【Holoscope レポート】成城彼女、洗練ダンスパフォーマンス&5期生初登場で会場熱狂

【Holoscope レポート】成城彼女、洗練ダンスパフォーマンス&5期生初登場で会場熱狂

【Holoscope レポート】成城彼女、洗練ダンスパフォーマンス&5期生初登場で会場熱狂

女子大生ダンスサークルによるアイドルのコピーダンス対抗戦イベント<UNIDOL>が今年も盛り上がりを見せている。そんな中、<UNIDOL>参加チームの中から名だたる4チーム「Tomboys☆」「さよならモラトリアム」「ももキュン☆」「成城彼女」が集った一夜限りのコラボ公演<Holoscope>が7月4日(木)に青山 Future SEVENにて開催された。当日の模様をレポートでお届けしよう。

4組目となったのは成城大学のアイドルダンスコピーチーム「成城彼女」。一曲目から高速ナンバーである夢みるアドレセンス「アイドルレース」を柔らかくも一糸乱れぬチームワークで刻み、その実力の高さを示した。

11人での披露になったアイドルカレッジ「せいしゅんしもべティック」は、振り付けの可愛さと中毒性が際立っていていつまでも見ていたくなる動き。

続いてのAKB48「Everyday、カチューシャ」は幅広い層に届くキャッチーな楽曲だが、ところどころに入ってくる軽いアドリブパートでメンバーそれぞれが見せる様々なしぐさが誰推しであってもときめくようにできていて、かつ視野に収まらないメンバーも確実に輝いていることが予感できるあざとさがある。見ていて彼女たち自身が踊る曲選びを心から満喫しているような、そんな意図が伝わってくるラインナップだ。

ここで“アイドルの前に ひとりの女の子なのよ”という歌詞が刺さってくる、夢みるアドレセンス「メロンソーダ」。楽曲の世界観を崩さないしっかりとしたダンスパフォーマンスを経て、後半戦では成城彼女のニューフェイスである5期生が初登場。それまでの先輩たちとは違った衣装で乃木坂46「制服のマネキン」のシリアスなパフォーマンスに挑んだ。

ラストは、この日の成城彼女オールメンバーでAKB48「彼女になれますか?」。Future SEVENのステージにぎゅっと集まった彼女たちが、観客に向けダンスを届ける様は壮観だった。

成城彼女<Holoscope>より|2019年7月4日(木)青山 Future SEVEN
成城彼女<Holoscope>より|2019年7月4日(木)青山 Future SEVEN
成城彼女<Holoscope>より|2019年7月4日(木)青山 Future SEVEN
成城彼女<Holoscope>より|2019年7月4日(木)青山 Future SEVEN
成城彼女<Holoscope>より|2019年7月4日(木)青山 Future SEVEN
成城彼女<Holoscope>より|2019年7月4日(木)青山 Future SEVEN
成城彼女<Holoscope>より|2019年7月4日(木)青山 Future SEVEN
成城彼女<Holoscope>より|2019年7月4日(木)青山 Future SEVEN