紅白、ライブハウス武道館、アフターコロナ…… 2023年地下アイドルシーンあれこれ|「偶像音楽 斯斯然然」第120回

紅白、ライブハウス武道館、アフターコロナ…… 2023年地下アイドルシーンあれこれ|「偶像音楽 斯斯然然」第120回

紅白、ライブハウス武道館、アフターコロナ…… 2023年地下アイドルシーンあれこれ|「偶像音楽 斯斯然然」第120回

今回は、いくつかのトピックをもとに、2023年の地下アイドルシーンを分析。ブレイクを果たしたグループと、新たなファン層の特徴についても紐解いていく。

『偶像音楽 斯斯然然』
これはロックバンドの制作&マネジメントを長年経験してきた人間が、ロック視点でアイドルの音楽を好き勝手に語る、ロック好きによるロック好きのためのアイドル深読みコラム連載である(隔週金曜日更新)。

第74回紅白歌合戦。誇張でもなんでもなく、1番のハイライトはYOASOBI「アイドル」。日本はもとより韓国グループまでも巻き込んだあの演出は、本当の意味での世界的ヒットというものをまざまざと見せつけられた事案。いくら演出とはいえ、アーティスト本人たちが、YOASOBIと「アイドル」という楽曲が好きではない限り、ああはならないだろう。

つい先日放送された、NHKスペシャル『世界に響く歌〜日韓POPS時代〜』を観たのだが、K-POPに関しては周知の通り国策に始まり、少女時代にBTS、ミン・ヒジンとNewJeansの革新性など、ロジカルな話に特化していたのに、J-POPは坂本九「Sukiyaki」に始まり、とにかくYOASOBIのセンスがすごい!という結論に至っていて、思わず笑ってしまった。いや、間違ってはいないのだが。

話は紅白「アイドル」に戻るが、地下アイドルヲタク的に見れば、橋本環奈とあのちゃんによる、あの演出にはいろいろな想いが駆け巡り、感慨深く思うこともしばし。言い方は悪いが、本来の地下アイドルとしての正攻法な売れ方ではなく、別のベクトルからブレイクを果たした2人が、アイドルではないアーティストが歌うアイドルの皮肉を綴った楽曲で、年末の国民的な歌番組を飾るというのは、いやはや、演出した人の思考は尋常ではない。いいぞ、もっとやれ。

改めて橋本環奈のブレイクを考えれば、ある意味、真摯なアイドル活動ではない突発的な瞬間最大風速的なバズりの強さを象徴したようなものでもあり。それは昨今のTikTokをはじめとしたSNSブレイクに繋がる。とはいえ、一発屋に収まらなかったのは本人のポテンシャルあってこそのものであることは言うまでもなく。そして、ソロ活動における別ベクトルからのブレイクはグループに還元されないことをまざまざと証明してしまったわけだ。そこは長年ヲタクをやっている者なら感じていたことではあったし、かくゆう私も嗣永桃子のブレイクがBerryz工房の救いになると信じてやまないベリヲタだったのだから。

次ページ

  • 1
  • トップページ
  • 連載
  • 紅白、ライブハウス武道館、アフターコロナ…… 2023年地下アイドルシーンあれこれ|「偶像音楽 斯斯然然」第120回