真っ白なキャンバス[ライブレポート]全力のパフォーマンスとともに夢を追い続ける姿を魅せた日比谷野音ワンマン「みなさんの応援で6年続けてこられました」

真っ白なキャンバス[ライブレポート]全力のパフォーマンスとともに夢を追い続ける姿を魅せた日比谷野音ワンマン「みなさんの応援で6年続けてこられました」

真っ白なキャンバス[ライブレポート]全力のパフォーマンスとともに夢を追い続ける姿を魅せた日比谷野音ワンマン「みなさんの応援で6年続けてこられました」

真っ白なキャンバスが、12月2日(土)に日比谷野外大音楽堂にて6周年ワンマンライブ<一輪咲いても僕は僕>を開催した。本記事では、オフィシャルレポートをお届けする。

真っ白なキャンバス<一輪咲いても僕は僕>日比谷野外大音楽堂(2023年12月2日)

撮影:真島洸

同公演では、活動休止中の橋本美桜も復帰し、久しぶりの7人でのステージとなり、映像とともにメンバーが1人ずつ登場。7人が揃うと大声援が上がり、1曲目の「アイデンティティ」でライブはスタート。「白祭」「ポイポイパッ」でファンと一体感を作り上げ、4曲目の「Heroism」では可愛らしさの中にも強さがあるパフォーマンスを届け、さらに自己紹介を挟んで盛り上げた。

会場が静まり返り、アカペラから始まった「ぼっち」では寂しさや孤独を知る中でも繋がりや感情の動きを表し、ステージ上の彼女たちから送られるメッセージは、ファンの心をグッと掴み、ファンも拳やペンライトを掲げて応える姿が印象的だった。

リズミカルでポップな「HAPPY HAPPY TOMORROW」では、キラキラとした幸福感溢れるメンバー7人の笑顔がファンのテンションをさらに上げ、サビに入るとメンバーカラーの大きなバルーンが客席に投げ込まれ、カラフルなペンライトと併せて、煌びやかな景色となった。間奏では鈴木えまが“声出せー!”と煽り、さらに大きな声で会場が熱くなる。

前日に公開したMVをバックに流して披露した新曲「マイクレイジー」では、カッコいい、可愛い、綺麗と、さまざまな白キャンの姿を魅せた。

暗転になりメンバーがステージから捌けると、ドキュメンタリー映像が流れ、メンバーがファンへの想いを話す。小野寺梓は、“私の人生に登場人物はすごい少ないと思うから、ファンの人で作られている気がする。ファンの人ファーストというか……1人ひとりにも寄り添いたいから”と語った。

映像が終わるとファンからの大きな拍手の中、サプライズで新曲「heroine hour」を披露。どんなことも力に変え前向きに夢に向かって一歩一歩進んでいる彼女たちの力強さが伝わる楽曲となっていた。

ファンと一緒に作った曲「共に描く」では、未来に向かうドキドキを感じながら、希望を胸に“1人じゃない”と背中を押される。“私たちと歌いましょー!”と三浦菜々子が投げかけると、ファンとメンバー7人の声が野外に響き渡った。

MCでは、西野千明が“ここまでノンストップで曲を披露してきましたが、どうでしたか?”と聞くと“最高!”とファンから声が上がり、後半戦へ突入。

ペンライトの色を白に変え、この季節にぴったりのウインターソング「光になって」が始まると、柔らかい7人の歌声とイルミネーションのような光が輝く客席に雪が降る演出がされ、ロマンティックな雰囲気に会場が包まれた。

続いて「闘う門には幸来たる」のイントロが流れると、客席からは“やったー!”という声が上がり、観客もラストスパートに向けてボルテージを上げていく。“白キャン野音に立ったぞ!”の小野寺梓の煽りで始まった「SHOUT」では大きな歓声から、一体感のあるMIXが打たれ、客席の熱さに負けじとステージからも全力のパフォーマンスが解き放たれ、熱気が溢れていた。

本編ラストの「全身全霊」では、“白キャンのワンマンライブに来てくださりありがとうございます! 私たちも最後の瞬間まで全力で届けるので、みなさんも最後の最後まで全力で受け取ってください!”と三浦菜々子の言葉から始まり、この6年間の想いと未来に向けて、まだまだ突き進む真っ白なキャンバスの真っ直ぐな気持ちが強く伝わってきた。

会場からのアンコールの声に、「キャンディタフト」でメンバーが再登場。応援してくれるファンを大切にしている真っ白なキャンバスから、これからも一緒に前に進んでいきたいというメッセージが伝わってきた。最後に溢れ出た小野寺梓の“好きだ!”に、ファンも大きく“俺も~!”と叫び返した。「自由帳」では、みんなで肩を組み7人の声にファンの歌声が重なり、場内に絆と愛が広がった。

最後のMCでは、各メンバーが想いを口にした。

浜辺ゆりな:
この1年間7人揃うことがあまりなく、悲しくて……なので、今日この7人でこのステージに立てたことが嬉しいです。ありがとうございます。私はオーデションで途中加入して大好きだった6人と今こうして活動できていることがすごく幸せで、こんなに温かく見守ってくださるファンの方がいると今日すごく伝わってきて幸せだなと思いました。これからも白キャンのことをよろしくお願いします。

西野千明:
メンバーが“野音にいつか立ちたい”と言うのを見てきて、ほかのアイドルさんの野音でのライブを見学させていただいて、“素敵な会場だな、ここに白キャンも立てたらファンの人もみんな喜んでくれるし、私たち7人も嬉しいだろうな、立ちたいな”って思っていたら、現実になって私は本当に、本当に嬉しいです。私は夏に1度休んでしまって、心配や迷惑をかけてしまったので、ここで少しでも恩返しができてればなと思います。本日は最高の日になりました。ありがとうございました。

橋本美桜:
この日を迎えるまで私がいないんじゃないかと思ってる人や、“美桜ちゃんはいる”と謎の確信を持っている方もいて、どうしてもみんなのことが気になってしまって、私がお休みから戻ってきたらメンバーの雰囲気がすごく優しくて……メンバーやスタッフさん、ファンのみんなも私のことを考えてくれて、ありがたい環境だなと思いました。今日こうやってみんなと野音で会えてよかったと思いました。待っててくれてありがとうございました。これからもよろしくお願いします。

三浦菜々子:
ここに来るまで、苦しいことも、悔しいことも、大変なこともいっぱいあったんですが、そういうのも忘れちゃうくらい最高の景色を今日みんなに見せてもらって、私はアイドル向いてないなって思うことが多いんですが、今日はライブしながら、“アイドルになる選択をしてよかったな”と思えました。アイドル楽しいなってライブしながら感じて、6周年を迎えることが当り前じゃないし、私たちが野音に立たせてもらえたことはみなさんが応援してくれたからだし、私たちはどのタイミングで知ってくださっても本当に嬉しいし、大切なみなさんなので、みなさんに“白キャン好きでよかったな、白キャンのこと知れてよかったな”って、みんなに思ってもらえるように私たちも想いを届けながら活動していきたいなと思います。今日は寒い中でしたが、みんなが少しでも野音来てよかったなって思ってもらえてたら嬉しいです。本日はありがとうございました。

鈴木えま:
7人でここに立つことができて嬉しいし、ファンのみなさんにも心配を掛けてしまったと思いますが、白キャンはこれからもこの7人で夢を追いかけていきたいので、みなさんこの白キャンについてきてください。よろしくお願いします。今日は本当にありがとうございました。

麦田ひかる:
今日もたくさんの応援をありがとうございました。私は今日の野音をとても楽しみにしていて、“ウマくいかないな……”とか悲しいことや、悔しいことの積み重ねが今に繋がっていて、改めて想い出のライブをみんなで作れて、とても嬉しい気持ちです。本日は本当にありがとうございました。

小野寺梓:
この1年私はみんなの心に寄り添いたいってずっと言っていたんです。でもメンバーの心を支えられてないかもしれないと思ったりもして……でも、私は人に愛されたいって想いがすごく強くて、だからその分みんなのことをいっぱい愛せるから、メンバーのこともみんなのことも全世界の人全員を愛で包んでネガティブの感情も私が愛で溶かしてしまうようなアイドルになりたいなって思いました。本当にみなさんの応援で6年続けてこられました。ありがとうございます。

そして、最後の曲「PART-TIME-DREAMER」へ。“真っ白なキャンバス6周年ライブ、これで本当に本当に最後となります。白キャン6年かけてここまで来ることができました、最後は大切にしてきたこの曲でみなさんに想いを届けます。これからも私たちと同じ夢を見ていてください!”と三浦菜々子が最後に伝え、ファンも全力で応えて熱い冬の時間となった。

全力で夢を追い続ける彼女たちはこれからも一歩一歩進んでいくだろう。その成長を一瞬も見逃せない。

<2023年もありがとうございました!大感謝祭〜無料東名阪ツアー〜>

<2023年もありがとうございました!大感謝祭〜無料東名阪ツアー〜>
ツイート
<2023年もありがとうございました!大感謝祭〜無料東名阪ツアー〜>

<名古屋公演>
日時:2023年12月16日(土)OPEN18:00/START18:30
会場:NAGOYA CLUB QUATTRO

<大阪公演>
日時:2023年12月17日(日)OPEN12:30/STAR13:00
会場:UMEDA CLUB QUATTRO

<東京公演>
日時:2023年12月31日(日)OPEN18:30/START19:00
会場:Spotify O-WEST

【チケット情報】
■優先入場チケット:¥5,000(+1Drink 600円)
・優先入場/エリア分けあり
■いつもありがとう無料チケット:¥0(+1Drink 600円)

  • トップページ
  • レポート
  • 真っ白なキャンバス[ライブレポート]全力のパフォーマンスとともに夢を追い続ける姿を魅せた日比谷野音ワンマン「みなさんの応援で6年続けてこられました」