名取くるみ[インタビュー]南国・バリを舞台に“グラビア界一の黄金比ボディ”を完全開放した1st写真集に込めた願い「興奮して、夢にまで出てくるようになったらいいな」

名取くるみ[インタビュー]南国・バリを舞台に“グラビア界一の黄金比ボディ”を完全開放した1st写真集に込めた願い「興奮して、夢にまで出てくるようになったらいいな」

名取くるみ[インタビュー]南国・バリを舞台に“グラビア界一の黄金比ボディ”を完全開放した1st写真集に込めた願い「興奮して、夢にまで出てくるようになったらいいな」『名取くるみ1st写真集 チューベローズ』インタビュー

名取くるみが、2月14日(水)に『名取くるみ1st写真集 チューベローズ』を発売した。

“見た方を絶対に興奮させるつもりで撮影した”と強い覚悟で制作に挑んだ同書には、“グラビア界一の黄金比ボディ”の異名を持つ名取くるみの肌見せ全開のカットをほぼすべてのページにわたって収録。また、手ぶらのカットやバスト&ヒップを強調したカットも多く掲載され、名取くるみの“現在の限界露出”を存分に詰め込んだ1冊に仕上がった。

今回、念願の写真集を完成させた名取くるみにインタビューを実施。南国・バリでの撮影エピソードや見どころを中心に同書への想いを語ってもらった。

編集協力:村田誠二

『名取くるみ1st写真集 チューベローズ』関連カット

昼は自然な私なんですけど、夜になるとだんだん官能的になっていく構成になっているんです

――今回、写真集を出すことが決まった時の率直な気持ちから聞かせてください。

名取:
グラビア活動を4年くらいやっているんですけど、写真集はなかなかタイミングが合わず出すことができなかったので、やっと来た!という気持ちでした。

――<日本レースクイーン大賞2022>グランプリも受賞されたということで、まさにこのタイミングでしたね。

名取:
そうですね。<ミスFLASH 2021>のグランプリ受賞から<日本レースクイーン大賞2022>、そして今回1st写真集を出させていただけるということで、自分にとってもいい流れだなと思っています。この流れを作ってくださったマネージャーさんや事務所のスタッフの方々にも感謝しています。

――SNSなどで“夢にまで見た写真集”とおっしゃっていましたが、制作が決まってから内容について具体的なイメージはありましたか?

名取:
1冊で全部自分を出しきろう、露出するところは露出しようって。今回の“チューベローズ”というタイトルは誕生花の名前から取ったんですけど、その花言葉が“官能的”とか“誘惑”で。昼は自然な私なんですけど、夜になるとだんだん官能的になっていく構成になっているんです。

――昼の町並みでの名取さんはとってもナチュラルな表情ですし、プールや海でのカットでは、はしゃいでいますね。

名取:
けっこうはしゃいでいますよね(笑)。素で楽しんでいました。撮影地がバリだったので、朝とか昼は南国のバリらしい場所でたくさん撮っていただきました。

――それが夜になると大胆に。

名取:
かなり官能的な雰囲気になっていきますね。

――今回、なぜ撮影地にバリを選んだのですか?

名取:
最初は国内の予定だったんですけど、私の願望で(笑)。グラビアの撮影はもちろん、お仕事自体で海外に行ったことがなかったので、もともと南国とかにも憧れがあったりして、ぼそっと“行ってみたいな”なんて言ったら、そこを考慮してくださって、まさかのバリにという話になって。

――写真集の撮影地でバリは珍しいですよね。

名取:
実は私がバリに行きたかったんです。大学4年の時に卒業旅行で友達とバリに行く予定だったんですけど、私だけお仕事で急遽行けなくなってしまって。念願のバリっていう想いが果たせていなくて、自分の中ではずっと行きたかった国なんですよね。

――写真集とバリのどちらも念願が叶ったわけですね。

名取:
ホントにそうなんです。撮影はもちろん、バリを満喫できました。3泊4日でしたけど、私は食べることが好きなので、撮影が終わったらいろんな美味しいご飯屋さんとかマッサージに連れて行っていただいたりして。バリならではの自分がやりたいことができてよかったです。

――何が美味しかったですか?

名取:
やっぱりナシゴレンが1番美味しかったですね。向こうのチャーハン的なものなんです。店によって全然味が違うんですけど、どこのお店も美味しかったですね。

――撮影時期は?

名取:
(2023年)9月です。けっこう暑かったですけど、でも“うわ~もう無理”みたいな暑さではなかったので、本当にいい時期に行けました。海での写真もすごく素敵なんです。

――すごく綺麗ですね! とってもバリ感が出ています。

名取:
綺麗なんですよ~。海も昼と夕方、2回行きましたけど、夕方の海がめっちゃ綺麗で。夕方は赤ドレスで撮ったこともあって、また違うシーンになっていると思います。本当に“バリの海で”っていう念願が叶いました。

名取くるみ
ツイート
名取くるみ

次ページ

  • 1
  • トップページ
  • インタビュー
  • 名取くるみ[インタビュー]南国・バリを舞台に“グラビア界一の黄金比ボディ”を完全開放した1st写真集に込めた願い「興奮して、夢にまで出てくるようになったらいいな」