©2024「トラペジウム」製作委員会

©2024「トラペジウム」製作委員会

高山一実 原作小説『トラペジウム』、映画化決定! ティーザーポスター&特報解禁

乃木坂46の一期生 高山一実が小説家デビューを果たした『トラペジウム』(KADOKAWA刊/『ダ・ヴィンチ』連載)のアニメーション映画化が決定した。

原作『トラペジウム』は、自分の力で仲間を集め、アイドルを目指す高校生・東ゆうの物語。2016年から雑誌『ダ・ヴィンチ』で連載を開始し、2018年には単行本化された青春小説だ。

原作者である高山一実がシナリオ制作など映画制作に深く関わり、彼女でなければ描けないテーマ“アイドルが放つ輝き”とは何なのか? “アイドル”とは何なのか?という“想い”をさらに追い求めた同作。『ぼっち・ざ・ろっく!』、『SPY×FAMILY』のCloverWorksのスタッフとともに完全版『トラペジウム』としてアニメーション映画化し、2024年5月10日(金)、全国の映画館で公開される。

新人ながら『逃げ上手の若君』の主人公・北条時行役に抜擢された結川あさきが、『トラペジウム』の主人公・東ゆうを演じる。主題歌は、“どこかにある六畳半アパートの、各部屋の住人の歌”をコンセプトに、楽曲ごとに“歌い手”“作り手”を替えて発表し、Z世代に絶大な人気を誇る音楽プロジェクトであるMAISONdesが担当することが決定した。

今回解禁となったティーザービジュアルに描かれているのは、“わたし一人では、アイドルになれないんだって。”という絶望すら感じさせるキャッチコピーと、泣き顔が印象的な主人公・東ゆう。アイドルを目指す少女の“挫折”を表した衝撃的なビジュアルではあるが目には希望が感じられ、これからどんな物語が展開されていくのか期待が高まる。

結川あさき
ツイート
結川あさき

高山一実(原作者)コメント

自分の頭の中にあったものがこうして映画化にまで発展し、嬉しい気持ち・気恥ずかしい気持ち・不安な気持ちと色々な気持ちが溢れています。

小説とアニメ制作、全く別の難しさはありましたが、スタッフのみなさんにお力添えいただきながら長い期間に亘り制作に携わらせていただきました。

やっとみなさんに観ていただけるということがすごく楽しみです。2024年5月10日(金)、ぜひ劇場にいらしてください。

高山一実
ツイート
高山一実

▲映画『トラペジウム』特報 2024年5月10日公開

▲映画『トラペジウム』5/10(金)公開 /原作 高山一実 コメント動画

次ページ

  • 1