I MY ME MINE[ライブレポート]アクセル全開のパフォーマンスで大熱狂を生み出したZepp Shinjukuワンマン

I MY ME MINE[ライブレポート]アクセル全開のパフォーマンスで大熱狂を生み出したZepp Shinjukuワンマン

I MY ME MINE[ライブレポート]アクセル全開のパフォーマンスで大熱狂を生み出したZepp Shinjukuワンマン

I MY ME MINEが、9月13日(水)にZepp Shinjuku(TOKYO)にて4thワンマンライブ<ミートソースパスタ>を開催した。本記事では、オフィシャルレポートをお届けする。

I MY ME MINE 4thワンマンライブ<ミートソースパスタ>Zepp Shinjuku(TOKYO)(2023年9月13日)

取材&文:石山喜将
撮影:ポテ ヤマムラ

この日はまだまだ夏の名残がある、というよりも夏のピークと同等の天候・気温というライブ日和。そんな恵まれた日に、アイマイ(I MY ME MINEの略称)はグループ史上最大キャパのZeppワンマンライブに挑んだ。開演前から気合が入るメンバーの姿が。加えてアイマイがくり出す最高の愉しさを全身で浴びるべく、多くのファンが会場に集まった。期待度はかなり高い。開演を待ちわびる観客の姿に、アイマイというグループがどれだけ愛されているかがよくわかる。

開演時間になると、スタートを告げるお馴染みのSEが流れるとともに、メンバーの写真やテロップ、さらには煽りの映像が流れる。そんな中、大歓声が起こってフロアの温度が上昇。ステージ上に張られた紗幕が降ろされると、メンバー8人が姿を現した。

この日のステージには、ペンネ(パスタ)を模した白色のオブジェクトが設置されていた。

4thワンマンライブは「アピバグハッピーヒロイン」で開幕。早々から”HIGH”を目指して大きく手を振って、ノリノリに踊る。《ラララ》というみんなで一緒に歌うパートでは、肩を組んで左右に揺れ、心を1つにしていく。活発で輝かしい佇まいも印象的で、最高のスタートダッシュを切っていた。

IQは低めだが、ただそれがよいと歌う「アイアイIQ2」でもアクティブなステップをし、フロアはそれに反応してどんどん盛り上がり、愉しさを増幅させる。”おバカ”を捩ったタイトル「Over KAAA!!」でも、元気よく飛び跳ねたり、間奏のラインダンスで連携の強さを見せたりなど、ポジティブさにプラスして今のパフォーマンス能力の高さを存分に示し、どんどんとアイマイの世界に引き込んでいく。そんな全力の8人を、観客は振りコピやサイリウムを振るなどして、アシストしていく。

最初のMCで自己紹介を行なう中でも、嵐のような歓声が起こる。それほどスタートからアクセル全開であることが存分にわかった。

手短に自己紹介を終えると次のブロックへ。タイトルコールから歓喜の声が大きく起こった「レモネードソーダ」では、清涼感のあるサウンドと甘酸っぱい歌詞、綺麗な歌唱、自転のダンスなど、いくつもの要素を盛況に変えていく。「レモネードソーダ」を初めて披露した頃よりも盛り上がりの度合いが高まっていた。そこからも楽曲やメンバーの成長を存分に感じられた。

続けて、聖なるメロディから始まり、ビートを刻む中で”ママ”と連呼、神々しくかつ中毒性のあるナンバー「MAMAMAMA☆マッスルママ」、《「好き」が「好き」が止まらない》と恋を謳うナンバー「恋はプリズム」でも、みんなの心を昂らせていった。グループテーマの1つの”人間”を題材とした、アクティブさ全開の「にんげんフェスティバル」では、アイマイらしさを存分に出す。

さらに、グループ始まりの曲であり、”私たちがI MY ME MINE”とグループのアイデンティティを強く示した「アイマイパラレル」でも、メンバーが激しくアクト。オーディエンスもコール、ジャンプ、サークルで大きく騒ぎ、ステージとフロアの動きがシンクロしていった。

サッカーがコンセプトの「勝利のメカニカルPKトレーニング」では、そのコンセプトに沿って円陣になったり、ボールをフロアに蹴り込んだり、”オーオー!”と試合のチャントのように声を出したりと、大いに沸いていた。この世の不思議をテーマに歌う「ハテナイハテナ」では、首を傾げたり、可愛いポーズなどで魅了し、ピースフルで熱狂の空間を作り上げた。

次は事前にアナウンスされていた新曲を初披露。タイトルはワンマンライブと同じく「ミートソースパスタ」。恋愛の要素を含みながら多幸感を語るこの楽曲では、“ミートソースパスタ”を連想するようなパスタソースを作る振り、パスタを食べる振りなど、タイトルにマッチした踊りを見せていった。

実は今回のZeppワンマンライブが決定した際、メンバーはパフォーマンス力強化のために基礎レッスンからやり直していた。アイマイの楽曲の間奏ではペアになって踊ることが多いのだが、新曲の「ミートソースパスタ」は8人全員がスピーディに激しくダンスする。8人はこの曲のダンスが1番難しいと語っていたが、この日までに完成度を高めていた。アイマイがパフォーマンスに対して真摯に向き合っている姿勢は感心するし、グループ愛を感じる。

メンバーはアレンジTシャツに着替え、本編ラストに向かっていく。

「ハッピーデリバリー」では観客にさらなる盛り上がりを目指すよう求めると、彼らはそれにしっかりと応えて、声を響かせてハッピー空間に。想いを歌で解き放つ「アイマイスターマイン」で、”踊れー!”と強く煽り、よりヒートアップ。本編最後は、さらなる”HIGH”を目指し、「アピバグハッピーヒロイン」を再披露。ここにいる全員が心底高まっている姿が見られた。

本編を終えると、アイマイからお知らせが。

まず、2回目の全国ツアーを告知。2024年2月10日(土)に名古屋、2月23日(金)に大阪、3月17日(日)に福岡、3月31日(日)に仙台、4月7日(日)に広島、4月29日(月・祝)に新潟、5月19日(日)に札幌、5月26日(日)に沖縄、6月4日(火)に東京と、前回の全国ツアーよりも会場が増加。詳細は追ってアナウンスされる。

また、この日初披露した「ミートソースパスタ」が、9月14日(木)0:00〜サブスク解禁されることも発表。

メンバーがステージから去ると、すさまじい声のアンコールが起きた。

アンコールに応えて、「ハッピーデリバリー」 「ミートソースパスタ」 「アイマイスターマイン」の3曲を再び披露。熱量が最高潮に達したところで、4thワンマンライブは幕を閉じた。

今回のワンマンライブでは、MCがそこまで長くなく、楽曲を連続でパフォーマンスすることで熱量を高めて、アイマイの真骨頂を見せていた。これからもどんな場所でも、どんな空間でも、アイマイらしく熱狂を作り続け、みんなの心を躍らせていくだろう。アイマイの未来には、まだまだ期待したい。

I MY ME MINE 4thワンマンライブ<ミートソースパスタ>

2023年9月13日(水)
Zepp Shinjuku(TOKYO)

SE(オープニング映像)
M1 アピバグハッピーヒロイン
M2 アイアイIQ2
M3 Over KAAA!!
M4 レモネードソーダ
M5 MAMAMAMA☆マッスルママ
M6 恋はプリズム
M7 にんげんフェスティバル
M8 アイマイパラレル
M9 勝利のメカニカルPKトレーニング
M10 ハテナイハテナ
M11 ミートソースパスタ(新曲)
M12 ハッピーデリバリー
M13 アイマイスターマイン
M14 アピバグハッピーヒロイン

-アンコール-
M15 ハッピーデリバリー
M16 ミートソースパスタ
M17 アイマイスターマイン

  • トップページ
  • レポート
  • I MY ME MINE[ライブレポート]アクセル全開のパフォーマンスで大熱狂を生み出したZepp Shinjukuワンマン