フィロソフィーのダンス[六本木アイドルフェスティバル2023 ライブレポート]客席をダンスフロアに変えた変幻自在で余裕綽々なパフォーマンス「全力ってそんなものなのか?」

フィロソフィーのダンス[六本木アイドルフェスティバル2023 ライブレポート]客席をダンスフロアに変えた変幻自在で余裕綽々なパフォーマンス「全力ってそんなものなのか?」

フィロソフィーのダンス[六本木アイドルフェスティバル2023 ライブレポート]客席をダンスフロアに変えた変幻自在で余裕綽々なパフォーマンス「全力ってそんなものなのか?」

テレビ朝日主催のアイドルイベント<六本木アイドルフェスティバル 2023>(以下、RIF)が、7月29日(土)、30日(日)に六本木ヒルズアリーナにて開催された。声出し、コールも解禁された今年の<RIF>には、これからの活躍が期待されるニューカマーから、現在のシーンを支える人気グループ、さらに長年活動を続けるベテランのアイドルが出演。それぞれが個性豊かなライブをくり広げ、真夏の六本木を熱く楽しく彩った。本記事では、同イベントの中から7月30日(日)に登場したフィロソフィーのダンスのライブレポートをお届けしよう。

フィロソフィーのダンス<六本木アイドルフェスティバル2023>六本木ヒルズアリーナ(2023年7月30日)

取材&文:竹内伸一

オープニングの「Brand New Dance」が流れ出すと、5人が勢いよくステージに登場。トラックのナレーションがメンバーを1人ずつ紹介していく。それが終わると5人がステージ最前に並び、フロアに向かって手を振る。いきなりのアピールタイムに、会場が沸き立つ中、「オプティミスティック・ラブ」のイントロが流れ出す。すると今度は“知らなくても一緒に!”とクラップを促して、会場の盛り上がりを加速させていく。一転、曲に入ると、切れ味鋭いダンスで魅了……冒頭のわずか数分で、フィロソフィーのダンスが持つ楽しさ、華やかさ、カッコよさといったさまざまな要素を一気に見せつけるかのような展開は圧巻だった。

その後のパフォーマンスも、もちろん圧巻。「オプティミスティック・ラブ」の間奏ではラインダンス風の振り付けで5人が足を高々と蹴り上げ、途中のコール&レスポンスのパートでは、“もともと特別なOnly one”と、彼女たちの出番の前のカラオケコラボで歌われた「世界に一つだけの花」を歌い込むなど、高いスキルと、ライブらしい臨機応変な対応力を見せつけていった。

フィロソフィーのダンス<六本木アイドルフェスティバル2023>六本木ヒルズアリーナ(2023年7月30日)
ツイート
フィロソフィーのダンス<六本木アイドルフェスティバル2023>六本木ヒルズアリーナ(2023年7月30日)

続く「シュークリーム・ファンク」では、70年代のブラックミュージックを思わせるファンキーなサウンドに乗って、ソウルフルな歌声を聴かせながら、コミカルな動きや、寝転んだり走り回ったりとめまぐるしい振りも交えた賑やかなパフォーマンスを披露。かと思えば、ステージ前方の端へと駆け出し、フロア両端のファンへのアピールも忘れない。変幻自在かつ余裕綽々なパフォーマンスには目を奪われるばかり。最後は5人でポーズをキメたが、歓声が上がるまでやめないという余裕ぶりだった。

余裕といえば、MCで、先のカラオケコラボできゃりーぱみゅぱみゅの「ふりそでーしょん」が歌われていたことを受けて、“みそじ~みそじ~”と替え歌を歌い、会場を笑わせたり、3曲目の冒頭で、手拍子を要求しながら奥津マリリが“私が満足するまで曲を始めなくていいって言われているから”と、さらに大きな手拍子を要求したりといった場面も。「世界に一つだけの花」の件と同様に、アドリブでライブを盛り上げていくステージ捌きは、気持ちに余裕がなければできないことだろう。

奥津マリリ(フィロソフィーのダンス)<六本木アイドルフェスティバル2023>六本木ヒルズアリーナ(2023年7月30日)
ツイート
奥津マリリ(フィロソフィーのダンス)<六本木アイドルフェスティバル2023>六本木ヒルズアリーナ(2023年7月30日)

さて、その3曲目は、“みんなが知っているあの曲”と前置きされたORANGE RANGEの「上海ハニー」のカバー。5人はステージ上を動き回って、2000年代を代表するサマーチューンを熱く歌い上げた。

日向ハルの“全力で踊って!”の煽りとともに突入した「ダンス・ファウンダー」では、これまで以上に切れ味鋭いパフォーマンスをくり広げていく。会場も一緒になって踊り、そして大きな声を上げて盛り上がっていった。途中、日向が“全力ってそんなものなのか?”と煽ると、会場のリアクションはさらに大きくなり、それに乗せられて、日向はさらに力強い歌声を響かせる。メンバーと観客が互いを高めていく……これぞライブの醍醐味と言いたくなるような見事なシーンだった。

日向ハル(フィロソフィーのダンス)<六本木アイドルフェスティバル2023>六本木ヒルズアリーナ(2023年7月30日)
ツイート
日向ハル(フィロソフィーのダンス)<六本木アイドルフェスティバル2023>六本木ヒルズアリーナ(2023年7月30日)
佐藤まりあ(フィロソフィーのダンス)<六本木アイドルフェスティバル2023>六本木ヒルズアリーナ(2023年7月30日)
ツイート
佐藤まりあ(フィロソフィーのダンス)<六本木アイドルフェスティバル2023>六本木ヒルズアリーナ(2023年7月30日)

この日のラストは「ライブ・ライフ」。クール&セクシーなパフォーマンスをくり広げていく。随所に盛り込まれたコミカルなパートをこれまで以上に大げさに演じてみせ、さらなる盛り上がりを生み出していく。間奏では、会場中が手拍子を打ち鳴らし、一体感もピークに達して、彼女たちのライブは大団円となった。

木葭のの(フィロソフィーのダンス)<六本木アイドルフェスティバル2023>六本木ヒルズアリーナ(2023年7月30日)
ツイート
木葭のの(フィロソフィーのダンス)<六本木アイドルフェスティバル2023>六本木ヒルズアリーナ(2023年7月30日)
香山ななこ(フィロソフィーのダンス)<六本木アイドルフェスティバル2023>六本木ヒルズアリーナ(2023年7月30日)
ツイート
香山ななこ(フィロソフィーのダンス)<六本木アイドルフェスティバル2023>六本木ヒルズアリーナ(2023年7月30日)

切れ味鋭いダンス、それぞれに個性がありながらも伸びやかでソウルフルにまとまったボーカル、そして臨機応変なステージング。それらが一体となった彼女たちのライブは、ライブアイドルシーンのみならず、日本のエンタテイメントシーンにおいてもハイレベルで見応えのあるものだろう。途中、佐藤まりあが“新体制のよさを証明します!”と宣言していたが、昨年加入した木葭ののと香山ななこも、実力者な先輩たちと遜色ないパフォーマンスを見せており、それは見事なものだった。加えて、木葭のクールな佇まいと、香山の実直なパフォーマンスはフィロソフィーのダンスの新たな魅力にもなっているように思う。佐藤の言葉通り、新体制のよさを存分に感じることができた充実の25分だった。

フィロソフィーのダンス<六本木アイドルフェスティバル2023>六本木ヒルズアリーナ(2023年7月30日)
ツイート
フィロソフィーのダンス<六本木アイドルフェスティバル2023>六本木ヒルズアリーナ(2023年7月30日)

フィロソフィーのダンス<六本木アイドルフェスティバル 2023>

2023年7月30日(日)
六本木ヒルズアリーナ

Brand New Dance
M1 オプティミスティック・ラブ
M2 シュークリーム・ファンク
MC
M3 上海ハニー
M4 ダンス・ファウンダー
M5 ライブ・ライフ

  • トップページ
  • レポート
  • フィロソフィーのダンス[六本木アイドルフェスティバル2023 ライブレポート]客席をダンスフロアに変えた変幻自在で余裕綽々なパフォーマンス「全力ってそんなものなのか?」