(C)AbemaTV,Inc.

(C)AbemaTV,Inc.

影山優佳、オリジナルポーズがあのお笑いトリオの決めポーズにそっくり!?「なんとかして見つからないようにしたい(笑)」『ABEMAスポーツタイム』出演

影山優佳が、7月30日(日)22:00より生放送されたスポーツ新番組『ABEMAスポーツタイム』に出演した。

同番組は、“スポーツの熱狂を先取りする”ことを目指す新感覚のスポーツ番組。現在ABEMAで生中継しているメジャーリーグベースボール(以下、MLB)を中心に、サッカーなど注目スポーツの最新情報を毎週日曜22:00から生放送でお届けしている。

今回の放送回では、番組のスペシャルサポーターを務める元日向坂46の影山優佳に加え、サッカーのメインコメンテーターとして元サッカー日本代表の槙野智章、野球のメインコメンテーターとして『ABEMA BASEBALL SPECIAL SUPPORTER』でもあり元メジャーリーグ選手の川崎宗則が出演した。

サッカーコーナーでは、日本代表のエースナンバー“背番号10”を新たに背負うこととなったフライブルク所属の堂安律選手の魅力について影山がプレゼン。“背番号10”への想いについて、堂安選手は“誰からも認められて、大事な時に日本を救えるような選手が背番号10をつけるべきだと思っている。だからこそ、「10」という数字は、自分を成長させてくれる数字になっていくだろう”と語った。さらに、背番号10を告げられた瞬間を振り返ると、“日本代表のマネージャーと普通の会話をしていたら急に告げられて、緊張した(笑)”と笑みを見せた。この話を受けて、槙野は“森保JAPANでは、背番号を監督ではなくてチームマネージャー含めた関係者で決めている。これはなかなかないパターン”と解説した上で、“日本代表の背番号10を付けたい気持ちはみんな持っている。僕も「10番をつけたい」と言った。香川真司選手も立候補して、僕らの時代では選手同士の話し合いで決めていたから、香川の想いを聞いた。そしたら、僕にすごく刺さったので、譲ったんです”と明かした。

また、堂安選手が映るSNS投稿の中から“気になる写真”をピックアップ。写真には、結婚式の高砂席に満面の笑みで映る堂安選手の姿が。そして、独身なはずの堂安選手の隣には、同じく笑顔で映る人影が。その正体は槙野だ。槙野は自ら“俺は何をしとるんや!”と笑いを誘った上で、“チームメイトの結婚式で新郎新婦がお色直しで席を外していた間に、僕らが座ってみた。もしかしたら、新郎新婦よりもカメラが向いていたかも(笑)”と照れ笑いを浮かべ、仲のよさを明かした。

さらに番組では、前回の放送後にSNSで募集した「影ちゃんのオリジナルポーズ」を影山が披露。影山のキャッチフレーズ“あなたのハートにゲーゲンプレス!”にちなんで、両頬をこぶしで挟んだポーズや、ライブでよくやっていたヘアスタイル“ツインお団子”をこぶしで表現した“くまかげポーズ”をやってみせた。さらに、“右手はK、左手はYで、影山優佳の頭文字ポーズ”を提案されると、槙野は“あれ? これって……”とざわざわ。お笑いトリオ・ぱーてぃーちゃんの決めポーズに似ていると気づいた影山は、酷似していることにツッコミを入れつつも、ポーズを気に入った様子で、ノリノリでポーズを決め続ける。影山が“なんとかして見つからないようにしたい(笑)”と話す中、視聴者からは“可愛い~”“KYポーズだ!”“カッコいい”というコメントが多く寄せられた。影山のオリジナルポーズで盛り上がると、槙野と川崎は“僕らもポーズほしいな~”とおねだり。引き続き、Twitterの「#にちよるはスポタイ」にて、影山のオリジナルポーズとともに、槙野と川崎への決めポーズも募集している。

『ABEMAスポーツタイム』#5より

次ページ

  • 1
  • トップページ
  • ニュース
  • 影山優佳、オリジナルポーズがあのお笑いトリオの決めポーズにそっくり!?「なんとかして見つからないようにしたい(笑)」『ABEMAスポーツタイム』出演