中西アルノ(乃木坂46)、「収録中はずっと刺激的な時間です」MC出演番組『Spicy Sessions』の魅力を明かす

中西アルノ(乃木坂46)、「収録中はずっと刺激的な時間です」MC出演番組『Spicy Sessions』の魅力を明かす

中西アルノ(乃木坂46)、「収録中はずっと刺激的な時間です」MC出演番組『Spicy Sessions』の魅力を明かす

CS放送『TBSチャンネル1 最新ドラマ・音楽・映画』にて、2023年12月にスタートした音楽番組『Spicy Sessions』(スパイシーセッションズ)。

先月末に行なわれた、2月、3月放送回の収録を、ゴスペラーズをデビュー当時からよく知り、数々のアーティストのオフィシャルライターを務める音楽ライター・伊藤亜希が取材。

収録後のMC・黒沢薫(ゴスペラーズ)と中西アルノ(乃木坂46)のインタビューと合わせて、始まったばかりの『Spicy Sessions』が放つ“刺激”とは何かを伝える。

■収録レポート

昨年12月にTBSチャンネル1でスタートした、黒沢薫(ゴスペラーズ)と中西アルノ(乃木坂46)がMCを務める音楽番組 『Spicy Sessions』。黒沢いわく“番組収録というよりライヴに近い感覚”というこの番組では、観客を前にボーカリストとバンドメンバーによる“刺激的なセッション”がくり広げられる。1月末に行われた2回目、3回目放送の収録には、それぞれ1,000通を超す観覧応募があったそうだ。音楽好きの中で注目を集めるこの番組について、収録現場の様子やその裏側、黒沢薫と中西アルノ、両MCの同番組に対する想いなども含め、この番組の“刺激”とは何かを紹介していきたい。

メインMCである黒沢薫は、同番組のホストアーティストとしての役割も担う。ゲストとのミーティングにも参加し、相手の意向を尊重しながら歌唱の候補曲を決めている。毎回ソロ歌唱がある中西アルノは、自分自身で楽曲をセレクト。楽曲が決まった時点でバンドマスターを務める佐藤雄大が楽曲のアレンジを制作。黒沢は佐藤に、アレンジのイメージや大枠を伝え、細かい調整は本番の収録中、バンドメンバーやゲストと相談しながら仕上げていく。さらに黒沢は、本番中、譜面を見ながら歌のパート割り、ハーモニーの振り分け、中西アルノへのボーカリゼーション(発声法)や歌へのアプローチに対するアドバイスなど、会話と音でセッションしながら、歌を作り上げていく。この様子を観客が間近で観られるのが『Spicy Sessions』という音楽番組の最大の刺激だ。曲の制作過程から、1曲を歌い終えるまでのドキュメントが、観客の目の前でくり広げられ、そのまま放送もされる。

ゲストミュージシャンの音楽的ルーツに、トークで切り込んでいくのも『Spicy Sessions』ならではの刺激と言えるだろう。黒沢は、自らはR&B(特に90年代のアーバンなR&B)がルーツにあると言っているが、音楽リスナーとしてはかなりの雑食で、時代を問わずにさまざまな音楽を聴いている。いいと思ったらディグるマニアぶりもある。2回目の放送で、中西アルノのソロ歌唱曲「思い出が止まらなくなる」(乃木坂46)を、テンポを落とし、70年代後半のニューミュージック、シティポップスにリアレンジしたのは黒沢のアイディアだ。その理由を彼は“曲調はとてもアイドルっぽいけど、歌詞の内容は切なさもあり哀しさもある。そう考えるとシティポップだなと解釈して、番組オリジナルのアレンジを施してみました”と語っていた。この黒沢の解釈を理解し、本番収録中の“サビの部分は「はい、サビ来た!」って感じで変えるんじゃなくて、その前とつながるように歌ってみて”という、黒沢からの突然のアドバイスにも見事に応えた中西アルノの歌声にも注目してもらいたい。加えて、中西はクリス・ハート(2回目ゲスト)とKiroro「未来へ」、Penthouseの大島真帆(3回目ゲスト)とDREAMS COME TRUE「やさしいキスをして」をセッション。それぞれのセッションについて、中西は“クリス・ハートさんには、最初に引っ張っていただいて。それで落ち着いて歌うことができました。(声の)重なりが綺麗に感じられて気持ちよかったです。Penthouseの大島さんと歌わせていただいた時には、ユニゾンの最後の1音の消えるところまでぴったり一緒で、気持ちが同じ方向に向いていると肌で感じられて、すごく嬉しかったです”と感想を述べた。

前述したように番組のホストアーティストとして八面六臂の活躍を見せる黒沢だが、実は『Spicy Sessions』を誰よりも楽しんでいるのも彼だ。クリス・ハートのオリジナル曲「I LOVE YOU」を番組での歌唱曲に選んだ理由が“歌いたかったから”。Penthouseの浪岡真太郎、大島真帆と歌った、徳永英明「壊れかけのRadio」では、サビでボルテージが上がり、のけぞるように高音をシャウトする浪岡の様子に“いっちゃってるな、楽しそうだなって、ニヤニヤしちゃった”と感想を述べている。さらに驚いたのは、浪岡に合わせ、本番で自分のハーモニーの一部のニュアンスを即興で変えてきたことである。「壊れかけのRadio」はセッション曲ではなく、事前に決めていた曲だったが、リハーサルとは異なる表情のハーモニーを聴かせてくれたのだ。声を楽器に見立てたら、これこそインプロビゼーション(即興演奏)である。オンエアされたセッション曲も、次にセッションする時には違う形になっているかもしれない。そう考えると、まさにその一瞬だけの楽曲の形が放送されるのが『Spicy Sessions』という番組である。番組の第1回では、失敗してやり直した部分も放送された。なぜなら『Spicy Sessions』は音楽番組であると同時に、ドキュメント番組でもあるからだ。そう思って観ていただくと、また違った刺激が発見できそうである。

■MCインタビュー

収録を終えた黒沢薫と中西アルノに『Spicy Sessions』という番組について訊いた。

――『Spicy Sessions』には“刺激的な音楽番組”ってキャッチフレーズがついていますよね。MCのおふたりは、この番組からどういう刺激をもらっていますか?

中西:
刺激ばっかりです。この番組のすべてが刺激になっています。黒沢さんから歌のアドバイスをいただくことも刺激だし、黒沢さんがゲストの方とセッションしている姿を間近で観られることも刺激。収録中はずっと刺激的な時間です。

黒沢:
僕は、アルノさんの歌声に刺激を受けています。最初にアルノさんの歌を聴いた時は本当に驚きました。それで、アルノさんの歌をもっと聴いてみたいと思って、MCを一緒にやってくれないかなって話になったんですよね。で、今それが叶って、一緒に『Spicy Sessions』をやらせていただいているんですけど、引き出しがどんどん開いていく感じを見ていて素晴らしいなと。一緒にセッションしていてすごく楽しいですし、尊敬してますね。

――中西さんは、この番組でいろいろなアーティストの曲を歌うにあたり、どんな準備をしていますか?

中西:
まずは曲をちゃんと自分の中に落とし込んで、咀嚼してから歌うっていうことを心がけています。例えば、この曲を歌うってなったら、本家(オリジナル)だけじゃなくて、いろんな方のカバーを聴いたりします。

黒沢:
おぉ、そうなんですか。オリジナルを聴いて、そこに対して“私の歌はこう……”って持って行くんじゃなくて、いろいろ聴いた中で取捨選択してるんですね。それは初めて聴いたなぁ、すごい!

中西:
ありがとうございます!

――黒沢さんがこの番組の中で1番高まる瞬間は?

黒沢:
観覧に来てくれたお客さまとの距離が近いから、顔とか反応からお客様も満足してもらえてるのかなって思える手応えがあるのが、まず嬉しい。それから、収録が終わったあとに、ゲストの人が“やってやったぜ! どうだ!”みたいな顔をして喜んでいると、番組のMC、ホストとしては成功したなと思いますね。アーティストが、セッションという少しヒリヒリしたスリリングなスタイルを楽しんでくれて、いい笑顔を見せてくれる。そこができているのが1番嬉しいし、セッションして歌っている中で自分もどんどんテンションが上がっていきますね。

中西:
私は、毎回、ゲストのみなさんとは(収録当日が)初対面で。そんな中で、歌いながら呼吸が合っていって、それを肌で感じる瞬間が1番好きです。初対面のアーティストの方々と、歌を通して心の向いている方向が一緒になっていく瞬間が、すごくいいなと思います。あとは、黒沢さんの楽曲に対する解釈とかを間近で、生で観られるのが本当に楽しくて。それこそJ-POP、ソウル、ハードロックまで歌えるのもすごいと思うんですけど、曲によって、声色が全然違うんですよ。本当、知りたいことがすごくたくさんあるし、これからも初めて知ることばかりだと思うんです。

黒沢:
次の収録も今から楽しみですね。『Spicy Sessions』って感覚としてはテレビ収録っていうより、ライヴに近い。歌は生き物だから。そこをこれからもしっかり届ける。そしてゲストのみなさんにも観覧に来てくれたお客さまにも視聴者のみなさんにも、もっとセッションを楽しんでいただけるように頑張りたいなと思っています。

次ページ

  • 1
  • トップページ
  • ニュース
  • 中西アルノ(乃木坂46)、「収録中はずっと刺激的な時間です」MC出演番組『Spicy Sessions』の魅力を明かす