来栖りん[インタビュー]1stミニアルバムで綴ったカラフルな声と歌の物語「すごく攻めたものになった感覚があります」

来栖りん[インタビュー]1stミニアルバムで綴ったカラフルな声と歌の物語「すごく攻めたものになった感覚があります」

来栖りん[インタビュー]1stミニアルバムで綴ったカラフルな声と歌の物語「すごく攻めたものになった感覚があります」来栖りん 1stミニアルバム『Happy Lucky Diary』リリースインタビュー

来栖りんが、9月27日(水)に1stミニアルバム『Happy Lucky Diary』をリリースする。同作は、キュートでポップなサウンドを軸に置きながら、エモーショナルなナンバーや情感のある歌唱が印象的なアンビエント系の楽曲など、彼女の多彩な歌声を収めた充実作だ。声優アーティストとしての急速な成長を見事に示した同作を、来栖りんはどのような想いを持って作り上げたのか? 今春のソロデビューから現在までの活動を振り返りながら、『Happy Lucky Diary』の制作について話を訊いた。

撮影:河邉有実莉
編集協力:竹内伸一

“恐怖心や憎しみってどうやって表現すればいいんだろう”ってすごく悩みました

――来栖さんが声優を務めたアニメ『神無き世界のカミサマ活動』(以下、カミカツ)のシアンは、ずいぶん若いキャラクターだったんですね。

来栖:
12歳くらいを想定して演じていました。

――しかも、かなり難しい役柄でしたよね。

来栖:
そうですね。かなり壮絶な過去を持っていて。

――声優デビュー作でもあったので、大変だったんじゃないですか?

来栖:
私は現場で“もっと声年齢を上げられる?”って言われるタイプなんです。アフレコをしていて“自分の声って意外と幼いんだな”って気づきました(笑)。お芝居のクセや発声の仕方も相まって、幼い声に聴こえてしまうんでしょうね。“もっと声を落ち着かせてほしい”って言われることが多くて。なので、逆にシアンでは、その壁にはぶつかりませんでした。でも、自分はシアンのような経験はしたことがないので……。

――過去にシアンのような体験をしていたら、大変なことになりますよ(笑)。

来栖:
そうなんです(笑)。なので、“どういう感情なんだろうな”って自分の中で想像がしにくくて。私はありがたいことに、家族にも恵まれて育ってきましたし。“恐怖心や憎しみってどうやって表現すればいいんだろう”とすごく悩みました。

――そういう時は、何かを参考にして役作りをしたりするんですか?

来栖:
何かを観たり、聴いたりしたあとにアフレコをすると、それに寄っちゃうんですよね。それは歌でもそうなんですけど。誰かの曲を聴いてからレコーディングに行ったりすると、そのアーティストさんのクセが出ちゃったりするんです。アフレコも、好きな声優さんの作品を観たあとだったりすると、その声優さんに引っ張られちゃう。だから、普段勉強としていろいろな作品を観るのはいいんですけど、アフレコの前に観ちゃうとよくなくて。引き出しを増やすという意味では、いろいろな作品を観ることも必要なんですけど。“シアンの参考にしよう”なんて思って観ちゃうと絶対ダメです(笑)。本番の前は、自分なりに“こういうふうに表現しよう”って考えていく方がいいと思っています。話は戻りますけど、大変だったという意味では、『カミカツ』の時は、アフレコの現場が初めてだったので、マイクとの距離とか、知らないことばかりでした。だからすごく緊張して現場に入りました。

――ゲームアプリ『ワールドダイスター 夢のステラリウム』に登場するキャラクターの福士倫子の声も担当されたんですよね?

来栖:
『カミカツ』は初めてのアフレコだったこともあって、個別に録らせてもらったんです。だから、あんまり掛け合いの経験がなくて。『ワールドダイスター 夢のステラリウム』でも掛け合いで録らなかったので、そういう意味では、『カミカツ』との差はあまり感じませんでした。自分のタイミングでできるので、やりやすかったです。ただ、“このシーンは、前回のシーンよりも時間が経過しているから、ちょっと落ち着いたトーンで”とディレクションしていただいて、“ああ、そういうことも意識しないとダメなんだな”って勉強になりました。時の流れをちゃんと声に乗せないとダメなんです。それには驚きましたけど、すごく面白かったですね。

来栖りん
ツイート
来栖りん

次ページ

  • 1
  • トップページ
  • インタビュー
  • 来栖りん[インタビュー]1stミニアルバムで綴ったカラフルな声と歌の物語「すごく攻めたものになった感覚があります」