左から、安井泉妃、黒坂美羽、白石るり、青山菜花

左から、安井泉妃、黒坂美羽、白石るり、青山菜花

スタプラ研究生[インタビュー]追い風を吹かせて疾走する12名の色鮮やかなストーリー「新体制でのライブになるので、新しい私たちをみんなに観てほしい」

ももいろクローバーZや私立恵比寿中学、超ときめき♡宣伝部などを擁するスターダストプロモーションのアイドル部門『STARDUST PLANET』所属でダンスやボイストレーニングなどのレッスンを重ねているスタプラ研究生。2022年春に先輩グループであるTEAM SHACHIのバックダンサーとして出演、本格始動した彼女たちは、これまで先輩グループのライブのオープニングアクトとして出演しながら、2023年にはワンマンライブを2回行ない、11月に4つのオリジナル曲を収録した1st EP『追い風とストーリー』をリリースするなど、アイドルとして着実な活動を展開している。一歩ずつしっかりと成長を遂げている彼女たちにとって次の挑戦の場となるのが、来たる3月17日(日)に渋谷・Spotify O-WESTで開催する3rdワンマンライブ<スタプラ研究生 THE THIRD〜にじいろの未来と願い~>。今回、現在12名で活動しているスタプラ研究生の中から代表して、白石るり、安井泉妃、黒坂美羽、青山菜花に3rdワンマンライブまでのグループの活動、そして同公演への意気込みについて話を訊いた。

スタプラ研究生

インタビュー:竹内伸一
撮影:河邉有実莉

ファンの方との一体感は増していると思うので、成長できているんじゃないかな(青山)

――今日は1st EP『追い風とストーリー』と、3月17日(日)のワンマンライブ<にじいろの未来と願い>についてお話をうかがいたいと思っています。その前に、スタプラ研究生の歩みをダイジェストで振り返りたいんですが、2022年のTEAM SHACHIのライブ(4月23日中野サンプラザで開催の<TEAM SHACHI TOUR 2022 〜猪突!猛進!猛進!猛進!猛進!〜>)にてバックダンサーとしてステージに立ったことをきっかけに本格的にグループとして動き出して、翌年の2023年4月に初めてのワンマンライブ(4月9日に渋谷ストリームホールで開催の<スタプラ研究生 THE FIRST 〜追い風とストーリー〜>)を行なったと。合ってます?

一同:
(口々に)合ってます(笑)。

――今までで、最も印象に残っていることを教えてください。

白石:
去年の3月に初めて自分たちのイベントとしてフリーライブ(3月18日にららぽーと立川立飛)をやったんです。初めて自分たちのファン、自分たちを観たいと思って来てくださった方の前で歌って踊ってMCもして。その時のことはすごく覚えています。

――緊張しました?

白石:
緊張しました。もうすべてが初めてのことだったから、始まる前は“頑張ろうね”ってお互いに励まし合っていました。

――ということは、ほかのみなさんも緊張していたんですね?

黒坂・安井:
(大きくうなずく)

――中でも緊張していたのは誰ですか?

黒坂・白石:
(安井に視線を送る)

安井:
えっ、泉妃? 1番かどうかはわからないですけど、ずっと手が震えてたことは覚えています(笑)。

青山:
私は、2023年4月に、みんなよりもあとから加入したんですよ。だから、最初はみんなに早く馴染めるようにと思っていました。みんな、レッスンを頑張って、技術力を高めている印象があったので、私も頑張らなくちゃって。私が加入した時は、オリジナル曲は「追い風とストーリー」と「最高WonderfulTime」の2曲という状況だったんですけど、あとから入っていって、一体感を出しつつ、自分の個性も出すっていうのがすごく難しくて。加入した頃にとにかく頑張ったのが1番印象的な出来事です。特に、スタプラ研究生としては2回目のライブが、私にとって初めてのライブだったんですけど、スタプラ研究生として認めてもらえるようにすごく頑張りました。

――加入前は、スタプラ研究生についてどんな印象をお持ちでしたか?

青山:
インスタをよく見ていたんですよ。そこで超ときめき♡宣伝部さんの「すきっ!」を歌っているのを観たんですけど、“みんな、歌ウマい!”って思いました(笑)。追いつけるように頑張らなくちゃって思って、私も「すきっ!」をこっそり練習していました(笑)。

安井:
私は、初めてのワンマンが印象に残っています。初めて自分たちの曲を披露したんです。自分のパートがちゃんと歌えるかとか、踊りがちゃんと入っているかとか全部気になっちゃって、前日まったく寝れなくて。

――寝ずにステージに立って大丈夫でした?

安井:
なんとか大丈夫でした(笑)。でも、その日の夜はけっこう深い眠りにつきました(笑)。

黒坂:
私も1回目のワンマンライブが1番印象に残っています。すごく緊張して……。私は基本おちゃらけてるというか、けっこう元気な方なんですけど、ライブの直前とか、ホントに私なのかなっていうくらい緊張してて。やっぱり、初めて自分たちの曲を、自分たちをお目当てに来てくださったファンのみなさんの前で披露するというのは、すごいプレッシャーで。

――それから1年経ちますけど、緊張せずにライブができるようになりました?

一同:
(大きく左右に首を振る)

白石:
毎回緊張しちゃいます。2回ステージがある時は、1部の前にすごく緊張して、1部が終わったら、緊張がほぐれたかなって思うんですけど、やっぱり2部の前も緊張しちゃいます(笑)。

青山:
緊張するのはあんまり変わらないですけど、パフォーマンスでここは気にして踊らなくちゃいけないっていうのは減っていると思うし、ファンの方との一体感は増していると思うので、自分で言うのもあれですけど(笑)、成長はできているんじゃないかなって思います。それに、緊張もいい緊張とダメな緊張があると思うんですよ。ただ緊張だけしちゃって何もウマくいかないってことはなくなって、いい意味での緊張感があるから、冷静にできるようにもなってきたと、私がメンバーを見て思っています(笑)。

安井:
私は逆にライブを重ねるごとに緊張感がどんどん増しています。前回の自分を超えていけるか気になっちゃって、手がぶるぶるになっちゃうことが多いです(笑)。

青山菜花
ツイート
青山菜花

次ページ

  • 1
  • トップページ
  • インタビュー
  • スタプラ研究生[インタビュー]追い風を吹かせて疾走する12名の色鮮やかなストーリー「新体制でのライブになるので、新しい私たちをみんなに観てほしい」