっぷりとその物事にハマることを"沼にはまる"と表現することがあるが、それをタイトルに付けてしまうところがおもしろい。

「私、横アリから帰りたくない!」
「みなさん、イコラブのこと大好きですか〜?」
などの、可愛らしい掛け合いも。

片想いの様子を描いた「届いてLOVE YOU」では、可愛いらしさ全開でパフォーマンス。細かい仕草の一つひとつにまで可愛さがたっぷり詰め込まれている。

「樹愛羅、助けに来たぞ」は、メンバーの齋藤樹愛羅の名前がそのままタイトルとなっている。戦隊モノっぽい振り付けやメロディーが印象的だ。

グループ自体のキャリアはまだあまりないものの、可愛さを前面に押し出したパフォーマンスで観客たちを魅了していた。

取材・文:永山あるみ

<@JAM EXPO 2018>8月26日「=LOVE」ストロベリーステージ
<@JAM EXPO 2018>8月26日「=LOVE」ストロベリーステージ
<@JAM EXPO 2018>8月26日「=LOVE」ストロベリーステージ
<@JAM EXPO 2018>8月26日「=LOVE」ストロベリーステージ
<@JAM EXPO 2018>8月26日「=LOVE」ストロベリーステージ
<@JAM EXPO 2018>8月26日「=LOVE」ストロベリーステージ
<@JAM EXPO 2018>8月26日「=LOVE」ストロベリーステージ
<@JAM EXPO 2018>8月26日「=LOVE」ストロベリーステージ