つばきファクトリー 河西結心、ホッケー日本代表国際強化マッチ始球式で華麗なドリブルを披露!

つばきファクトリー 河西結心、ホッケー日本代表国際強化マッチ始球式で華麗なドリブルを披露!

つばきファクトリー 河西結心、ホッケー日本代表国際強化マッチ始球式で華麗なドリブルを披露!

つばきファクトリーの河西結心が、本日9月3日(日)に大井ホッケー競技場で開催されたホッケー日本代表国際強化マッチの始球式とトークショーに登場した。

<ホッケー日本代表国際強化マッチ>大井ホッケー競技場(2023年9月3日)

ホッケー日本代表国際強化マッチは、9月2日(土)、9月3日(日)の2日間に渡り実施。男子日本代表チーム「サムライジャパン」(世界ランク19位)はカナダ代表(世界ランク17位)、女子日本代表チーム「さくらジャパン」(世界ランク10位)はフランス代表(世界ランク23位)と対戦した。

今年、日本ホッケー協会の公認ホッケーアンバサダーに就任した河西は、始球式にはさくらジャパンのユニフォーム姿で登場。河西はスタンドに向けてお辞儀をし、手を振りながら品川区ホッケー応援キャラクターのシナカモンとともにピッチに向かって走った。

小学4年生から中学3年生まで6年間ホッケーをやっていた経験を活かして、ゴール前で選手からボールを受け取ると華麗なドリブルとリフティングを披露。その後シュートを放つと思いきや突然ダンスを始めた河西。それにつられたキーパーがダンスを始めると、その間にシュートをし見事ゴールを決めるというサプライズ演出を披露し、スタンドからは大きな拍手が送られた。

河西はハーフタイムのトークショーにも登場。“始球式に登場する前からドキドキしていたのですが、なんとかゴールを決めることができてよかったです”と始球式の感想をコメント。学生時代のポジションがゴールキーパーだったという河西は“ボールを止める時の快感を楽しんでいました”と話した。最後に河西の掛け声とともに観客全員で“頑張ってください!”と選手にエールを送った。

トークショーを終えると、ホッケー応援企画の『しながわスティック』エリアを訪問。しながわスティックとは、品川区にゆかりのあるアーティストがホッケーを応援するためにスティックを自由にデザインしたアート作品企画。元自衛隊でピン芸人のやす子もゲストアーティストとして参加しており、本試合会場のしながわスティックエリアに展示された。河西は“わー! すごい! やす子さんも描いてるんですね”と11名のアート作品を見て感動した。

昨日は男女ともに快勝した日本代表チーム。今日の第1試合は、男子日本代表チーム「サムライジャパン」がカナダ代表と対戦。日本は、試合開始1分でペナルティコーナーを獲得。丹羽巧磨選手のシュートで日本が先制した。しかし、第2クオーターで2本のペナルティコーナーでカナダが逆転。後半もカナダが追加点を取り、日本も福田健太郎選手が華麗なドリブルからゴールを決めるも追いつかず、2-4で敗北した。

第2試合は、女子日本代表チーム「さくらジャパン」がフランス代表と対戦。第2クオーターで昨日も得点を上げた及川栞選手がペナルティストロークで先制点を獲得。第3クオーターでフランスは1点を入れて追いついたが、ペナルティコーナーで浦田果菜選手が追加点を入れ、それが決勝点となり2-1で日本が勝利した。

試合後、キャプテンの永井友理は、“これまでチームを1つにすることを目標にやってきました。アジア競技大会で結果を残すために私たちも全力で頑張りますが、優勝は応援していただけるみなさんがいないと手にできないと思います。これからも一緒に戦ってくれると嬉しいです”とチームの応援を呼びかけた。

9月23日(土・祝)から始まるパリ2024オリンピックの出場枠をかけたアジア競技大会に向けて奮闘する日本代表チームに今後も期待が高まる。

河西結心(つばきファクトリー)<ホッケー日本代表国際強化マッチ>始球式|大井ホッケー競技場(2023年9月3日)
ツイート
河西結心(つばきファクトリー)<ホッケー日本代表国際強化マッチ>始球式|大井ホッケー競技場(2023年9月3日)
河西結心(つばきファクトリー)<ホッケー日本代表国際強化マッチ>始球式|大井ホッケー競技場(2023年9月3日)
ツイート
河西結心(つばきファクトリー)<ホッケー日本代表国際強化マッチ>始球式|大井ホッケー競技場(2023年9月3日)
  • トップページ
  • ニュース
  • つばきファクトリー 河西結心、ホッケー日本代表国際強化マッチ始球式で華麗なドリブルを披露!