マーキュロ[1万字インタビュー第3回]珖夜ゼラが得た絶対的な自信「大丈夫、無理にカッコよくしなくていいんだ」

マーキュロ[1万字インタビュー第3回]珖夜ゼラが得た絶対的な自信「大丈夫、無理にカッコよくしなくていいんだ」

マーキュロ[1万字インタビュー第3回]珖夜ゼラが得た絶対的な自信「大丈夫、無理にカッコよくしなくていいんだ」マーキュロ 1万字インタビュー第3回:珖夜ゼラ

耽美的で退廃的な世界観を押し出し、現在のライブアイドルシーンの中で異彩を放ちながらも、その存在感を急激に高めているマーキュロ。“絶望”を歌いながら多くのファンの心を鷲掴みにしている7人のダークヒロインの素顔に迫るため、今回、メンバーそれぞれ1万字に及ぶパーソナルインタビューを敢行。これまでの人生とマーキュロでの活動についてじっくり語ってもらった。第3回目となる本日は、珖夜ゼラのインタビューをお届けする。

いじめてくる人の思うつぼになるのが嫌だから、何がなんでも学校行ってやる

ーー先日出演した<SUMMER SONIC 2023>はどうでしたか?

ゼラ:
僕の4代目衣装が学ランで、生地が分厚いし、上からハーネスをしているので、ピチッとして風通しが何もない。SEの時点では暑くて泣きそうでした。でも後半になるにつれて、暑さよりも楽しさが増していって。誰もマーキュロを知らない人ばかりだし、通行人が足を止めて見る感じだったので、新鮮でした。どう惹きつけるかを頭に入れながらライブしてました。煽りをいつもよりシャウトっぽくすると効くんじゃないか、みたいなことを考えながらライブをやった日でしたね。

ーーいろんな意味で刺激になったと。

ゼラ:
はい。たぶん、V系っぽいジャンルに興味ない人たちが大半だったと思うんで、そういう人たちをどこまで惹きつけることができるか。通行人みんな“なんだこれは?”っていう顔してましたし、もうそれが気持ちよかったです(笑)。

ーー頼もしい! そんなゼラさんのアイドル人生を訊いていきたいのですが。小さい頃はどんな子でしたか?

ゼラ:
幼稚園の時は先生とずっと遊んでました。お友達作りが本当に苦手で。友達になりたい子はいるけど、お話できない。でも家に帰ったら、ずっと歌ったり踊ったりしてるみたいな。本当に人見知りで内弁慶っていう感じでした。

ーーその頃、なりたかったものはなんでした?

ゼラ:
プリキュアになりたかったです。プリキュアとか、ケーキ屋さんって言ってました。

ーー可愛らしいですね。きょうだいは?

ゼラ:
お兄ちゃんと妹がいます。お兄ちゃんは僕と離れていて、妹は近いです。仲はめっちゃいいですよ。

ーー小学校時代は?

ゼラ:
小学校はいじめられやすいタイプで、学年が変わって、人も変わってるはずなのに、標的にされちゃう。小学校2年生からそういうのが始まって、中学生までずっと。一度、小2の時にプツンって、キレちゃった時があって、手を出しました。服を引っ張って殴り合いみたいな。相手は女の子なんですけど、投げ倒してっていう、大暴れをして。でもやっぱり手を出したらこっちも怒られるじゃないですか。だから、反抗したらこっちも怒られるんだって思って。もうそこから、2年生から6年生くらいまでずっと耐えてました。何もせず、ただただ耐えるという。

ーーキレたことで状況は変わらなかったのですか?

ゼラ:
変わらなかったです。弱いくせに強がってんなよ、みたいな。3年生になって、クラスメイトも変わってるのに同じ状況に陥っちゃって。特に何かしたわけじゃない、口答えもしない、先生に何か言うわけでもない。たぶん、都合がよかっただけだと思います。それが中学生まで続きました。

ーー理由なく標的にされたりしますよね……。それで学校に行かなくなったりはしなかったんですか?

ゼラ:
いじめてくる人たちの思うつぼになるのが嫌で。だから何がなんでも学校行ってやる、という気持ちでした。

ーー1番強いタイプだ。

ゼラ:
そうですね。だからまた余計気に食わなく思われて、長々と続いちゃったというのもありますけど。無視されたり、昼休みに教室で1人にされるとか、ランドセル蹴られたり、つば吐かれたり、お道具箱の中をゴミだらけにされたりとか、それがもう日常みたいな感じでした。

ーーつらい……でも負けなかった。

ゼラ:
ええ、負けず嫌いなんで。

ーーそこを保てたモチベーションというのは、思うつぼになりたくない、負けたくない一心だったのですか?

ゼラ:
いじめに負けてる姿を親に見せたくなかったっていうのが1番強かったかもしれないです。負けてる姿を見たら親が悲しむから、そこを見せたくなくて。打ち明けてはいたけど、すべては知らないって感じですね。“大したことないから、大丈夫だよ”って。

ーーでも、よく折れなかったですね。

ゼラ:
そうですね……あとから考えると、よく耐えたなと思います。その時は、自殺とか自傷行為とかも知らなかったし、そもそも病むっていうことも知らなかった。負の感情の落としどころがわからなかった。負の感情に気づいてもいなかったのかもしれないです。

ーー中学校に上がっても、そんな生活が続いた……。

ゼラ:
部活で“こいつ、いじめられてたんだよ”“じゃあ、こいつでいいじゃん”みたいな。テニス部だったんですけど、ボールをぶつけられるとか。本当につらくて、でもチームワークを固めなきゃいけない。それで先生に言ったら、“面倒を起こすな”と返されて、何も変わらなかった。“いじめられる方にも非があるんじゃないか”とも言われた。それでもういいやって諦めました。でも自分はテニスがやりたくて部活入ったから、自分から辞めることは嫌で、続けてました。

ーーああ……。それはいつまで続いたんですか?

ゼラ:
中1の夏から引退まで。

ーーよくおかしくなりませんでしたね……。

ゼラ:
小学校からそうだったから、もう麻痺してたっていうのもあります。それが自分にとっての日常だったから。

ーー部活以外ではどうだったんですか?

ゼラ:
クラスにも友達がいない。権力のある人たちがテニス部にいたので、周りの子も従うしかないんです。

ーーもう、なんというか……息が詰まる毎日ですね。

ゼラ:
でも、ダンスをずっとやってたんで。幼少から中3まで、ヒップホップダンスを。それが唯一のストレス発散でした。

ーーそれが息抜きになっていたと。勉強はどうでした?

ゼラ:
勉強は、好きなものはとことんやるんですけど、好きじゃないなと思ったらやらない。国語や社会とか、好きな教科は点数が高かったけど、数学は本当に点数が取れなかったです。

ーー将来的なことを考えたりしました?

ゼラ:
具体的に将来やりたいことはずっとなくて。高校生になってからも。英語が好きだから英語が学べる大学に入って。かといって、英語の仕事に就きたいわけじゃない、みたいな。

ーーダンスを極めよう、と思ったことはなかったですか?

ゼラ:
僕くらい踊れる人はざらにいるから。好きだけど、仕事にはできないことはわかっていて。何か実績があったわけじゃないし。

次ページ

  • 1
  • トップページ
  • インタビュー
  • マーキュロ[1万字インタビュー第3回]珖夜ゼラが得た絶対的な自信「大丈夫、無理にカッコよくしなくていいんだ」