ゆるめるモ!プロデューサー・田家大知[インタビュー]新メンバーオーディションにかける想い「小さな壁の中で苦しむ人たちの壁を破壊して、メンバーとして広い世界に連れだしたい」

ゆるめるモ!プロデューサー・田家大知[インタビュー]新メンバーオーディションにかける想い「小さな壁の中で苦しむ人たちの壁を破壊して、メンバーとして広い世界に連れだしたい」

ゆるめるモ!プロデューサー・田家大知[インタビュー]新メンバーオーディションにかける想い「小さな壁の中で苦しむ人たちの壁を破壊して、メンバーとして広い世界に連れだしたい」田家大知(ゆるめるモ!プロデューサー)インタビュー

ゆるめるモ!が、新メンバーオーディションを開始した。ゆるめるモ!としてメンバー募集をするのは、11年ぶりのこと。

そんなゆるめるモ!を作り出した田家大知は一体どんな人物なのか? また、どんな想いでアイドルプロデュースを始めたのか? 今回、田家に話を訊いた。

常に考える前にまず動くと、たいていのことには動じなくなりました(笑)

ーー以前にPop'n'Rollのインタビューに登場した際には、ゆるめるモ!を始めた経緯などについてお話しいただきました。今回はゆるめるモ!のメンバー募集をするにあたり、田家さんという人物にもう少しクローズアップできればと考えております。

田家:
ふおお(笑)。ありがたいです、本当にありがとうございます。

ーー学生時代にバックパッカーとして世界一周旅行をされて、その時の経験をもとに音楽でいろんな人の世界を広げたいと思ったとのことですが、具体的にどんな放浪をしていたのか教えていただけますでしょうか?

田家:
まず、荷物を持たない(笑)。その後、手ぶらで海外に行ったことも何度かあるのですが、その時の世界一周でも着替えはまったく持たずにサンダルとTシャツ短パンに、A4サイズの小さなショルダーバッグだけを持って日本を出ました。着替えがないので毎日石鹸で洗濯してましたね。そしたらそれを見て哀れに思ったのか(笑)、いろんな国の人たちが洋服とか靴を恵んでくれるんですね。夏に出発したのですが、寒くなるにつれて、各国でみなさんが恵んでくれた暖かい服装になっていきました(笑)。自分の座右の銘は“見る前に跳べ”で、常に考える前にまず動くというスタイルなので、行き当たりばったりで目の前の状況にどんどん対応していくと、トラブルへの対応力もつきますし、たいていのことには動じなくなりました。

ーーそんなスタイルで見知らぬ国を動いていると、たいていのことがありそうですが(笑)。

田家:
ありましたね(笑)。ユーゴスラビアでは暴漢の若者2人にボコボコにされて血だらけになって崖に自分から飛び落ちたり、トルコでは路上で売ってる貝を食べたのが原因だと思うのですが、腸チフスになって道中のドイツで3週間入院して生死の境をさまよったりもしました。ただ、おかげでいろんな国の人たちに救われて感謝しかないですし、いい出会いもたくさんありました。

ーーその放浪には音楽はどのように関係しているのですか?

田家:
ドイツで入院していた時には、個室に隔離されて高熱と孤独でおかしくなりそうだったのですが、インドで日本の旅人にもらった電気グルーヴさんとかが入ったカセットテープを聴きながら励まされて持ちこたえました。あとは2週間ぶりくらいにシャワーが解禁された時に、お湯を浴びながらうしろゆびさされ組さんの「バナナの涙」を歌ったら涙がボロボロ出てきて(笑)。

ーーよくわからないです、それ(笑)。

田家:
僕も今思えばよくわからないですが、限界だったんじゃないでしょうか(笑)。あとは基本的に、ライブハウスがある国ではライブをガンガン観に行ってて、大好きだったドイツのスロー・ザット・ビート!のライブをベルリンで見て感動して、そこでもボロボロ泣いて。スロー・ザット・ビート!の元メンバーのジーナが以前に来日していた時に追っかけして会っていたのですが、ジーナがやっていたEC8ORというバンドがDHR所属だったので、それ繋がりでアタリ・ティーンエイジ・ライオットのアレック・エンパイアやその後亡くなったカール・クラックと遊ばせてもらったりしました。オランダではスロー・ザット・ビート!のメンバーに紹介されたご夫婦の家に泊めてもらい、そこの夫婦がレーベルオーナーだったのでクリスマスプレゼントにCDをたくさんもらってまた感動して(笑)。アメリカでもブロンド・レッドヘッドとかヤーヤーヤーズとかライアーズとかカーディガンズとか、いろんなバンドを毎晩のように観に行ってて、1番影響されたのが、グラスゴーのbisというバンドがニューヨーク公演で現地の人たちを熱狂させてるのを観て、自分も帰国したら音楽をやらなくてはいけないと思ったのが大きいですね。

THROW THAT BEAT IN THE GARBAGECAN!「I Wan't Give Up」

ec8or「cocaine ducks」

Atari Teenage Riot「Revolution Action」

Blonde Redhead「23」

Yeah Yeah Yeahs「Turn Into」

Liars「Mr Your On Fire Mr」

The Cardigans「Lovefool」

Bis「Eurodisco」

ーー旅は常に音楽とともにあったという感じなんですね。

田家:
そうですね、音楽を求めて世界を回っていた自分もそうですが、音楽を介して国境を越えて人と人とが繋がる実感というのはこの時に得ることができたのかなと思います。

ーーそして帰国してからゆるめるモ!を始めるに至るわけですね。

田家:
帰国からゆるめるモ!を始めるまでには何年も間が空くのですが、その海外放浪での経験が原体験となっていることは間違いないですね。

ーーちなみに、世界を広げると提唱されてますが、ゆるめるモ!って過激でパンクで破壊的な一面も大きいじゃないですか。窮屈な世の中をゆるめるということと、破壊することが相反する気もするのですが、どうやって繋がっていくのですか?

田家:
僕の中では、ずっと“破壊”と“ゆるめる”はイコールなんですよね。自分が学生時代とかにすごく小さくて狭い壁とかを感じていて、その壁を破壊して解放して世界に飛び立たせてあげることで、同じような窮屈な想いをしている子たちの心の鎖をゆるめるということに繋がってますね。

次ページ

  • 1
  • トップページ
  • インタビュー
  • ゆるめるモ!プロデューサー・田家大知[インタビュー]新メンバーオーディションにかける想い「小さな壁の中で苦しむ人たちの壁を破壊して、メンバーとして広い世界に連れだしたい」