AKB48 下尾みう[インタビュー]故郷でしか見せることのない飾らぬ姿を余すことなく収めた念願の初写真集「山口県のよさも私の自然な表情もたくさん詰まっています」

AKB48 下尾みう[インタビュー]故郷でしか見せることのない飾らぬ姿を余すことなく収めた念願の初写真集「山口県のよさも私の自然な表情もたくさん詰まっています」

AKB48 下尾みう[インタビュー]故郷でしか見せることのない飾らぬ姿を余すことなく収めた念願の初写真集「山口県のよさも私の自然な表情もたくさん詰まっています」『AKB48 下尾みう 1st写真集「僕だけのもの」』インタビュー

AKB48の下尾みうが、2月9日(金)に『AKB48 下尾みう 1st写真集「僕だけのもの」』を発売する。

下尾みうにとって念願の初写真集は、地元・山口県を舞台に秋吉台や角島などの自然豊かなロケーションで撮影を実施。下尾の祖父や愛犬も登場しており、生まれ故郷でしか見せることのない自然な表情を余すことなく収めている。さらに、初挑戦ながらも本人も太鼓判を押すお風呂でのカットでは、グッとセクシーさが増した大胆な姿を披露。まさに、下尾みうの二面性が感じられる写真集に仕上がっている。

今回、渾身の1st写真集を完成させた下尾みうに、撮影エピソードを中心に同書について話を訊いた。

編集協力:村田誠二

『AKB48 下尾みう 1st写真集「僕だけのもの」』関連カット

ボリュームたっぷりな写真集なんですけど、見終わるのもあっという間だと思います

――今回、念願だったという写真集のオファーが来た時、率直にどう思いましたか?

下尾:
もう本当に嬉しかったです。せっかくだからたくさんの方に見ていただけるようなものを作りたいと思いました。

――そのオファーはどのように伝えられたのですか?

下尾:
去年、やりたいことについてスタッフさんと話している時に、“写真集やりたいよね~”って言っていたんですけど、いつの間にか“決まったよ”っていう流れでした(笑)。

――1st写真集を作る上でのコンセプトは?

下尾:
セクシーな大人びた一面を見せたいっていうテーマはありましたけど、個人的には自然体な自分も見せられたらいいなと思っていました。私、よく天然って言われるんです(笑)。今回の撮影地にも選んだ地元・山口県の人の手が加わっていない天然な状態も掛け合わせて、“天然なところ”を見せられたらいいなと思って撮影に臨みました。

――自然を背景にしたカットもたくさんありましたが、旅館やホテルのカットなど、いろんなロケーションで撮影されたようですね。

下尾:
旅館もホテルも、ペンションも、海も……いろいろ行きましたね。写真集の撮影って“その期間はお祭り”だってよく聞くんですけど、まさにそれでした(笑)。行く前からドキドキする感じも、撮影している最中もお祭りみたいで、しかも楽しかったのであっという間に終わっちゃいました。

――実際に完成した写真集をご覧になっていかがでしたか?

下尾:
すごく素敵な写真集になっていました。まず、構成の仕方がお洒落なんですよ!(笑) 写真集をめくってすぐにお酒を飲んで酔っているカットがあって、そのあとは“THE王道アイドル”っていう雰囲気のカットが来ているんですけど、冒頭でいきなり二面性をバン!バン!って見せてからスタートするのが素敵で……最初にこの構成を見て“なるほど!”と思いましたね(笑)。ボリュームたっぷりな写真集なんですけど、見終わるのもあっという間だと思います。

――下尾さんの二面性が見られる内容になっているんですね。初めての写真集ということで、何か参考にした写真集はありましたか?

下尾:
佐々木希さんの写真集(『かくしごと』/講談社)がすごくいいなと思っていて、あんな感じにしたいなぁって思っていました。佐々木希さんも地方で撮影をされていて、それこそ下校中の学生が一緒に写っていたり……そういうアットホームな雰囲気が好きでしたし、セクシーなシーンもすごく可愛らしくて素敵で、スタッフさんには最初に“この写真集、好きです”って伝えましたね。

下尾みう(AKB48)
ツイート
下尾みう(AKB48)

次ページ

  • 1
  • トップページ
  • インタビュー
  • AKB48 下尾みう[インタビュー]故郷でしか見せることのない飾らぬ姿を余すことなく収めた念願の初写真集「山口県のよさも私の自然な表情もたくさん詰まっています」