マーキュロ[1万字インタビュー第1回]我執キルが掲げた異形アイドルの狼煙「闇を照らす光のような存在になりたい」

マーキュロ[1万字インタビュー第1回]我執キルが掲げた異形アイドルの狼煙「闇を照らす光のような存在になりたい」

マーキュロ[1万字インタビュー第1回]我執キルが掲げた異形アイドルの狼煙「闇を照らす光のような存在になりたい」マーキュロ 1万字インタビュー第1回:我執キル

耽美的で退廃的な世界観を押し出し、現在のライブアイドルシーンの中で異彩を放ちながらも、その存在感を急激に高めているマーキュロ。“絶望”を歌いながら多くのファンの心を鷲掴みにしている7人のダークヒロインの素顔に迫るため、今回、メンバーそれぞれ1万字に及ぶパーソナルインタビューを敢行。これまでの人生とマーキュロでの活動についてじっくり語ってもらった。第1回目となる本日は、我執キルのインタビューをお届けする。

薬飲んで、幻覚を見ながら学校に行ってた

ーー先日出演した、初めての<TOKYO IDOL FESTIVAL>はどうでしたか?

キル:
楽しかったです! でも、やっぱり異色だなと。楽屋を見回した時に、うちらしゃべってないのに、なんか顔面と髪色だけでうるせえなって(笑)。

ーーあははは(笑)。

キル:
“うちら、可愛い〜”ってなりましたけどね。それにマーキュロ、喫煙者が多いじゃないですか。みんなでぞろぞろ喫煙室に“お疲れ様でーす!”って行って、“なんだこいつら”みたいな(笑)。楽しかったですよ。

ーーそんな異色のアイドル、マーキュロを紐解くべく、メンバー1人ひとりに迫るパーソナルインタビュー企画、トップバッターはプロデューサーさん曰く、“1番ぶっ飛んでいる”という、我執キルさんです。

キル:
え〜⁉︎ 僕、そんなにヤバいのかなぁ(笑)。

ーーまず、キルさんがアイドルになる前になりたかった職業はなんですか?

キル:
幼稚園の時はプリキュア!

ーーあら、可愛らしい(笑)。

キル:
あはははは(笑)。漠然と“大きくなりたかった”というのがざっくりとした夢なんですけど。

ーー人前に立つ、有名になる、みたいな?

キル:
そうです。小学生からはモデルとか、洋服に携わる人になりたかったですね。それで、服飾の専門学校に入ったんですけど、そこで好きなものが嫌いになる怖さを知って、挫折しちゃったんです。

ーー勉強が大変でつらかったんですか?

キル:
勉強がつらかったのもあるし、人間関係、友達、交友関係もつらかった。とにかく生活するのが厳しくなっちゃった。最初は人と群れてたんですよ。いろんなことをしました、楽しいことを。放課後にみんなで喫茶店へ行って、お酒飲んだりしてたんですけど、そこで人間関係がごちゃってきて……人間が嫌いになりました。友達なのになぁ、って。そこからニートになっちゃいました。学校を休学して、人と関わらないように。もう、ネットで生きようと。配信をしたりして。

ーー引きこもってしまったと。小学校、中学校時代はどんな子でした?

キル:
小学生の時は1人でした。いじめられてたし。人としゃべれるようになったのが小学5年生くらい。笑えるようになったのもそれくらい。無愛想な人間だったので、愛嬌をつけようと思って。家庭環境がよくなかったので、幼いなりにしんどかったなぁって思います。でも、小学5年生くらいからは友達ができ始めて。中学生はずっと部活動を。ソフトテニス部で、とにかく負けず嫌いだったので、いろんな賞を取らないと気が済まないくらい熱中してました。

ーー活動的になったんですね。

キル:
自分を追い込むことは、その時から好きだったのかな。身体を動かすことも嫌いそうだけど、意外と好きだったりする。松岡修造が宿ってるんでね、心の中に(笑)。

ーー意外と熱血(笑)。テニスは高校でも続けてたんですか?

キル:
高校は特待生で入ったんですよ! 特待生だから“お金もらえる!”と思って。母子家庭なんで、親のことも考えたりしたんです。そしたらマジでキツくて……。スポーツ科だったんです。普通科と頭がいい看護科とかがあったんですけど、その中でスポーツ科は全員部活動をやってる人しかいない。そこに入ったんですけど、つらくて辞めたんです、4ヵ月で。厳しかったし、先輩との上下関係も好きじゃなくて。自分の方が強いのに、先輩に怒られるのも嫌で。それで先輩の顔面に球投げたりしてしまって。めっちゃ反抗的でしたね。で、辞めてしまった。

ーー特待生なのに辞めてしまった。

キル:
自分だけ4ヵ月で辞めたから、スポーツ科の中で1人だけ帰宅部っていう意味わからない状態。みんなから“あいつ辞めたんや、ヤバくね”って、気まずかったですね。でもみんな“つらい、つらい”言ってたから、内心は“お前らも辞めれば?”と思ってたけど(笑)。それで辞めてからはめっちゃ遊びまくってましたね。ヲタクしてたんです、BIGBANG、BTSとか、K-POPアイドルの。おもにBIGBANGなんですけど、学校休んでバイトして、ライブ全通してました。それくらい夢中になってました。

ーー高校生で全通は気合い入ってますね。勉強はどうでした?

キル:
勉強はしてないですね、あははは!(笑) 2年生になってから普通科に移ったんですよ。そしたら、可愛い女の子がいっぱいいる! みんな化粧していて。今まで知らなかった世界に出会った。

ーースポーツ科だと、そういう子はいないですもんね。

キル:
それで、学校一の美女が僕のことをめっちゃ好いてくれたんですよ。その子から化粧を学んだり、スカートの丈をどうやって短くするかとか、女の子らしく生きたな。みんな可愛かったし、そういう可愛い子の中で、自分も可愛くなるのを頑張ってました。その子たちに勉強も教えてもらってました。放課後にスタバとかで。

ーーいい青春ですね。それで無事に卒業した。

キル:
はい、無事に。なんで卒業できたんだろう? なんかできましたね(笑)。

ーーで、服飾の専門学校へ。

キル:
自分は服飾へ行って、モデルになって、パリコレに行くんだという気持ちだったんですよ。でも現実は甘くなかった。服を作るのは好きだったんです、ミシンを使ったり。モデル、スタイリングしてもらうのも好きだったんですけど、マーケティングとか座学がすごく苦手で。いろんなブランドの調査とかもしてたんですけど、全然わからなかった。学校も厳しくて。1クラス60人いたんですけど、夏休み明けに半分くらいになるんですよ。みんなつらくて辞めちゃう。

ーーそれは厳しい……。

キル:
でも、友達が卒業する時には“おめでとう”を言いに行ったりとか、学食を食べに行ったりしました。退学したのに、しれっと(笑)。服飾学生楽しかったなぁ。楽しかったのにねぇ……鬱病になってしまったので、動けなくなっちゃった。

ーー学校の厳しさと人間関係が重なって……。

キル:
1回休学したんです、半年くらい。文化祭があったんですけど、洋服を作る係で、それで“もう無理!”となって、行かなくなって。どれくらいで辞めたんだろう。1年くらいかな。次の年の入学式くらいの時に退学しました。

ーー学校に行けなくなってしまったんですね……。

キル:
家から出られなくなっちゃって。毎日薬を乱用して。市販のですけど。誰かに叩き起こされないと行けない、気が狂わないと行けない状態。薬を1シート丸々飲んで、幻覚見ながら学校行ってた。駅員さんに自分の身体を指して“ここにムカデがいるんで取ってください!”とか、“あそこに人がいます!”とか、電車の中で叫んじゃったりしてました。パニック障害。電車に乗るのもつらかったですね。学校まで2駅だったのに。もうダメだ、迷惑かけられねぇと思って……。

ーー閉じこもってしまった。

キル:
殻に閉じこもりました。自分だけの世界へ。ひたすらアニメと漫画と映画と音楽に浸ってた。ネットで漫画買って、Uber Eatsでご飯頼んで、映画観る。夜になると病んじゃうから、薬をいっぱい飲むっていう生活を1年くらい。だから1年くらい時間を無駄にしたなって思うんですけど。でも、病んでなかったら出会わなかった作品がいっぱいあったから、その1年間も無駄ではなかったのかなと思ったりもします。ハッピーに生きていたら気づけないことがいっぱいあったなって。逆に病んだくらいが幸せを見つけやすいんじゃないかなって、今となってはそう思います。

次ページ

  • 1
  • トップページ
  • インタビュー
  • マーキュロ[1万字インタビュー第1回]我執キルが掲げた異形アイドルの狼煙「闇を照らす光のような存在になりたい」