『NGT48 本間日陽 2nd 写真集 陽射し色』((C)KADOKAWA (C)Flora PHOTO/ You Ishii)

『NGT48 本間日陽 2nd 写真集 陽射し色』((C)KADOKAWA (C)Flora PHOTO/ You Ishii)

NGT48 本間日陽、アイドルとしては最後となるランジェリー&水着姿を披露! 2nd写真集発売決定【コメントあり】

NGT48の1期生メンバーとして第一線で活躍してきた本間日陽の2nd写真集『陽射し色』が、2024年1月17日(水)に発売されることが決定した。

『NGT48 本間日陽 2nd 写真集 陽射し色』先行カット

『NGT48 本間日陽 2nd 写真集 陽射し色』は、10月にNGT48からの卒業を発表した本間日陽にとって、アイドルとしては最後の写真集。本間がずっと行きたかったという四国水族館を中心に、香川県でのオールロケとなった。

白の爽やかなワンピースでペンギンやアザラシと一緒にはしゃぐ可愛い姿から、ピンクのドレスを着て夕方の遊園地で華麗にバレエを踊る様子まで、さまざまな表情を収録。

彼シャツからの白ランジェリー展開やタンクトップ&ショートパンツ姿、アイドルとしては最後となるランジェリー、水着の肌見せも披露している。

表紙に選ばれたのは、朝の陽射しが差し込む部屋のベッドの上で撮影した真っ白なニットのカット。可愛いらしさと大人っぽさの両方が混じり合った表情で、本間日陽自身が選んだものとなった。中面には、この白いニットを脱いだピンクのランジェリーカットも掲載される。

“アイドル人生最後の写真集、たくさんの方に楽しんでもらえたらと思います!”というコメントのとおり、NGT48のアイドルとして、9年間活動してきた本間日陽のすべてがぎゅっと詰まった1冊となっている。

さらに、NGT48に加入してから卒業を発表した現在に至るまでを綴ったエッセイを掲載。本間日陽らしい独特の感性で今の気持ちを表現している。

紀伊國屋書店新潟店、及びHMV&BOOKS SHIBUYAにて、さまざまな特典が付くお渡し会も開催予定。

秋元康帯コメント
それは、何色なんだろうと考えることがある。
例えば、陽射し。太陽の光を何色と言えばいいのか、
わからないが、木漏れ日の並木道を歩いている時、
眩しさの中に確かに、“色”が見えることがある。
本間日陽の写真集をめくっていたら、そんなことを思った。
彼女にも、時々、普段は見えない“色”が見えるからだろう。

本間日陽コメント
このたび、2冊目となる写真集を出させていただくことになりました。

NGT48を卒業するタイミングで出せるのがすごく嬉しいです。撮影地は、ずっと行きたかった四国を選びました。

水族館が好きで、四国水族館に行けたのが嬉しかったです!

エッセイでは初めて語る自分の内面を詰め込みました。

アイドル人生最後の写真集、たくさんの方に楽しんでもらえたらと思います!

本間日陽(ほんまひなた)プロフィール
1999年11月10日、新潟県村上市生まれ。
2015年NGT48の1期生として加入。2017年4月にリリースされたNGT48メジャーデビューシングル「青春時計」で表題曲選抜メンバーに選ばれる。2018年4月リリースの3rdシングル「春はどこから来るのか?」で表題曲初センターに抜擢。2020年1月には、TOKYO DOME CITY HALLにて<本間日陽ソロコンサート 〜来いっしゃ!ひなたまつり〜>を開催。2021年5月に1st写真集『ずっと、会いたかった』(光文社)を発売。2022年12月リリースのNGT48 8th シングル「渡り鳥たちに空は見えない」では表題曲2度目のセンターを務めるなど、エースとしてグループを牽引してきた。2023年9月1日、活動の幅を広げるため芸能事務所『HONEST』に移籍。2023年10月24日には、NGT48からの卒業を発表した。NGT48としての活動は、2024年春頃までを予定している。

次ページ

  • 1
  • トップページ
  • ニュース
  • NGT48 本間日陽、アイドルとしては最後となるランジェリー&水着姿を披露! 2nd写真集発売決定【コメントあり】