桃月なしこ|(c)佐賀章広/EX大衆

桃月なしこ|(c)佐賀章広/EX大衆

【インタビュー】桃月なしこ、EX大衆連載企画スタート「私が店長で大丈夫なのかな」『EX大衆』(双葉社)ゼロイチファミリア連載企画スタート記念インタビュー

ゼロイチファミリアが、7月13日に発売された『EX大衆』(双葉社)で連載企画をスタートした。桃月なしこが、双葉社ECサイトと連動し、オリジナルグッズをプロデュースする。ここでは、桃月が連載への想いや商品プロデュースについて語ったインタビューをお届けしよう。

――EX大衆で連載企画が始まりましたが感想をお願いします。

桃月なしこ:
雑誌に連載を持てるってことは本当にすごいことだと思うので、EX大衆さま、双葉社さま、改めてありがとうございます! 嬉しいという気持ちはもちろんあるんですけど、私が店長で大丈夫なのかなという不安もあります(笑)。ゼロイチのみんなに助けてもらいつつ、盛り上げていきたいなと思ってます。

――ゼロイチ商店、ゼロイチファミリアはなしこさんにとってどんな存在でしょうか。

桃月なしこ:
うーん。私の所属するゼロイチファミリアのみんなは、実際仲が良いし、周りからも仲良いねって言われるんですが、私にとっては仲間でありライバルって感じの方が強いかも。芸能のこと何も知らないまま入った私にとって、頼れるのはやっぱりゼロイチファミリアのみんなですし、そういう面では仲間だと思います。でも、ゼロイチのみんなが活躍してる姿見ると私も頑張らないとなと思えるし、ライバルとも言えるんだろうなって。

――今回桃月さんが商品をプロデュースされているとのことですが、どんな人に商品を手にとってほしいですか?

桃月なしこ:
ゼロイチを好きな方々にはもちろん手に取っていただきたいです! ほかにもゼロイチグッズということを無視して、単純に利便性を考慮したグッズ展開も考えているので、“あ、これ使えるかも”って思った方にもぜひ手に取っていただけたらと思います。

――商品をプロデュースするにあたって意気込みをお願いします。

桃月なしこ:
今まで“グッズを作らないの?”という声をたくさんいただいていましたが、なかなか作る機会を得られませんでした。今回、このようなコラボ企画ということでグッズをつくれるようになったので、みんなが喜んでくれるようなグッズ展開をしていけるように頑張ります。みんなの応援によってまた新たな企画が生まれたり……なんてこともあるかもしれませんね!

――小さい頃の憧れの職業はありましたか。

桃月なしこ:
幼稚園とかだとお花屋さんとか書いていた気がします(笑)。でも、小学校の卒業文集にはすでに看護師になりたいって書いてありました。

――昔に戻れるとしたら、何を目指しますか。

桃月なしこ:
芸能のお仕事をもっと早くからやりたかったなとは思いますけど……。でも、今この未来をまったく知らない状態で昔に戻っていたら、多分何も考えず、普通のOLとかになっていたと思います。

――最近の活動を教えてください。

桃月なしこ:
本広克行監督が演出する舞台<転校生>の8月17日〜8月27日に行われる紀伊國屋ホール公演に出演します。ぜひ観に来てもらえたら嬉しいです!

桃月なしこ|(c)佐賀章広/EX大衆
桃月なしこ|(c)佐賀章広/EX大衆
桃月なしこ|(c)佐賀章広/EX大衆
桃月なしこ|(c)佐賀章広/EX大衆