CYNHN[@ JAM EXPO 2023ライブレポート]4人の高い歌唱力と表現力で浸る青の世界「今日の想い出、みんな持って帰ってください」

CYNHN[@ JAM EXPO 2023ライブレポート]4人の高い歌唱力と表現力で浸る青の世界「今日の想い出、みんな持って帰ってください」

CYNHN[@ JAM EXPO 2023ライブレポート]4人の高い歌唱力と表現力で浸る青の世界「今日の想い出、みんな持って帰ってください」

<@JAM EXPO 2023 supported by UP-T>が、8月26日(土)、27日(日)に横浜アリーナにて開催。数多くのアイドルたちが、メインアリーナをはじめ、ロビーやホールなどに設置されたさまざまなステージで、熱く、楽しく、華やかなパフォーマンスをくり広げた。本記事では、同イベントの中から8月27日(日)のキウイステージに登場したCYNHNのライブレポートをお届けしよう。

CYNHN<@JAM EXPO 2023>キウイステージ(2023年8月27日)

取材&文:赤木一之

暗転から「ラルゴ」のピアノの音色で始まると、照明が灯り、広瀬みのりが“今日は最高の想い出を作りましょう〜!”と挨拶をし、クラップ音とともに歌い出す。1番は広瀬と綾瀬志希、2番は青柳透と月雲ねるのパートに分かれており、歌唱力の高い4人の感情がこもった抑揚のある歌声に冒頭から心を揺さぶられる。前半の間奏とアウトロ前の歌詞《此処へと帰ろう》のあとに、ドヴォルザークの「Largo(別名:家路)」を思わせるメロディが使われているのも印象的でお洒落。

CYNHN<@JAM EXPO 2023>キウイステージ(2023年8月27日)
ツイート
CYNHN<@JAM EXPO 2023>キウイステージ(2023年8月27日)
青柳透(CYNHN)<@JAM EXPO 2023>キウイステージ(2023年8月27日)
ツイート
青柳透(CYNHN)<@JAM EXPO 2023>キウイステージ(2023年8月27日)
月雲ねる(CYNHN)<@JAM EXPO 2023>キウイステージ(2023年8月27日)
ツイート
月雲ねる(CYNHN)<@JAM EXPO 2023>キウイステージ(2023年8月27日)

力強い歌声とは反対に、MCでは口調も雰囲気もゆるやかでのんびりなメンバーたち。月雲が“キウイステージ、私たち初めて”と言うと、綾瀬が“すっぱ〜い。キウイだけにっ”と自由に発言。配信の視聴者に向けても、4人で“ゴロゴロしているそこのあなた〜”と呼びかけ、綾瀬が“布団ばっかに入ってないで、たまには外にも出るんだぞっ”と語りかけ、会場の笑いを取った。

続けて、月雲が“声出しのできるアットジャムは久しぶり。今日は声の限りを尽くして、たくさん応援してくださったら嬉しいです!”と伝え、2曲目の「キリグニア」へ。ギターカッティングと重厚感のあるシティポップサウンド。クールな歌声としなやかなダンス。綾瀬と月雲の《ねぇ(ねぇ)》の掛け合いも鬼気迫るものもがある。続く、「水生」も重厚感があり、ベースのグルーヴ感・うねりに巻き込まれるように、会場のボルテージも上昇。観客のクラップ音も大きくなっていく中、綾瀬も“いくぞーーー!”とドスの効いた声で、気合いを見せつけた。

綾瀬志希(CYNHN)<@JAM EXPO 2023>キウイステージ(2023年8月27日)
ツイート
綾瀬志希(CYNHN)<@JAM EXPO 2023>キウイステージ(2023年8月27日)
広瀬みのり(CYNHN)<@JAM EXPO 2023>キウイステージ(2023年8月27日)
ツイート
広瀬みのり(CYNHN)<@JAM EXPO 2023>キウイステージ(2023年8月27日)

ラストは、綾瀬が落ち着いたトーンで、“今日の想い出、みんな持って帰ってください”と、「2時のパレード」を曲振り。ロシア語で青色を意味するCYNHNを代表する1曲で、歌詞にも“青”“会おう”が使われている。幻想的な世界観が広がるロックサウンド。振り絞るように出す歌声は儚さもあり、呼応するようにファンも声出しと拍手で応えた。

CYNHN<@JAM EXPO 2023>キウイステージ(2023年8月27日)
ツイート
CYNHN<@JAM EXPO 2023>キウイステージ(2023年8月27日)

CYNHN<@JAM EXPO 2023>

2023年8月27日(日)
キウイステージ

ラルゴ
MC
キリグニア
水生
2時のパレード

  • トップページ
  • レポート
  • CYNHN[@ JAM EXPO 2023ライブレポート]4人の高い歌唱力と表現力で浸る青の世界「今日の想い出、みんな持って帰ってください」