マジカル・パンチライン[六本木アイドルフェスティバル2023ライブレポート]ポップチューンの連続投下で会場全体を巻き込んだ全力パフォーマンス「初めてマジパンを観る人も最後まで楽しんでいってください!」

マジカル・パンチライン[六本木アイドルフェスティバル2023ライブレポート]ポップチューンの連続投下で会場全体を巻き込んだ全力パフォーマンス「初めてマジパンを観る人も最後まで楽しんでいってください!」

マジカル・パンチライン[六本木アイドルフェスティバル2023ライブレポート]ポップチューンの連続投下で会場全体を巻き込んだ全力パフォーマンス「初めてマジパンを観る人も最後まで楽しんでいってください!」

テレビ朝日主催のアイドルイベント<六本木アイドルフェスティバル 2023>(以下、RIF)が、7月29日(土)、30日(日)に六本木ヒルズアリーナにて開催された。声出し、コールも解禁された今年の<RIF>には、これからの活躍が期待されるニューカマーから、現在のシーンを支える人気グループ、さらに長年活動を続けるベテランのアイドルが出演。それぞれが個性豊かなライブをくり広げ、真夏の六本木を熱く楽しく彩った。本記事では、同イベントの中から7月30日(日)に登場したマジカル・パンチラインのライブレポートをお届けしよう。

マジカル・パンチライン<六本木アイドルフェスティバル2023>六本木ヒルズアリーナ(2023年7月2日)

SEに合わせたオーディエンスからのクラップに出迎えられて、厚底のサンダルを履き、メンバーの吉澤悠華が衣装デザインを担当したギンガムチェックの衣装で登場したマジカル・パンチライン。メンバー全員が160cm以上ということもあり、今回出演したグループの中でもスタイルのよさが一際目を引いていた。

“初めてマジパンを観る人も最後まで楽しんでいってください! <六本木アイドルフェスティバル>みんなで盛り上がっていきましょうー!!“と沖口優奈が高らかに宣言して「Shiny Shoes」で彼女たちのライブはスタート。指を前に差すサビの振り付けではファンも同じように振りコピで応えるが、5人はまだまだ勢いが足りないとばかりにステージ前方のギリギリまでに立って客席をガンガン煽っていく。

沖口優奈(マジカル・パンチライン)<六本木アイドルフェスティバル2023>六本木ヒルズアリーナ(2023年7月2日)
ポスト
沖口優奈(マジカル・パンチライン)<六本木アイドルフェスティバル2023>六本木ヒルズアリーナ(2023年7月2日)

2曲目の「あいわなびー」では恋心を歌った歌詞に乗せて、可愛らしく、時に切ない表情を見せてフロアを魅了。益田珠希のキュートな歌声や山本花奈のはつらつとしたボーカルなど、それぞれ安定感のあるソロパートに目を奪われた。

益田珠希(マジカル・パンチライン)<六本木アイドルフェスティバル2023>六本木ヒルズアリーナ(2023年7月2日)
ポスト
益田珠希(マジカル・パンチライン)<六本木アイドルフェスティバル2023>六本木ヒルズアリーナ(2023年7月2日)
山本花奈(マジカル・パンチライン)<六本木アイドルフェスティバル2023>六本木ヒルズアリーナ(2023年7月2日)
ポスト
山本花奈(マジカル・パンチライン)<六本木アイドルフェスティバル2023>六本木ヒルズアリーナ(2023年7月2日)

“今年は声出しも解禁されたということで、みんなの声が聞こえているのがとっても嬉しいです! その調子で私たちと一緒にタオル回してくださいーー!”の叫びで始まったのは、タオル曲「ぱーりないと!!」。彼女たちが一段と高いテンションで“オイ! オイ! オイ!“とフロアを鼓舞すると、これまで控えめに振りコピやコールをしていたオーディエンスも彼女たちの熱量に圧倒され全力でタオルをグルグルと回しまくる。タオルがウマく回転できないほど、嬉しさがあふれ、パフォーマンスに熱が入り過ぎていた吉澤の姿も印象深かった。

吉澤悠華(マジカル・パンチライン)<六本木アイドルフェスティバル2023>六本木ヒルズアリーナ(2023年7月2日)
ポスト
吉澤悠華(マジカル・パンチライン)<六本木アイドルフェスティバル2023>六本木ヒルズアリーナ(2023年7月2日)

「ぱーりないと!!」での昂った感情のまま、宇佐美空来の伸びやかな歌い出しで始まったのは「渚のサーフライダー」。これまで以上に躍動感のあるステージを展開し、観客も5人の勢いに負けないように最後までコールで応えて、大きな一体感の中ライブを締め括った。

宇佐美空来(マジカル・パンチライン)<六本木アイドルフェスティバル2023>六本木ヒルズアリーナ(2023年7月2日)
ポスト
宇佐美空来(マジカル・パンチライン)<六本木アイドルフェスティバル2023>六本木ヒルズアリーナ(2023年7月2日)

“初めてマジパンを観る人も最後まで楽しんでいってください”と、最初に沖口が宣言したように、夏フェスを盛り上げるに相応しいセットリストで、問答無用に大勢の観客を巻き込み、熱気あふれるフロアを作り上げたマジカル・パンチライン。“観る者すべてを全力で楽しませるぞ“と、そんな5人の覚悟と情熱が伺えたステージであった。

マジカル・パンチライン<六本木アイドルフェスティバル2023>六本木ヒルズアリーナ(2023年7月2日)
ポスト
マジカル・パンチライン<六本木アイドルフェスティバル2023>六本木ヒルズアリーナ(2023年7月2日)

マジカル・パンチライン<六本木アイドルフェスティバル 2023>

7月30日(日)
六本木ヒルズアリーナ

M1 Shiny Shoes
M2 あいわなびー
MC
M3 ぱーりないと!!
M4 渚のサーフライダー

  • トップページ
  • レポート
  • マジカル・パンチライン[六本木アイドルフェスティバル2023ライブレポート]ポップチューンの連続投下で会場全体を巻き込んだ全力パフォーマンス「初めてマジパンを観る人も最後まで楽しんでいってください!」