Jams Collection[ライブレポート]多彩なパフォーマンスと溢れる想いを届けきった野外ワンマンライブ

Jams Collection[ライブレポート]多彩なパフォーマンスと溢れる想いを届けきった野外ワンマンライブ

Jams Collection[ライブレポート]多彩なパフォーマンスと溢れる想いを届けきった野外ワンマンライブ

Jams Collectionが、9月17日(日)に名古屋城 二ノ丸広場にて野外ワンマンライブ<夏ジャ!!!!!!!!!?-名古屋城の変>を開催した。Jams Collectionにとって野外ワンマンライブは、昨年8月の大阪城野外音楽堂4thワンマンライブ以来、1年ぶり。まだまだ夏の暑さが残る灼熱の昼帯だったが、開演時間になると陽が落ち、心地よい涼しさと野外の開放感がある状態となった。その環境下で、ジャムズは計18曲を披露した。本記事では、オフィシャルレポートをお届けする。

Jams Collection<夏ジャ!!!!!!!!!?-名古屋城の変>名古屋城 二ノ丸広場(2023年9月17日)

取材&文:石山喜将
撮影:山戸優

この野外ライブは、パワフルでキャッチーな“マッスル”ダンスが特徴的な「夏ときめいちゃいマッスル!」で開幕。さらに、“アゲていこう!”とテンションをどんどんと高め、オーディエンス全員を“独占”した「独占オンステージ」、熱唱しながら全員が拳を掲げた「アオフィルム」を続けて披露。野外にも関わらず、声が響きわたり会場全体に熱が帯び始める。次は9月27日リリースの2ndミニアルバム『Jam Vacation』に収録されている「ソモサンセッパ」を初披露。同曲はクールなダンスナンバーで、艶っぽさも感じさせる。細かな手足の振りやシンクロ率の高い8人の踊りで魅了。間奏ではカラフルな照明の中で、華麗な舞いを魅せた。

まだまだジャムズは熱いステージをくり広げる。

イントロロングVer.の「サマサマサマーはアゲアゲで!」では、コール&レスポンスや曲中の“オー!オー!”で全員がハンズアップしてより大きな盛り上がりを見せ、「あの日のメリーゴーランド」では8人がくり広げるアクティブな歌とダンスに対して、ファンが大歓声で応えた。「愛你(アイニー)」ではそれまでとは打って変わり、クールさと美麗さをパフォーマンスから漂わせて魅惑のステージを展開。「君色花火」 「コイハナビ」という花火繋がりの2曲は、叙情的に歌い、輝かしいダンスを披露。ライブの定番かつ人気曲の「Ready→NOW!」 「最先端フォーミュラー」で再び熱狂のエンジンをかけて、大盛況を作り上げていった。夜というロケーションの中でサイリウムが輝き揺れる。大事な場面で歌い紡いでいる「NEW ERA PUNCH!!」で、メンバー8人とファン全員の心を改めてコネクト。この曲では努力とグループへの愛など、さまざまな感情が交錯し、美しさを際立たせていく。「これっきりサマー」でもイントロがロングVer.となり、その中で大場結女が“今年の夏もありがとうございました。みなさんと過ごしたこの夏は一生忘れたくない想い出になりました”と想いを込めた言葉をストレートに伝える。そして、しっとりとした曲の中で、可憐な佇まいを見せつけていた。本編のラストには、“夢と出逢って 希望になって 迷いながら走るんだ”と夢へと邁進する内容がジャムズと重なる「疾走ドリーマー」を届けた。

メンバーがステージを去ると、すぐさまアンコールが発動。アンコールに応えて再登場したメンバーは、まず「ノーヒットノーラブ」を披露。本編の熱量そのままにどんどんテンションが高まっていくオーディエンス。メンバーが客席にボールを投げ込み、愉しさを再びもたらした。

ライブも終盤になり、1人ひとりがコメントを残していった。抜粋して津代美月の言葉を記載する。

津代美月:
今日は本当に楽しくて、単独ライブは時間があっという間に感じることが多くて。8人揃うかどうかわからない状態だったので、(水瀬さらら)帰ってきてくれて本当に嬉しかったし、8人でこの単独ライブを迎えることができて、本当に“幸せ”でした。もう少ししたら、来月の22日になったらワンマンライブがあるんですけど、それは個人的にもグループ的にもすごい大きな場所なので、まだまだ夢を見ている状態が続いているんですけれど、現実はあっという間に来ちゃうので。幕張でのライブもカッコよかったよ、って言ってもらえるように、もっともっとジャムズで頑張っていくので、ジャムズのよさを伝えられたらいいなというのと、ジャムズと一緒にもっともっと遠くまでいけたらいいなと思っています。

そして、さらなる新曲「片道切符のかくれんぼ」を初披露。綺麗なサウンドの中、“夢”をテーマにした同曲に、ジャムズはさらに夢を追求するという誓いを乗せていた。終盤では爽やかなメロディと歌詞の描写が心に響く、ライブで人気に火がつき始めた「青いペディキュア」を歌唱。青い照明とメンバーの個性が、暗い野外を一気に青色に染めている感覚になった。

この単独ライブの最後は、ジャムズの“夏の終わりの合図”である「サマーポップ」をパフォ―マンス。しっとりとしながらも端麗なステージングを通して、素敵な景色を見せてくれた。曲中に楽曲が1度止まり、一宮彩夏が“2023夏、ありがとー!!”と叫んだ。ラストまで丁寧に歌い踊り続け、多くのファンを虜にした後、久々の野外単独公演は幕を閉じた。

この名古屋城野外単独公演を大成功で終えたJams Collectionは、9月27日(水)に『Jam Vacation』をリリース。そして、10月22日(日)にはグループ史上最大キャパの幕張メッセ国際展示場ホールで6thワンマンに挑む。まだまだ加速し続ける同グループには注目し続けたい。

Jams Collection<夏ジャ!!!!!!!!!?-名古屋城の変>

2023年9月17日(日)
名古屋城 二ノ丸広場

OP SE
M1. 夏ときめいちゃいマッスル!
M2. 独占オンステージ
M3. アオフィルム
〜MC〜
M4. ソモサンセッパ
M5. サマサマサマーはアゲアゲで!
M6. あの日のメリーゴーランド
M7. 愛你(アイニー)
M8. 君色花火
〜MC〜
M9. コイハナビ
M10. Ready→NOW!
M11. 最先端フォーミュラー
M12. NEW ERA PUNCH!!
M13. これっきりサマー
M14. 疾走ドリーマー

【アンコール】
M15. ノーヒットノーラブ
〜MC〜
M16. 片道切符のかくれんぼ
M17. 青いペディキュア
M18. サマーポップ
END

  • トップページ
  • レポート
  • Jams Collection[ライブレポート]多彩なパフォーマンスと溢れる想いを届けきった野外ワンマンライブ