#ババババンビ[六本木アイドルフェスティバル2023 ライブレポート]大トリとして生み出した究極の馬鹿騒ぎ

#ババババンビ[六本木アイドルフェスティバル2023 ライブレポート]大トリとして生み出した究極の馬鹿騒ぎ

#ババババンビ[六本木アイドルフェスティバル2023 ライブレポート]大トリとして生み出した究極の馬鹿騒ぎ

テレビ朝日主催のアイドルイベント<六本木アイドルフェスティバル 2023>(以下、RIF)が、7月29日(土)、30日(日)に六本木ヒルズアリーナにて開催された。声出し、コールも解禁された今年の<RIF>には、これからの活躍が期待されるニューカマーから、現在のシーンを支える人気グループ、さらに長年活動を続けるベテランのアイドルが出演。それぞれが個性豊かなライブをくり広げ、真夏の六本木を熱く楽しく彩った。本記事では、同イベントの中から7月30日(日)に登場した#ババババンビのライブレポートをお届けしよう。

取材&文:竹内伸一
撮影:河邉有実莉

#ババババンビ<六本木アイドルフェスティバル2023>六本木ヒルズアリーナ(2023年7月30日)

2日間、計15時間超に及んだ<六本木アイドルフェスティバル2023>の大トリを務めたのは、#ババババンビ。お馴染みの角田信朗の口上に合わせて、5人が1人ずつダンスをしてライブをスタートさせた。

近藤沙瑛子が情熱的に歌い上げて「Clover」が始まると、ようやく陽が落ちた客席に5色のサイリウムが揺れた。5人は色とりどりの応援を受けて、しなやかなダンスと熱気を帯びた歌声を披露。サビでその声に力強さが加わると、会場のファンは一緒になって踊り、さらに5人を盛り立てていった。そのまま流麗なピアノのイントロへと繋ぎ「マイノリティ」へ。こちらもドラマティックなナンバーで、5人がソロパートをそれぞれに熱く歌い上げると、サビではその声を重ねて叙情的なシーンを描き出していった。

#ババババンビ<六本木アイドルフェスティバル2023>六本木ヒルズアリーナ(2023年7月30日)
ポスト
#ババババンビ<六本木アイドルフェスティバル2023>六本木ヒルズアリーナ(2023年7月30日)

ハードなダンスナンバー「星形」へと突入すると、点滅するライティングの中で、激しくもソリッドなダンスを披露。一緒になって踊り狂うオーディエンスが彼女たちのパフォーマンスに火を点け、そのダンスはエンディングに向かってどんどん激しさを加速させていった。

前半は、エモーショナルな歌声とキレのあるダンスをフィーチャーした楽曲を並べ、クールな世界観を作り出していたが、MCで岸みゆが“ここからはガラッと変えてお届けします!”と発言してからは雰囲気が一変。ポップな王道アイドルソング「バカになって好きっていうだけ」を、可愛らしい笑顔で歌い踊る。湊みおが見事なロングトーンを響かせると、宇咲が小悪魔的な笑顔でキュートな歌声を聴かせ、岸と近藤は伸びやかなフェイクをキメ、小鳥遊るいが“後ろのみなさんも一緒にお願いします!”とクラップを促して会場を煽るといった具合いに、それぞれに見せ場も作っていった。

岸みゆ(#ババババンビ)<六本木アイドルフェスティバル2023>六本木ヒルズアリーナ(2023年7月30日)
ポスト
岸みゆ(#ババババンビ)<六本木アイドルフェスティバル2023>六本木ヒルズアリーナ(2023年7月30日)
湊みお(#ババババンビ)<六本木アイドルフェスティバル2023>六本木ヒルズアリーナ(2023年7月30日)
ポスト
湊みお(#ババババンビ)<六本木アイドルフェスティバル2023>六本木ヒルズアリーナ(2023年7月30日)
宇咲(#ババババンビ)<六本木アイドルフェスティバル2023>六本木ヒルズアリーナ(2023年7月30日)
ポスト
宇咲(#ババババンビ)<六本木アイドルフェスティバル2023>六本木ヒルズアリーナ(2023年7月30日)

アップテンポの「以心伝心」を弾むように踊ると、“一緒に!”の声とともに会場も沸騰したかのように踊りまくった。途中、近藤のラップをフィーチャーしたビートダウンパートでは、雰囲気を変えて5人がこれでもかと言わんばかりに激しくヘッドバンギング。今度は“声出せ!”の絶叫を合図に“オイ! オイ!”の大コールが巻き起こった。

小鳥遊るい(#ババババンビ)<六本木アイドルフェスティバル2023>六本木ヒルズアリーナ(2023年7月30日)
ポスト
小鳥遊るい(#ババババンビ)<六本木アイドルフェスティバル2023>六本木ヒルズアリーナ(2023年7月30日)
近藤沙瑛子(#ババババンビ)<六本木アイドルフェスティバル2023>六本木ヒルズアリーナ(2023年7月30日)
ポスト
近藤沙瑛子(#ババババンビ)<六本木アイドルフェスティバル2023>六本木ヒルズアリーナ(2023年7月30日)

ラストの「BPM180」は、ポップなサウンドに乗って、これぞアイドルと言わんばかりの笑顔で歌い、細かくフォーメーションを変えながら弾けるように踊る。会場のコールもさらに熱気を帯びる中、落ちサビからのブレイクをきっかけに5人の動きは激しさを増し、狂騒的な雰囲気が生まれながらも、ラストのポーズをキュートさ全開でキメると、2日間の灼熱のフェスの幕は下ろされた。

クールかつエモーショナルに魅せた前半と、可愛らしく賑やかに盛り上げた後半。対照的な構成で自分たちの異なる側面をアピールしたこの日のライブは、どちらも十二分にそのテーマを体現しており、“馬鹿騒ぎ”というグループのコンセプトに留まらない進化を感じさせるものだった。そのパフォーマンスも鋭さと迫力が増加。今後、どんなものを観せてくれるのか楽しみでならない。

#ババババンビ<六本木アイドルフェスティバル2023>六本木ヒルズアリーナ(2023年7月30日)
ポスト
#ババババンビ<六本木アイドルフェスティバル2023>六本木ヒルズアリーナ(2023年7月30日)
#ババババンビ<六本木アイドルフェスティバル2023>六本木ヒルズアリーナ(2023年7月30日)
ポスト
#ババババンビ<六本木アイドルフェスティバル2023>六本木ヒルズアリーナ(2023年7月30日)

#ババババンビ<六本木アイドルフェスティバル 2023>

2023年7月30日(日)
六本木ヒルズアリーナ

SE
M1 Clover
M2 マイノリティ (short)
M3 星形
MC
M4 バカになって好きっていうだけ
M5 私心伝心
M6 BPM 180

  • トップページ
  • レポート
  • #ババババンビ[六本木アイドルフェスティバル2023 ライブレポート]大トリとして生み出した究極の馬鹿騒ぎ