≒JOY[ライブレポート]多彩な光景を描いた1stコンサート「成長し続けていけるように頑張るので、これからも≒JOYについてきてください!」

≒JOY[ライブレポート]多彩な光景を描いた1stコンサート「成長し続けていけるように頑張るので、これからも≒JOYについてきてください!」

≒JOY[ライブレポート]多彩な光景を描いた1stコンサート「成長し続けていけるように頑張るので、これからも≒JOYについてきてください!」

≒JOYが、本日9月3日(日)にパシフィコ横浜国立大ホールにて1stコンサート<初めまして、≒JOYです。>を開催。

同公演は、<昼の部>(14:00~)、<夜の部>(18:00~)の2部制となり、急成長中の≒JOYの大舞台を見届けようと、各部4,000人合計約8,000人という大勢のファンが会場に集まった。

本記事では、夜の部のオフィシャルレポートをお届けする。

1stコンサート<初めまして、≒JOYです。>パシフィコ横浜国立大ホール(2023年9月3日)

グループのロゴマークのデザインに取り入れているティアラを身に着けてステージに姿を現した≒JOYは、このコンサートでお披露目となった「Overture」に合わせてしなやかなダンスパフォーマンスを披露。観客が色とりどりのペンライトを振り、盛大な歓声をステージに送る中、昨年発表された1stソング「≒JOY」で勢いよくライブの幕を開けた。その後は=LOVE、≠MEの楽曲のカバーが続き、ステージ上の広い階段、客席間を移動するトロッコを使った大規模なホール会場ならではの演出がくり広げられる。=LOVE「樹愛羅、助けに来たぞ」では山野愛月がセンターを務め、間奏で馬跳びに挑戦。空手経験者の江角怜音が瓦割りをするひと幕もあり、コンサート序盤からエンタテインメント性の高いライブが展開された。

コール&レスポンスで会場の温度を高めた≒JOYは、続いてユニットに分かれてのカバー曲のブロックへ。まずはステージ上に炎が噴き上がる中、江角、藤沢莉子、村山結香がAKB48「野蛮な求愛」をパワフルにパフォーマンス。1人でステージに登場した天野香乃愛は、指原莉乃プロデューサーがかつてソロデビュー曲として発表した楽曲「それでも好きだよ」で高いアイドル力を発揮する。大信田美月、髙橋舞、山田杏佳、山野は「ロマンティックいか焼き」、大西葵は「きっかけ」とそれぞれ乃木坂46の人気曲をカバー。大西の伸びやかで力強い歌声に、会場中の観客が夢中になった。逢田珠里依、市原愛弓、小澤愛実によるSTU48「暗闇」のパフォーマンスでも、3人が響かせる迫真の歌声に盛大な拍手が送られた。

ユニットのコーナーが終わると、≒JOYは再びメンバー全員で先輩グループの楽曲をカバー。=LOVE「あの子コンプレックス」「僕らの制服クリスマス」、≠ME「ポニーテール キュルン」など、シリアスな楽曲からキュートなクリスマスソングまで多彩なナンバーを見事に歌い踊り、幅広い表現力を身につけていることを観客に示した。

ライブの後半で披露されたのは最新曲「その先はイグザルト」。この曲は自分が信じてきた道を突き進むことに葛藤を感じつつも、それを超えた先に“イグザルト=上質な歓び”があることを歌ったナンバーで、センター江角を中心に真に迫るようなパフォーマンスが展開されると、そのまま激しいロックナンバー「超孤独ライオン」へとなだれ込む。さらに≒JOYは「大空、ビュンと」「今日も君の夢を見たんだ」「笑って フラジール」とオリジナル曲を一気に畳みかけた。

その後、江角が次の曲振りを始めようとすると、指原プロデューサーからの手紙が渡される。その内容は≒JOYのリーダーが小澤に決定したことを告げるもので、この発表を受けて目から涙をあふれさせる小澤のもとにメンバーが駆け寄って祝福するという、感動的な光景がステージ上に広がった。リーダーに就任した小澤は観客からも祝福の声援を受けつつ、“アイドルを続けられてこうやってステージに立てているのも幸せですし、そのグループが≒JOYということも幸せです。大好きなグループに貢献できるように頑張ります”と決意を述べ、逢田は“12人みんな横一列で頑張ろうね!”と笑顔で小澤のメッセージに応えた。そして≒JOYはライブ本編の最後に、指原プロデューサーが新たに書き下ろした新曲「きっと、青い」をパフォーマンス。晴れやかな笑顔でステージをあとにした。

アンコールでは=LOVE『「部活中に目が合うなって思ってたんだ」』「スタート!」のカバーを連続で披露。「スタート!」は、このコンサートが≒JOYにとってのスタート地点となることにちなんで今回のセットリストに。2階と3階も含めて客席通路に登場したメンバーは、手を振りながら会場の隅々に笑顔を振りまき、その喜びをファンと分かち合った。

昼の部では12月から<≒JOY 1stツアー>が行なわれることを発表したが、夜の部にも大きなサプライズが。ソニーミュージックからのメジャーデビューが決定したこと、2024年1月17日(水)にデビューミニアルバムがリリースされることが特報映像内で明らかになった。驚きと歓喜の声を上げつつ、感激の涙を流した≒JOYはファンへの感謝の想いを言葉にして伝えると、始まりの曲「≒JOY」をラストに再びパフォーマンス。“Wow oh oh oh…”とシンガロングをくり広げて観客と心を1つにした。

最後のMCでは江角が“成長し続けていけるように頑張るので、これからも≒JOYについてきてください!”と客席に向かって呼びかけ、大盛況のうちに記念すべき1stコンサートの幕を閉じた。

1stコンサート<初めまして、≒JOYです。>

2023年9月3日(日)
パシフィコ横浜国立大ホール

1.≒JOY ※1stソング
2.届いてLOVE YOU♡ ※=LOVE カバー曲
3.樹愛羅、助けに来たぞ ※=LOVE カバー曲
4.「君の音だったんだ」 ※≠ME カバー曲
5.スイートシックスティーン ※4thソング
-MC-
6.野蛮な求愛 ※AKB48 カバー曲(江角怜音、村山結香、藤沢莉子)
7.それでも好きだよ ※指原莉乃 カバー曲(天野香乃愛)
8.ロマンティックいか焼き ※乃木坂46 カバー曲(大信田美月、髙橋舞、山田杏佳、山野愛月)
9.きっかけ ※乃木坂46 カバー曲(大西葵)
10.暗闇 ※STU48 カバー曲(逢田珠里依、市原愛弓、小澤愛実)
11.あの子コンプレックス ※=LOVE カバー曲
12.いらない ツインテール ※=LOVE カバー曲
13.僕らの制服クリスマス ※=LOVE カバー曲
14.ポニーテール キュルン ※≠ME カバー曲
15.探せ ダイヤモンドリリー ※=LOVE カバー曲
16.その先はイグザルト ※7thソング(9月6日 配信リリース)初披露
17.超孤独ライオン ※3rdソング
18.大空、ビュンと ※6thソング(7月19日 配信リリース)
19.今日も君の夢を見たんだ ※5thソング
20.笑って フラジール ※2ndソング
-MC-
21.きっと、青い ※未発表曲

〈ENCORE〉
1.「部活中に目が合うなって思ってたんだ」 ※=LOVE カバー曲
2.スタート! ※=LOVE カバー曲
-MC-
3.≒JOY ※1stソング

次ページ

  • 1
  • トップページ
  • レポート
  • ≒JOY[ライブレポート]多彩な光景を描いた1stコンサート「成長し続けていけるように頑張るので、これからも≒JOYについてきてください!」