櫻坂46[ライブレポート]全身全霊のパフォーマンスで72,000人を熱狂させた3周年記念ライブ「もっともっと櫻坂46として高みを目指して頑張っていきます」

櫻坂46[ライブレポート]全身全霊のパフォーマンスで72,000人を熱狂させた3周年記念ライブ「もっともっと櫻坂46として高みを目指して頑張っていきます」

櫻坂46[ライブレポート]全身全霊のパフォーマンスで72,000人を熱狂させた3周年記念ライブ「もっともっと櫻坂46として高みを目指して頑張っていきます」

櫻坂46の3周年を記念した<櫻坂46 3rd YEAR ANNIVERSARY LIVE>が、11月25日(土)、26日(日)にかけて千葉・ZOZOマリンスタジアムにて実施された。

グループにとって初の単独野外スタジアムライブとなる今回は、極寒の中での開催にも関わらず2公演で計72,000人という、ZOZOマリンスタジアム史上最高の動員数記録を更新。

ステージ左右に設置されたLEDスクリーン裏の見切れ席、ステージバック席までびっしり埋めつくされるほどの盛況ぶりを見せたのに加え、両日とものインターネット生配信も行なわれ、国内外のファンが彼女たちの勇姿を見守った。

本記事では、オフィシャルレポートをお届けする。

<櫻坂46 3rd YEAR ANNIVERSARY LIVE>ZOZOマリンスタジアム(2023年11月26日)

取材&文:西廣智一
撮影:上山陽介

初日の25日公演では一期生・土生瑞穂の卒業セレモニーも開催され、欅坂46時代から8年におよぶアイドル人生を華やかに締めくくった。続く26日公演は、新体制となって最初のライブとなる。開演前から小雨に見舞われ、前日よりも低い気温の中ライブは「Buddies」からスタート。会場の明かりが点いたままの状態で、アリーナに設置された十字の花道の中央に登場した山﨑天を筆頭に、一期生から三期生までの全出演メンバーがステージや花道、スタンド席などから登場して、客席のBuddies(櫻坂46のファンの総称)は早くもクライマックスのような盛り上がりを見せる。曲中、キャプテンの松田里奈の呼びかけにより、休業中だった遠藤光莉がステージに登場。メンバーやBuddiesからの“おかえり!”の声に、遠藤は喜びの笑みを浮かべながら手を振ってみせた。

残念ながら一期生の小池美波はライブ欠席となってしまったが、約7ヵ月ぶりにファンの前に姿を現した遠藤は“これから少しずつ、私らしくゆっくり活動していきます”と前向きな言葉を寄せる。また、ライブへの意気込みを尋ねられた藤吉夏鈴は“(ライブが始まる前は)寒いなとか思っていたんだけど、今は熱気がすごくて。ファンの方の近くに行くと、それが本当に伝わってきます”、山下瞳月は“三期生はこうして櫻坂46として野外でライブさせていただくことが初めての機会なので、すごく嬉しくて。今すごく寒いので、Buddiesのみなさんも温かくして、私たちも温かい気持ちで今日のライブを頑張りたいと思います”とファンに向けてメッセージを送った。

MCを終えると会場の照明が消灯し、いよいよ本格的にライブ本編に突入。ステージ上に設置された“3”をモチーフにしたオブジェが光輝く中、不穏なSEに合わせて客席は赤いペンライトに染まっていく。しばらくすると、“3”のオブジェの上に1人のメンバーが姿を現す。さらに、“3”のオブジェの周りにもメンバーが登場し、ライブは「Dead end」で再開。オブジェ上のメンバーは逆光で顔こそわからないものの、スクリーンには森田ひかるが歌い踊る姿が映される。すると、サビに入るところで会場が暗転。アリーナ後方のサブステージに森田が瞬間移動するという驚きの演出で、観る者を圧倒させた。

その後も、ダブルセンターの森田&山﨑を筆頭にアクロバティックなダンスが展開される「摩擦係数」、センターの藤吉にメンバーが糸を絡めながらパフォーマンスする「なぜ 恋をして来なかったんだろう?」、軽やかなディスコビートにBuddiesのコールが重なることで熱量を高めていく「それが愛なのね」と人気ナンバーを連発。さらに、サブステージに初々しい制服姿の三期生が登場すると、「夏の近道」「Anthem time」で会場の盛り上がりはさらに加速する。客席を瞬時に沸かせるだけの実力を身につけた彼女たちが、もはや櫻坂46には欠かせない重要なメンバーであることは、この日のライブからもしっかり伝わったはずだ。その三期生の勢いを先輩たちは「ドローン旋回中」で引き継ぐと、手にしたタオルを頭上でくるくる回して一体感を高めていく。また、「君と僕と洗濯物」「Plastic regret」では大型フロートに乗ってアリーナ外周を移動するなど、Buddiesの近くまで出向く演出も用意された。

ライブ中盤では、三期生を交えた新たなBACKSメンバーで「確信的クロワッサン」を披露。センターの井上梨名を筆頭に、キュートな歌とダンスで会場を優しい空気で包み込むと、続く「条件反射で泣けて来る」ではBACKSメンバーでの情熱的なパフォーマンスを見せるなど、表現力の幅広さを提示してみせた。また、楽曲披露後には2024年1月15日(月)、16日(火)に豊洲PITにて、同月22日(月)、23日(火)にZepp DiverCity(TOKYO)にて<7th Single BACKS LIVE!!>が開催されることも発表。井上は“選抜メンバーに選ばれないとできないこともたくさんあると思います。でも、ここにいる私たちにしかできないこともあります。それがこの<BACKS LIVE!!>ではないでしょうか。それぞれいろんな想いを持って活動しているので、その想いをパフォーマンスを通して届けていきたいので、楽しみにしていただけたら嬉しいです”とライブへの意気込みを口にし、さらに齋藤冬優花も“さっき観ていただいた2曲のパフォーマンスがゼロと考えて、ライブ当日までにメンバーがどれだけパワーアップできるのかを、ぜひ観に来てほしいです!”と期待を煽るコメントを寄せた。

増本綺良をセンターに据えた二期生楽曲「コンビナート」で再び会場のボルテージが上昇すると、小林由依のソロダンスに続いて彼女がセンターに立つアッパーな「隙間風よ」、壮大ながらも優しさを併せ持つ「五月雨よ」、ダイナミックなダンスが見どころの「一瞬の馬」と緩急に富んだ選曲で観客を魅了。その後も「Cool」「流れ弾」で着実に熱量を上げていくと、続く「BAN」では三期生のパフォーマンスに途中から一期生、二期生が合流するスペシャルバージョンで展開し、会場のボルテージは最高潮に到達。さらに、小島凪紗の“これまでもこの先も、その責任を胸に、この大好きな桜の木を全員で守っていきます”の宣言とともに三期生が「マモリビト」で全身全霊のパフォーマンスを見せる。そんなドラマティックなライブも、いよいよ佳境へ。ファンキーなビートに合わせて三期生とBuddiesがリズミカルにジャンプして熱量を高めると、ステージに登場した一期生、二期生がそのまま「Start over!」へと突入。そのカオスな盛り上がりを「承認欲求」で引き継ぎ、会場全体の熱気がマックスまで上昇したところで、スクリーンに表示された“Go to the 4(4年目に突入)”のメッセージとともにライブ本編は幕を下ろした。

「僕のジレンマ」からアンコールが始まると、2台のフロートに乗ったメンバーが客席に向けて笑顔を振りまき、続く「思ったよりも寂しくない」では息の合った歌とダンスで一体感を再び高めていく。最後のMCでは谷口愛季が“1年前は先輩たちと一緒にステージに立てるのかと不安だったんですけど、約1年間いろんな経験を通して少しずつパワーアップできたんじゃないかと思います。これからも先輩方の背中を追いつつ、自分自身でできることを探しながら頑張りたいです”、森田が“これから4年目に向けて、もっともっと櫻坂46として高みを目指して頑張っていきます”、小林が“私たちにとってBuddiesのみなさんは必要不可欠な存在ですし、今日もこんなにもたくさん愛をもらっていたんだなと実感しました”と、それぞれの想いを打ち明ける。

そして、最後に松田が“改名したばかりの頃は「櫻坂46ってどんなグループなんだろう?」「どんな色のグループなのか?」って、メンバーもわからないまま、でもがむしゃらに進んできたところがあって。でも、迷いながらも櫻坂46というグループに胸を張って活動してきたからこそ、そしてBuddiesのみなさんの応援と支えがあったからこそ、今この景色を見れらていると思うと本当に嬉しくて。去年の今頃はちょっと悔しい思いをしたり、今年のツアーも空席が目に入ることもあったんですけど、今年に入ってからシングルを3枚発売させていただいたり、初めての海外でのライブにも挑戦させていただいり、そして今年は年末にみなさんと締めくくれる日があるという、本当に特別な1年でした。いつもいろいろいただいてばかりなので、今度は私たちからみなさんに恩返ししたい気持ちでいっぱいです”と率直な想いを客席に向けて伝えると、会場中から温かな拍手が湧き起こる。そんなピースフルな空気に包まれ、ラストナンバー「櫻坂の詩」を披露すると、会場上空に盛大な花火が打ち上がり、約3時間におよぶ<櫻坂46 3rd YEAR ANNIVERSARY LIVE>を大成功のうちに締め括った。

グループにとって大躍進の1年となった2023年を経て、櫻坂46の2024年は<7th Single BACKS LIVE!!>からスタートする。一期生から三期生までのメンバーが絆を深め、さらに進化を続けるであろうグループの明るい未来に期待したい。

<櫻坂46 3rd YEAR ANNIVERSARY LIVE>

2023年11月26日(日)
ZOZOマリンスタジアム

00. Overture
01. Buddies
02. Dead end
03. 摩擦係数
04. なぜ 恋をして来なかったんだろう?
05. それが愛なのね
06. 夏の近道
07. Anthem time
08. ドローン旋回中
09. 君と僕と洗濯物
10. Prastic regret
11. 確信的クロワッサン
12. 条件反射で泣けて来る
13. コンビナート
14. 隙間風よ
15. 五月雨よ
16. 一瞬の馬
17. Cool
18. 流れ弾
19. BAN
20. マモリビト
21. Start over!
22. 承認欲求

〜アンコール〜
23. 僕のジレンマ
24. 思ったよりも寂しくない
25. 櫻坂の詩

<櫻坂46三期生 新参者 LIVE at THEATER MILANO-Za>
2023年12月1日(金)・2日(土)
東京都・THEATER MILANO-Za
※12月2日(土)はライブ配信実施

<2023 Asia Artist Awards>
2023年12月14日(木)
Philippine Arena(フィリピンアリーナ)

<COUNTDOWN JAPAN 23/24>
2023年12月28日(木)・29日(金)・30日(土)・31日(日)
千葉県・幕張メッセ国際展示場1〜8ホール・イベントホール
※櫻坂46の出演は12月28日(木)

<7th Single BACKS LIVE!!>
2024年1月15日(月)・16日(火) 東京都・豊洲PIT
2024年1月22日(月)・23日(火) 東京都・Zepp DiverCity(TOKYO)

  • トップページ
  • レポート
  • 櫻坂46[ライブレポート]全身全霊のパフォーマンスで72,000人を熱狂させた3周年記念ライブ「もっともっと櫻坂46として高みを目指して頑張っていきます」