(ⒸAKB48)

(ⒸAKB48)

AKB48、63rd SG「カラコンウインク」MV公開&詳細解禁!【柏木由紀コメントあり】

AKB48が、3月13日(水)リリースの63rdシングル「カラコンウインク」表題曲のMVを公開し、先行配信をスタートした。

「カラコンウインク」は、4月にAKB48を卒業する柏木由紀の卒業シングルであり、柏木が初の単独センターを務め、16期生の⻑友彩海、17期研究生の水島美結、18期研究生の秋山由奈・八木愛月の4名が初選抜入りを果たしている作品。柏木がシングル表題曲でセンターを飾るのは、小嶋陽菜とともにWセンターを務めた2015年発売の39thシングル「Green Flash」以来2度目、単独でのセンターはAKB48歴17年目にして初となる。

表題曲「カラコンウインク」は、“好きとは言えないけれど、でも気づいてほしい……”という淡い恋心をカラコン越しの視線に込めた片想いソング。作曲は「Everyday、カチューシャ」「真夏のSounds good !」など、AKB48の代表曲を手がけてきた井上ヨシマサ。“あの頃のAKB48”を彷彿とさせる眩しくも爽やかで美しく切ないメロディが、今のAKB48メンバーをより一層輝かせる楽曲となっている。

同曲のMVのテーマは、“アイドルの人生”。たくさんの花で彩られた世界観の中で、アイドルが放つ華やかなキラキラした“光”を描きながら、心の内に抱える悔しさや悩みといった“影”も垣間見える、まさに柏木のアイドル人生を凝縮したような映像となっている。

柏木が後輩メンバーと談笑するシーンやメンバーに囲まれ花束を渡されるシーン、そして次期AKB48グループ総監督の倉野尾成美にAKB48の未来を託すかのように柏木が花束を手渡すシーンは、誰よりもAKB48への愛情に溢れ、後輩メンバーから慕われる柏木の人柄を象徴するような場面である。

さらに、TVやコンサートでは披露されない柏木のソロダンスシーンも見どころの1つ。彼女が17年間のアイドル人生で培ってきた表現力の豊かさも存分に感じられる作品だ。

コレオグラファーは、48グループの多くの楽曲振り付けを担当している武田舞香。“あの頃のAKB48”をコンセプトに、イントロのハートを作りながらウインクをしていくカノンダンスなど懐かしさを感じさせる振り付けとなっており、タイトルの“ウインク”をAKB48らしく随所に散りばめている。目まぐるしく変わるフォーメーションダンスは、AKB48の歴史といつもその中心にいた柏木をイメージしており、彼女を中心に行き交うメンバーたちの姿はたくさんの出会いと別れを表現。柏木が歩んできたAKB48の歴史を今のAKB48メンバーだからこそ表現できる振り付けであり、ラストは柏木のキャッチフレーズ“寝ても覚めてもゆきりんワールド、夢中にさせちゃうぞっ”のウインクで締めくくる同作ならではの構成となっている。

さらに、全5形態のジャケット写真と収録楽曲の内容も一挙公開。ジャケット写真は、たくさんの花で装飾された学校の教室の中で、後輩メンバーたちが柏木を囲んでおり、柏木の卒業を祝福しているかのような美しいビジュアルとなった。

全形態共通でカップリング収録されるのは、U-20選抜楽曲「星が消えないうちに」。17期研究生・山﨑空と橋本恵理子がWセンターを務める。初回限定盤TYPE-Aに収録されるのは、柏木のソロ曲「最後の最後まで」。初回限定盤TYPE-Bには、平田侑希がセンターを務める17期研究生楽曲「パパに言えない夜」。初回限定盤TYPE-Cには、今作で初選抜入りを果たした秋山由奈がセンターを務める18期研究生初のオリジナル楽曲「マチビト」。そして通常盤・Official Shop盤には、岩立沙穂がセンターを務めるUniverse Girls楽曲「ライオンを狙え!」を収録。バラエティに富んだ内容となっている。また、初回限定盤のDVDには、2023年10月20〜22日に日本武道館で開催した<MXまつり AKB48「アイドルなんかじゃなかったら」発売記念コンサート>から、61stシングル「どうしても君が好きだ」、62ndシングル「アイドルなんかじゃなかったら」収録楽曲を中心としたライブ映像を収録。

なお、本日2月12日(月・祝)22:00から柏木由紀公式YouTubeチャンネル『ゆきりんワールド』にて、柏木本人による楽曲とMVの解説生配信も実施予定。

AKB48 63rdシングル「カラコンウインク」

コメント

「カラコンウインク」センター・柏木由紀:
AKB48卒業前のラストシングルということで、17年間で初めての単独センターを務めさせていただきました! 昔から音楽番組などで“印象に残るように!”とウインクをたくさんしていたのですが、今回の曲のタイトルにも“ウインク”が入っていて感慨深いものがあります。まさに曲の中でも振り付けとしてたくさんのウインクポイントがあるので、ぜひ全部のウインクを見逃さないようにしてください!

MVは“今のAKB48のメンバーをしっかり観てもらえて、関係性も伝わるようなもの、何よりみんなが可愛く映るもの!”というオーダーをさせていただきました。あの頃のAKB48をアップデートしたような、そんな1曲になっています。たくさんの方がこの曲を聴いて、観て、ハッピーな気持ちになりますように。

柏木由紀
ツイート
柏木由紀

「カラコンウインク」作曲家・井上ヨシマサ:
“みんなが待っていた曲、出来上がりました♪”

今作のイメージを一言で伝えると“AKB48×切ない初恋”。タフなのに弱くて、情に熱いのに爽やかで、いつの時代も変わらない美しく切ない不安定な恋心を歌にしています。「カラコンウインク」の歌詞に沿って、柏木がウインクしやすいようにキラキラ音を散りばめてみましたが、わかります?(笑)

柏木との想い出を振り返ると、LINEの返信がスタッフより速い(笑)。そして、いつも“ヨシマサさんの曲を楽しみにしています”と言ってくれていた。なので!今回の楽曲が私の曲に決まったことを誰よりも喜んでくれた。素晴らしい歌声を聴かせてくれた初センターのこの楽曲が、AKB48としての最後の歌になってしまうこと、光栄だが残念で仕方ない。

『カラコンウインク』MV監督・林希:
すこし前に漫画誌の表紙の“しぶと可愛い”という初めて見るコピーに衝撃を受けました。その被写体は柏木さん。まさにレジェンドのラストMVのテーマとして、柏木さんとこれからのメンバーのみなさんの“アイドル人生”を描きたいと考えました。“AKB48人生はまさに夢のようだった”という柏木さんの想いを表現したMVとなっています。

表での華やかな様子はもちろんだけど、少なからず影の部分もあるのかもしれない。グループアイドルは楽しいことばかりではない気がしています。自分にスポットが当たらなかったり、頑張っているのに結果が出なかったり、誰かを輝かせるために動かなくてはならなかったりなど、思い悩むこともあるかと思います。そこらへんの影のメタファーをDメロに少し忍ばせています。そんな想像をふくらませながら、AKB48らしい衣装やダンスとともに“おとな可愛い”MVに仕上げています。また、「カラコンウインク」落ちサビ前の《瞳の色も変わる》の歌詞に合わせて、柏木さんの瞳の色をヘーゼル系に変化させました。

柏木さんとのやり取りの中で、企画段階で自分の卒業シングルではあるのに、ほかのメンバーの目立ち方を気にされている様子が印象的でした。柏木さんの意向を受けて少し構成を変更しているのですが、そのどれもが後輩たちの見え方に関するものでした。あとは、驚いたのが動きや表情の手数の多さです。さすがレジェンド。

「カラコンウインク」振り付け・武田舞香:
“あの頃のAKB48”をコンセプトに、イントロではハートを作りながらウインクをしていくカノンダンスを入れ、懐かしさを感じる振りとともに、タイトルの“ウインク”をAKB48らしく随所に散りばめてあります。目まぐるしく変わっていくフォーメーションは時代とともに歩んできたAKB48の歴史をイメージしていて、その中心にいつもいた柏木さん。彼女を中心に行き交う構成はたくさんの出会いと別れを表現しています。初々しい若手メンバーと歌う柏木さん、AKB48をともに創り上げてきたメンバーに囲まれる柏木さんなど、よく観ていただくとエモさが詰まっています。そして、柏木さんのキャッチフレーズ“寝ても覚めてもゆきりんワールド、夢中にさせちゃうぞっ”のウインクで締めくくります。

MVでは、TVやコンサートでは披露されない、柏木さんのソロダンスが入っており、彼女の表現力の豊かさを存分に感じられるシーンで、そちらも見どころの1つです。柏木さんが歩んできたAKB48の歴史を今のAKB48メンバーだからこそ表現できる振り付けにしました。AKB48のよさ、そしてメンバー1人ひとりの可愛さを存分に感じ、“やっぱりAKB48っていいね!”と思っていただけたら嬉しいです。可愛いみんなのウインクをたくさん見つけてください。

次ページ

  • 1