<スタプラ東京Vol.2.5>アンコール

<スタプラ東京Vol.2.5>アンコール

【レポート】スタダ若手グループからMIXユニットも!<スタプラ東京Vol.2.5>開催

Pop'n'Roll 編集部

Pop'n'Roll 編集部

2018.10.11

「STARDUST PLANET」所属の在京グループらによるスペシャルライブ<スタプラ東京Vol.2.5>が2018年10月10日(水) 新宿BLAZEにて開催され、ロッカジャポニカ、はちみつロケット、桜エビ~ず、CROWN POPらが出演した。

本イベントは各自の持ち時間25分の中で今までで一番のパフォーマンスを見せるというライブイベント。開場時間の18時半を迎えると、音楽に合わせて全4組のアイドルたちがステージ上に登場。桜エビ~ずの水春が「このイベント在京のスタプラアイドルだけで、熱いライブを作ろう!!どこにも負けないアイドルイベントを作ろう!!そんな気持ちで始めたライブがなんと2.5回目を迎えることができました」とあいさつ。

そして恒例のじゃんけんによる出演順決めが行われた。はちみつロケットの澪風が実況と審判を兼ねて場を仕切ることに。各グループの代表はじゃんけんにより、CROWN POP、ロッカジャポニカ、桜エビ~ず、はちみつロケットの順でライブがスタートした。

<スタプラ東京Vol.2.5>CROWN POP
<スタプラ東京Vol.2.5>CROWN POP

一組目のCROWN POPはそれぞれがメイド風、和装メイド風、うさぎ、ひよこ、ナース、デビルの可愛い衣装を纏い登場。Buono!の「初恋サイダー」のカバーですぐに観客をアッパーな雰囲気に引き込んだ。続けて新曲「午後四時ごろの好きです」へとつないでいった。各メンバーの自己紹介の後、「盛り上がってますかー!」と客席をさらに煽ったのちに「EGO×search」「夏キラリ☆」「Real×live」「Change the world!」と立て続けにパフォーマンス。たちまち1組目の“クラポ”から会場のボルテージがあがる。

<スタプラ東京Vol.2.5>ロッカジャポニカ
<スタプラ東京Vol.2.5>ロッカジャポニカ

クラポからのバトンタッチからつかの間、二組目のロッカジャポニカが紹介されメンバーがステージへ立った。 "ロジャポ"の登場には欠かせない「OVERTURE」からメンバーが元気に登場。「イェーイ!!」の掛け声と共に客席から歓声があがる。「腹!筋!録!」のパワフルなパフォーマンスから、続けて「ワールドピース」のキュートなパフォーマンスまで、一気に観客を"ロジャポワールド"に引き込んだ。

本日はメンバーの椎名るかが欠席となり四人でのパフォーマンスとなったが、「みんな楽しんでくれるとたの"しいな"」のMCに観客も声援をおくる。「ここは新宿歌舞伎町!私たちのあの曲!”カブキマクリスティ”できめちゃいますよ!!」と「教科SHOCK!」を披露。次にジャケット衣装を脱ぎ小さな赤いマントをまとったメンバーはアニメ「たこやきマントマン」のオープニングテーマをカバーした「タコ感 ロッカジャポニカ」を歌い、たちまち会場は"タコ(多幸)感"に包まれた。ラストの曲は英語の勉強をテーマにした「NEW CROWN」でチャーミングに締めくくり、歓声の中、三組目の桜エビ~ずにバトンタッチ。

<スタプラ東京Vol.2.5>桜エビ~ず
<スタプラ東京Vol.2.5>桜エビ~ず

桜エビ~ずは一曲目から「みしてかしてさわらして」でパワフルな歌とパフォーマンスで観客を魅了した。会場が拳をあげ、水春の「声出していくぞ~!」のあおりと共にさらにライブはヒートアップしていく。最新デジタルシングルの「Magik Melody」「360°シューティングガール」と一気に盛り上げ、「もりあがってますかー!」とさらに観客をアッパーな雰囲気にしたところで間髪入れず「リンドバーグ」「タリルリラ」「まわるまわる」を披露。多くの観客がハンドクラップを刻み、オーディエンスが弾むようにリズムに合わせ、大盛り上がりをみせた。

<スタプラ東京Vol.2.5>はちみつロケット
<スタプラ東京Vol.2.5>はちみつロケット

スタプラ東京2.5のトリとなったはちみつロケット。登場時の「THE LAUNCH」では、照明が付いた瞬間、メンバーが纏ったゴールドの衣装が輝くように現れ、会場から歓声が上がった。「バカイズム」のイントロが流れるとメンバーの森青葉が「おまえらみんなバカになれー!」と客席を煽り、パフォーマンスが披露された。次に披露された「かまわないさ」では、会場も一体となり声援が贈られた。

雨宮かのんの「まだまだ声出せますかー?」のあと、ステージが暗転。スタプラの大先輩でもあるももいろクローバーZの「MOON PRIDE」が始まると客席から大きな歓声があがる。続いて3rdシングル「花火と漫画とチョコと雨」とノンストップでパフォーマンス。ハイボルテージとなった”はちロケ"ラストはアッパーチューンの「ハニートランポリン」が披露され、観客の盛り上がりが最高潮に達した。

すべてのグループのパフォーマンスが終了し、客席から熱狂的なアンコールの連呼が響くと、今日のパフォーマンスを終えた4グループが再び揃ってステージに登場。「ここからはお互いにエールの交換だー!」とメンバーが叫ぶとノンストップのカバー曲でのアンコールがスタート。はちみつロケットが「エビ・バディ・ワナ・ビー(桜エビ~ず)」、桜エビ~ずが「WEE FIGHT OH!!!!! (ロッカジャポニカ)」、ロッカジャポニカは「Change the world!(CROWN POP)」、を全力で披露し、CROWN POPは「バカイズム(はちみつロケット)」を全力でパフォーマンス。

そしてまたステージが暗転し、内山あみ(ロッカジャポニカ)、塚本颯来(はちみつロケット)、水春(桜エビ~ず)、三田美吹(CROWN POP)がステージにスタンバイ。客席から期待に満ちたどよめきが起こるとLiSAの「Catch the moment」のカバーを、各グループから選抜されたMIXユニットの四名がパフォーマンス。この日のために新しくつけられた振り付けは、四人の激しくクールなパフォーマンスとなり、観客が息を呑むほどにたっぷりと魅了した。

最後は再び全員が登場し、水野良樹(いきものがかり)が作詞作曲を手がけたSTARDUST PLANET初のオリジナル曲「We Are "STAR"」を全員で熱唱し、ロッカジャポニカの高井千帆が「次こそ目標1,000人!」と目標を宣言し、大盛況の中「スタプラ東京Vol.2.5」の幕が下りた。

次回のスタプラ東京は、Vol.3として11月12日に渋谷duo MUSIC EXCHANGEにて「スタプラ東京Vol.3」が開催される。なお、過去に開催されたスタプラ東京Vol.1の模様はスターダストチャンネルで配信中。8月20日に行われたスタプラ東京Vol.2も、10月19日(金)より配信が開始されるとのことで、現在ティーザーが公開されている。

<スタプラ東京Vol.2.5>アンコール
<スタプラ東京Vol.2.5>アンコール

<スタプラ東京Vol.2.5>

2018年10月10日(水) 新宿BLAZE

1組目 CROWN POP
M1 初恋サイダー/ Buono!
M2 午後四時ごろの好きです
M3 EGO×search
M4 夏キラリ☆
M5 Real×live
M6 Change the world!

2組目 ロッカジャポニカ
SE OVERTURE
M1 腹!筋!録!
M2 ワールドピース
M3 教科SHOCK!
M4 タコ感 ロッカジャポニカ
M5 NEW CROWN

3組目 桜エビ〜ず
M1みしてかしてさわらして
M2 Magik Melody
M3 360°シューティングガール
M4リンドバーグ
M5タリルリラ
M6まわるまわるまわる

4組目 はちみつロケット
SE THE LAUNCH
M1 バカイズム
M2 かまわないさ
M3 MOON PRIDE
M4 花火と漫画とチョコと雨
M5 ハニートランポリン

アンコール
M1 エビ・バディ・ワナ・ビー/はちみつロケット
M2 WEE FIGHT OH!!!!!/桜エビ〜ず
M3 Change the world!/ロッカジャポニカ
M4 バカイズム/ CROWN POP
M5 Catch the moment /LiSA
M6 We Are ''STAR''/STARDUST PLANET オールキャスト

セットリストを見る

「スタプラ東京Vol.3」公演情報

2018年11月12日(月)
場所:DUO MUSIC EXCHANGE
出演:ロッカジャポニカ、はちみつロケット、桜エビ〜ず、CROWN POP
※公演詳細・チケット情報は追って発表いたします。

ライブ情報を見る