Juice=Juice[ライブレポート]グループの歴史を感じさせる構成で圧巻のパフォーマンスを解き放った日本武道館公演「10周年本当にありがとうございました!」

Juice=Juice[ライブレポート]グループの歴史を感じさせる構成で圧巻のパフォーマンスを解き放った日本武道館公演「10周年本当にありがとうございました!」

Juice=Juice[ライブレポート]グループの歴史を感じさせる構成で圧巻のパフォーマンスを解き放った日本武道館公演「10周年本当にありがとうございました!」

今年で結成10周年を迎えたハロー!プロジェクトに所属するJuice=Juiceが、12月6日(水)に日本武道館で単独ライブ<Juice=Juice 10th Anniversary Concert Tour 2023 Final 〜Juicetory〜>を開催した。

同公演は、9月から実施していたアニバーサリーイヤーを祝うツアー<Juice=Juice 10th Anniversary Concert Tour 2023 〜Juicetory〜>のツアーファイナル。全国50以上の映画館でライブビューイングも行なわれ、多くのファンに祝福される中、結成10周年を祝うツアーを締めくくった。

本記事では、オフィシャルレポートをお届けする。

※今年5月に加入した、新メンバーの川嶋美楓は「突発性難聴」と診断されたため同公演は欠席。

<Juice=Juice 10th Anniversary Concert Tour 2023 Final 〜Juicetory〜>日本武道館(2023年12月6日)

本編は、最新シングル「プライド・ブライト」でスタート。高い歌唱力と表現力を持つ段原瑠々の歌い出しで、1曲目の冒頭からファンを引き込んでいく。

2曲目はライブの定番ナンバー「Next is you!」。同曲はJuice=Juiceが主演を務めたドラマ『武道館』(2016年放送)で、彼女たちが演じたアイドルグループ『NEXT YOU』名義で発表された楽曲。夢である日本武道館の舞台を目指す姿を描いた作品で、まさに日本武道館公演で披露するにふさわしい1曲だ。

続く「プラトニック・プラネット」でも、彼女たちの持つ高い歌唱力と表現力をいかんなく発揮。ハロー!プロジェクトきってのパフォーマンス力を1stターンから、惜しげもなく披露していく。

最初のMCでは、リーダーの植村あかりが“日本武道館にお集まりのみなさん!こんばんは!”と挨拶。川嶋美楓の欠席にも触れ“気持ちは11人で最後まで楽しんでいきたいと思います”と語り、ステージに上がるのは10人だが、気持ちは11人でパフォーマンすることを誓っていた。

また、サブリーダーの段原瑠々は“ベストセレクションアルバム『Juicetory』を引っ提げて9月から回ってきましたが、今日が千秋楽。10周年イヤーを過ごしてきましたが、今日も最高の想い出をみなさんと作りたいと思います”と、日本武道館公演にかける想いを語った。

続くターンでは「Dream Road~心が躍り出してる~」「FUNKY FLUSHIN'」「ノクチルカ」「Va-Va-Voom」を続けて披露。10人が紡ぐ見事なハーモニー、「Va-Va-Voom」のサビ前の松永里愛の歌唱など、グループだけでなく各メンバーの見せ場もたっぷりで、会場に訪れたファンの声援をさらに大きいものにしていく。

今回のライブは10周年を振り返るセットリストということもあり、MCで井上玲音がすべての楽曲に携わってきた初期メンバーの植村あかりに話題を振ると、植村は“私も久しぶりにやった楽曲が多く、振り付けとか覚えていなかったり、昔とは全然違うユニゾンだったりするので、新しい曲を歌っているような感覚”と笑顔を見せた。

MCの後は、植村あかり、段原瑠々、井上玲音、工藤由愛、松永里愛の先輩メンバー5人で「ブラックバタフライ」を歌唱。情熱的で妖艶な世界観の楽曲を華麗に歌い上げ、続く「初めてを経験中」では、有澤一華、入江里咲、江端妃咲、石山咲良、遠藤彩加里の後輩メンバー5人がパフォーマンス。年下組のフレッシュさで、先輩に負けじとグループきってのキュートなナンバーを届けて、彼女たちの持つ表現力の広さを感じさせた。

その後は10人編成に戻り「POPPIN' LOVE」「TOKYOグライダー」「生まれたてのBaby Love」を歌い上げる。中でも印象的だったのは「生まれたての〜」における、段原瑠々と松永里愛のアレンジを効かせたサビの歌唱。ラストの工藤由愛のフェイクなど、CD音源では体感できないライブだからこそのパフォーマンスに、大きな拍手と歓声が起こっていた。

メンバーとファンによるコール&レスポンスで会場の一体感を高めた後は、「明日やろうはバカやろう」「選ばれし私達」「STAGE~アガッてみな~」という、グループきってのアップチューンなナンバーのオンパレード。その勢いのまま、10月に発売されたアルバム『Juicetory』に収録されている楽曲で構成されたスペシャルメドレーを畳み掛け、会場を盛り上げていく。

メドレーの後は「Wonderful World(2023 10th Juice Ver.)」。『Juicetory』収録の同曲は、グループ初のオリコンウィークリーチャート1位を獲得した楽曲をアレンジしたもの。ラストは「ボン・ヴォヤージュ~想いの軌跡~」。グループの現在地を歌ったかのような歌詞の世界観と間奏で披露された有澤一華のヴァイオリン演奏のパフォーマンが相まって、感動的な空気に包まれ本編は終了となった。

Juice=Juiceファミリー(Juice=Juiceのファンの総称)による“Juiceもう一杯コール(アンコール)”の大合唱で、メンバーがアンコールのステージに登場。1曲目に「Familia」を披露したのち、段原瑠々が“今披露した「Familia」は、(有澤)一華たち3人のデビュー曲ということで、一華が衣装を着てくれています!”とコメント。メンバーそれぞれのデビュー曲の衣装で登場するという、10周年のメモリアルツアーならではのエモい演出に会場から拍手が起こる。

続けて段原が“ツアーでは公演ごとに日替わりでみんなのデビュー曲を披露していたんですが、今日もみんなのデビュー曲聴きたいですよね?”と会場を煽ると、さらに大きな拍手が。このリアクションを受け、植村あかりが“それでは、デビュー曲メドレー始まるぜ!”と宣言し、スペシャルメドレーがスタート。

「全部賭けてGO!!」「イニミニマニモ~恋のライバル宣言~」(石山咲良、遠藤彩加里のデビュー曲)、「プラスティック・ラブ」「Future Smile」(有澤一華、入江里咲、江端妃咲のデビュー曲)、「がんばれないよ」(井上玲音のデビュー曲)、「好きって言ってよ」「ポップミュージック」(工藤由愛、松永里愛のデビュー曲)、「Fiesta! Fiesta!」(段原瑠々のデビュー曲)と展開。

最後は現メンバーで唯一の初期メンバーである植村あかりのデビュー曲、そしてグループのメジャーデビュー楽曲でもある「ロマンスの途中」でフィニッシュ。メドレーを終えると、メンバーがファンへ向けた感謝の気持ちと、ツアーおよび本公演の感想を述べていく。

ライブの途中、川嶋美楓のメンバーカラーである赤に会場を染めることをファンへ提案した松永里愛は、“おみふ(川嶋)にはもちろん、ファンのみなさんにもメンバーみんなで大きな景色を見せられるように頑張りたい!”と力強く宣言。

井上玲音は“過去の曲をやることで、みなさんに未来を見せられたらなって思いながら今日はやらせていただいた。届いていたら嬉しいです”とコメント。段原瑠々はツアーファイナルのロゴに、これまでに卒業したメンバーのメンバーカラーが使用されていることに触れ“Juice=Juice愛にあふれるみなさんとライブを作ってくることができた。こういうコンサートをお見せできて、とっても嬉しいです”と率直な想いを口にした。

最後はリーダーの植村あかりが“歴代のメンバーたちからJuice=Juiceって本当にカッコいいねとか、励みになるような言葉をもらうたびに、もっともっと頑張ろうと思える。何より頑張ろうって思った時に、頑張れる環境があるって本当に素敵なこと。グループ名には、個性あふれるユニットになってほしいという願いが込められているんですけど、今のメンバーは個性しかない。その個性をみなさんに愛してもらえるように頑張っていきたい!”と締めくくった。

ラストは「未来へ、さあ走り出せ!」を披露。10周年イヤーを終え、歌詞に《行くぜ!私たちの未来!》とある通り、メンバー11人が新たなディケイドに向かって走り出して行った。最後はメンバー全員でステージ上からマイクを使わずに“10周年本当にありがとうございました!”と挨拶し、幕を閉じた。

メンバーが変遷しつつも、常に進化を続ける彼女たちの歩みと、今が凝縮されたライブとなった。

次ページ

  • 1
  • トップページ
  • レポート
  • Juice=Juice[ライブレポート]グループの歴史を感じさせる構成で圧巻のパフォーマンスを解き放った日本武道館公演「10周年本当にありがとうございました!」