人間の弱さを歌う強い女の子 Z世代の代弁者としてのアイドル|「偶像音楽 斯斯然然」第122回

人間の弱さを歌う強い女の子 Z世代の代弁者としてのアイドル|「偶像音楽 斯斯然然」第122回

人間の弱さを歌う強い女の子 Z世代の代弁者としてのアイドル|「偶像音楽 斯斯然然」第122回

今回は、現在のライブアイドルシーンの中で、独自の楽曲や新たな戦略で支持を拡大しているグループをピックアップ。その特徴と人気を獲得している理由を紐解く。

『偶像音楽 斯斯然然』
これはロックバンドの制作&マネジメントを長年経験してきた人間が、ロック視点でアイドルの音楽を好き勝手に語る、ロック好きによるロック好きのためのアイドル深読みコラム連載である(隔週金曜日更新)。

このところ数回に渡って触れてきた非アイドルファンへの訴求力。一般層に向けて地下アイドルライブの楽しさ、推すことの愉しさを体現しながら現代型“今、会いに行けるアイドル”を提示しているiLiFE!の“アイドルライフスターターパック現象”。いつでも行けるライブ体制を整えることの対極に、ライブの本数を絞ることによって自分たちの価値を高めていく手法がある。これは古くからある戦略の1つであり、アーティストがインディーズからメジャーに行く際など、ブレイクに向かって大きくフェーズを上げていくためのものだ。数を絞ったライブを確実にソールドアウトさせていきながらキャパシティの拡大を図っていく。この戦略で現在、ライブアイドルシーンでの支持を拡げているのがREIRIEだろう。

黒宮れいと金子理江の約5年ぶりの再会で、大きな話題になったREIRIE。K-POPグループのガールクラッシュとは異なる、同性支持の厚い2人だ。

REIRIEというカリスマ

今や誰もが認めるカリスマの2人であるが、以前2人が活動していた時の影響力がどれほどのものであったのかを思い返せば、活動期間はことのほか短く、むしろ2人が離れてから伝説化された節もあるだろう。この2人の存在が表舞台に立つきっかけになったというアイドルは非常に多く、現役アイドルたちから多大なリスペクトを受けている。それを考えれば、当時はアイドルヲタクよりも現場に来ることのできなかった年齢の女の子たちに夢を与えていたのだ。その世代が今REIRIEを支える主軸になっている。かつて『しゅごキャラ!』世代が成長して後期Buono!の爆発的な人気を支えたように。

現在のライブアイドル、地下アイドルシーンを見れば、華々しくデビューライブを飾ったとしても、次の週からは地道な対バンライブ活動に勤しむことがほとんどである。活動主体がそこであり、もっといえばライブアイドルシーンの収益軸が物販特典会であるために致し方ないところでもあるが、正直どこも似たようなパターン化したものであることも否めない。

そうした中でREIRIEはワンマンライブを主体とし、ソールドアウトさせてキャパを拡大していく先述のアーティスティックな戦略が功を奏している。もちろん過去の実績と人気があるからこそ成立するものではあるが、現在進行形による本人たちのカリスマ性とマネジメント、プロモーションの巧みさがウマく合致しているといえるだろう。

REIRIE「Rabbits」

それは楽曲、音楽性にもよく現れている。《ずっと二人でいようよ》という2人の運命というべき絆から同性同世代の共感性を得る「Rabbits」でわかりやすいストレートなポップロックを提示し、先日リリースされたhirihiriとvalkneeによる「Silly Garden」はさらなる進化を感じさせるものだった。アイドルポップスでは聴き慣れない周波数のエレクトロサウンドが飛び交うハイパーポップ。2人のストーリー性を加味した楽曲制作をしながら、次なるフェーズへ向かっていることを楽曲できちんと証明している。

REIRIE「Silly Garden」

次ページ

  • 1
  • トップページ
  • 連載
  • 人間の弱さを歌う強い女の子 Z世代の代弁者としてのアイドル|「偶像音楽 斯斯然然」第122回