<@JAM EXPO 2018>8月26日「Negicco」ストロベリーステージ

<@JAM EXPO 2018>8月26日「Negicco」ストロベリーステージ

【@ JAM EXPO 2018レポート】Negicco、色あせない”等身大の魅力”アリーナに広がるネギ色

Pop'n'Roll 編集部

Pop'n'Roll 編集部

2018.10.09

<@JAM EXPO 2018>が、2018年8月25日、26日に横浜アリーナで開催された。“アイドルの博覧会”として、多種多彩なグループが5つのライブステージで個性あふれるパフォーマンスをくり広げた中から、8月26日のストロベリーステージでのNegiccoのライブレポートをお届けしよう。

結成15年目を迎えるNegicco。
現在も新潟を中心に地元に根付いた活動を行っているが、ファンは全国各地に存在する。

夏の終わりを静かに知らせてくれるかのよつな深緑の衣装で登場。

今夏にリリースしたオリジナルアルバムに収録されている「ノスタルジア」は、Negiccoの"今"を詰め込んだアルバムということもあり、歌詞も3人の想いが込められているような印象を受けた。

会場もNegiccoのイメージカラーである緑のペンライトで染まる。Negicco公式ペンライトであるネギ型の"Negiライト"も多く見られた。

「ストロベリーステージのみなさん、ご機嫌いかがですか?」という優しい問いかけから始まったのは、「ねぇバーディア」。3人によるハーモニーが美しい。

続く「トリプル! WONDERLAND」では、観客と一体になっての「N.E.GI.C.C.O!」コールが楽しい

静かにサブステージまで移動する3人。そこから始まったのは「雫の輪」。

一つひとつの歌詞をゆっくりと噛みしめるように、丁寧に歌い上げていく姿が印象的であった。最後は3人でお互い頷きあってから「私らしく」と想いを込める。

15周年イヤーを迎えるNegiccoたちの等身大のステージは、観る者たちを魅了した。

取材・文:永山あるみ

<@JAM EXPO 2018>8月26日「Negicco」ストロベリーステージ
<@JAM EXPO 2018>8月26日「Negicco」ストロベリーステージ
<@JAM EXPO 2018>8月26日「Negicco」ストロベリーステージ
<@JAM EXPO 2018>8月26日「Negicco」ストロベリーステージ
<@JAM EXPO 2018>8月26日「Negicco」ストロベリーステージ
<@JAM EXPO 2018>8月26日「Negicco」ストロベリーステージ