CROWN POP[六本木アイドルフェスティバル2023 ライブレポート]躍動感溢れるステージングを見せつけ、全力のコール&レスポンス生み出した熱狂アクト「もっと声出せるよね?」

CROWN POP[六本木アイドルフェスティバル2023 ライブレポート]躍動感溢れるステージングを見せつけ、全力のコール&レスポンス生み出した熱狂アクト「もっと声出せるよね?」

CROWN POP[六本木アイドルフェスティバル2023 ライブレポート]躍動感溢れるステージングを見せつけ、全力のコール&レスポンス生み出した熱狂アクト「もっと声出せるよね?」

テレビ朝日主催のアイドルイベント<六本木アイドルフェスティバル 2023>(以下、RIF)が、7月29日(土)、30日(日)に六本木ヒルズアリーナにて開催された。声出し、コールも解禁された今年の<RIF>には、これからの活躍が期待されるニューカマーから、現在のシーンを支える人気グループ、さらに長年活動を続けるベテランのアイドルが出演。それぞれが個性豊かなライブをくり広げ、真夏の六本木を熱く楽しく彩った。本記事では、同イベントの中から7月30日(日)に登場したCROWN POPのライブレポートをお届けしよう。

CROWN POP<六本木アイドルフェスティバル2023>六本木ヒルズアリーナ(2023年7月30日)

取材&文:竹内伸一
撮影:河邉有実莉

流れ出したSEに合わせてフロアからクラップとコールが発生。会場の熱狂に迎えられて5人が静かにステージに現れた。すると藤田愛理が“もっと声出せるよね?”と声を上げ、観客は“オイ!オイ!”と灼熱の六本木をさらに熱くするような大声を張り上げた。いきなりのコール&レスポンスで、会場のテンションが一気に上がる中、「夏キラリ☆」からライブがスタートした。

キャッチーなサマーチューンを5人は軽やかに歌い踊る。間奏では“まだまだ行くよ!”の声から再び“オイ! オイ!”のコールが上がると、5人のパフォーマンスも熱を帯び、ステージを大きく使って会場全体を煽っていく。里菜や藤田は、配信用カメラが近づくと、そこへのアピールも忘れない。エンディングで3度“オイ! オイ!”のコールを巻き起こした時には、会場は早くも沸点を超えたかのような状況となった。

里菜(CROWN POP)<六本木アイドルフェスティバル2023>六本木ヒルズアリーナ(2023年7月30日)
ポスト
里菜(CROWN POP)<六本木アイドルフェスティバル2023>六本木ヒルズアリーナ(2023年7月30日)
藤田愛理(CROWN POP)<六本木アイドルフェスティバル2023>六本木ヒルズアリーナ(2023年7月30日)
ポスト
藤田愛理(CROWN POP)<六本木アイドルフェスティバル2023>六本木ヒルズアリーナ(2023年7月30日)

“サビでは一緒に「Hey!」って言ってください!”と田中咲帆が前置きして「alright!」へなだれ込む。ここでもソロパートを歌うメンバーがステージ前方の端まで出て行き、フロアの端まで視線を送って盛り上げていく。サビでは約束通り“Hey!”を会場全体で大合唱。一体感も高まる中、間奏ではダイナミックなダンスも披露。そのスキルの高さも示してみせた。

田中咲帆(CROWN POP)<六本木アイドルフェスティバル2023>六本木ヒルズアリーナ(2023年7月30日)
ポスト
田中咲帆(CROWN POP)<六本木アイドルフェスティバル2023>六本木ヒルズアリーナ(2023年7月30日)

「キミリプホリック」を、メロディアスなサウンドに合わせてしなやかに舞い、伸びやかに歌い終えると、“あなたの王冠を掴みに来ました!”とようやくここでお馴染みの挨拶。続いて里菜が“早いんですが、次が最後の曲になります”と切り出す。すると会場から“えっ~!”と大きな声が上がった。“お約束”とも言える展開だが、あまりにベタすぎたのが面白かったのだろう、5人からは笑顔がこぼれた。

気を取り直して“最後はこの青空にみんなで手を掲げましょう!”と里菜が語りかけて、ラストの「手のひらに青空」へ。三田美吹がしっとりと歌い出したのを皮切りに、5人がソロで伸びやかな歌声を繋いでいく。間奏では、雪月心愛が華麗なターンを決めるなど、優雅さで舞うようなダンスで会場の視線を集めると、最後は5人の声が重なる。ここまではソロパートで繋ぐ構成だったが、ここ来てのユニゾンでの熱唱は、なんだかとても情感的で、感情を大きく揺さぶられるシーンだった。さらに、5人が空へ手を掲げると、観客も一緒に手をかざし、一緒に歌う。メンバーだけでなく会場中の声が1つになる。それはラストに相応しい感動的な場面だった。

三田美吹(CROWN POP)<六本木アイドルフェスティバル2023>六本木ヒルズアリーナ(2023年7月30日)
ポスト
三田美吹(CROWN POP)<六本木アイドルフェスティバル2023>六本木ヒルズアリーナ(2023年7月30日)
雪月心愛(CROWN POP)<六本木アイドルフェスティバル2023>六本木ヒルズアリーナ(2023年7月30日)
ポスト
雪月心愛(CROWN POP)<六本木アイドルフェスティバル2023>六本木ヒルズアリーナ(2023年7月30日)

ステージを大きく使いながらしなやかさと力強さも併せ持つパフォーマンスは見応えがあり、にこやかな笑顔で歌う姿には、ライブの楽しさが表れているようで、こちらの気分を高揚させるものだった。さらには、会場全体に気を配り、配信へのアピールも忘れない。すべての人にその気持ちをしっかりと届けたい、そんな気持ちに溢れたステージングは本当に素晴らしいものだった。“あなたの王冠を掴みました!”のキメ台詞で、5人はステージを下りたが、ファンならずとも心……いや、王冠を掴まれたことだろう。

CROWN POP<六本木アイドルフェスティバル2023>六本木ヒルズアリーナ(2023年7月30日)
ポスト
CROWN POP<六本木アイドルフェスティバル2023>六本木ヒルズアリーナ(2023年7月30日)

CROWN POP<六本木アイドルフェスティバル 2023>

2023年7月30日(日)
六本木ヒルズアリーナ

SE
M1 夏キラリ☆
M2 alright!
M3 キミリプホリック
MC
M4 手のひらに青空

  • トップページ
  • レポート
  • CROWN POP[六本木アイドルフェスティバル2023 ライブレポート]躍動感溢れるステージングを見せつけ、全力のコール&レスポンス生み出した熱狂アクト「もっと声出せるよね?」