=LOVE、≠ME、≒JOY[ライブレポート]多彩なステージで1万人のファンを魅了した合同フェス初日公演「世界で1番最高のお祭りをありがとうございました!」

=LOVE、≠ME、≒JOY[ライブレポート]多彩なステージで1万人のファンを魅了した合同フェス初日公演「世界で1番最高のお祭りをありがとうございました!」

=LOVE、≠ME、≒JOY[ライブレポート]多彩なステージで1万人のファンを魅了した合同フェス初日公演「世界で1番最高のお祭りをありがとうございました!」

=LOVE、≠ME、≒JOYによる合同コンサート<イコノイジョイ 2023>の初日公演が、本日7月29日(土)に山梨・富士急ハイランド コニファーフォレストで開催された。本記事では、オフィシャルレポートをお届けする。

=LOVE、≠ME、≒JOY<イコノイジョイ 2023>富士急ハイランド コニファーフォレスト(2023年7月29日)

3グループがその日限りの特別なライブパフォーマンスをくり広げる夏の合同フェス<イコノイジョイ 2023>。今年は昨年に続く2回目の開催で、初の2デイズ公演へと規模が拡大された。本日の初日公演は<うぉーたー&あわあわパーティー>と題して水や泡を使った演出をふんだんに取り入れた、夏らしいセットリストのライブに。観客の声出しが可能になったことも相まって、会場に集まった約1万人のファンと一体になって、まさにパーティのような盛り上がりが生まれた。

会場周辺の天気はまぶしいほどの快晴。開演時刻は夕方だが、抜けるような青空からコニファーフォレストに真夏の日差しが降り注いだ。オープニングでは「Overture」に合わせてスクリーンに映し出された映像にカウントダウンが表示され、ライブ開幕の瞬間から会場全体のテンションが上昇する。夏らしい法被風の衣装を身にまとって登場した=LOVE、≠ME、≒JOYは、そのカウントダウンがゼロになると、観客とともに水色のジェット風船を一斉に頭上へ飛ばした。開放感あふれる光景に歓声が上がる中、ライブの幕開けを飾ったのは=LOVEの爽やかなサマーチューン「ウィークエンドシトロン」。会場に設置されたウォーターキャノン、メンバーが持つ放水銃から盛大に水が撒かれた。

その後も3組揃ってのパフォーマンスが続き、「す、好きじゃない!」(≠ME楽曲)ではメンバーが水鉄砲やバケツ、たらいで水をかけ合って大はしゃぎする。ヘッドホンを首にかけた諸橋沙夏が“DJ SANA”になりきって観客を勢いよく煽り始めると、ほかのメンバーは水だけではなく、客席エリアに向かって大量の泡も発射。泡を使った演出は、今年の<イコノイジョイ 2023>から導入された初の試みで、会場全体に高揚感と清涼感がもたらされた。

続いてライブはユニット曲のコーナーへ。≠MEの鈴木瞳美、谷崎早耶がバスタブに入って「サマーチョコレート」をキュートに歌ったかと思えば、=LOVEの佐々木舞香が無数のシャボン玉に包まれながらソロ曲「真夜中マーメイド」で儚い歌声を響かせ、さらに≠MEの蟹沢萌子と冨田菜々風がユニット曲「ピオニーズ」を情熱的に歌い上げるなど、幅広いパフォーマンスに観客が夢中になった。

ライブ中盤からは3グループそれぞれの単独パフォーマンスがスタート。まずは昨年の<イコノイジョイ 2022>がステージデビューとなり、この1年で大きな成長を遂げた≒JOYが、市原愛弓の初センター曲である最新曲「大空、ビュンと」を疾走感いっぱいに堂々と初披露した。次の≠MEの出番前には、9月6日(水)にリリースされる7thシングルの表題曲「想わせぶりっこ」のMVが会場のスクリーンを使って初公開された。可愛らしい恋のナンバーに仕上がったこの曲でセンターポジションに抜擢されたのは、表題曲初センターとなる鈴木瞳美。MVの上映後、ステージに姿を現した≠MEは、早速「想わせぶりっこ」を初披露し、鈴木の“ちゅーする?”というセリフをはじめとする王道アイドル感あふれるパフォーマンスで観客の心を鷲づかみにした。

=LOVEは、7月19日(水)にリリースしたばかりの最新シングルより、夏の空気感を詰め込んだ表題曲「ナツマトぺ」をはつらつと披露。さらに=LOVEはメンバーがプロデューサー・指原莉乃と歌詞を共作し、メンバーが順に他己紹介し合う「ヒロインズ」をライブ初パフォーマンスした。

=LOVEの山本杏奈、≠MEの落合希来里、永田詩央里、≒JOYの江角怜音、藤沢莉子、村山結香がダンスパフォーマンスを披露し、観客の視線を釘付けにしたあとは、彼女たちの前に=LOVEの齋藤樹愛羅が颯爽と登場。6人を率いながら、ソロ曲であるクールなダンスナンバー「Kiara Tiara」を堂々とパフォーマンスして歓声を浴びた。続いては=LOVEの野口衣織がソロ曲「拝啓 貴方様」を情感たっぷりに歌唱。和傘をさす野口に雨のように水が降り注ぎ、楽曲が持つ大人びたムードが会場中に充満した。

日没が近付いてきた頃、ライブはいよいよラストスパートへと突入。3グループが一体になっての迫力満点のステージがくり広げられていく。≒JOY「今日も君の夢を見たんだ」ではカラフルな傘、≠ME「まほろばアスタリスク」では光るマイクスタンドがメンバーの手元に。=LOVE「青春”サブリミナル”」の途中にはメンバーがトロッコに乗り込み、会場のあちこちに笑顔を振りまいた。そして=LOVE、≠ME、≒JOYの3グループが登場する協力パズルアプリゲームの配信が決定したことを発表したのち、3組はコラボ曲「トリプルデート」をにぎやかに披露。夜空に勢いよく打ち上がった花火が彼女たちの織りなす“パーティ”を彩った。

アンコールでは、≠ME「君はこの夏、恋をする」、=LOVE「夏祭り恋慕う」といった夏曲が畳みかけられ、会場のテンションが再上昇。興奮が冷めやらぬ中、=LOVE初のライブフィルム映画『=LOVE Today is your Trigger THE MOVIE』が、9月22日(金)より全国で公開されることも明らかに。同作は今年1月から3月にかけて開催された <=LOVE全国ツアー2023『Today is your Trigger』>の東京・日本武道館公演でのライブパフォーマンスを中心に描かれる。

ラスト、=LOVE、≠ME、≒JOYは、<うぉーたー&あわあわパーティー>の締めくくりに「ナツマトぺ」をコラボ。この日1番の量の泡がメンバーを包み込んだ。=LOVEリーダーの山本杏奈は“メンバー34人と、今日来てくださったみなさん、そして配信を観てくださっているみなさんと、みんなで夏の最高の想い出ができたんじゃないかと思います! イコノイジョイ最高! 世界で1番最高のお祭りをありがとうございました!”と、初日公演を無事に終えた喜びと、来場者とライブ配信視聴者への精一杯の感謝の気持ちを伝え、大盛況のうちに<イコノイジョイ 2023>の初日の幕が閉じた。

<イコノイジョイ 2023[DAY1公演]「うぉーたー&あわあわパーティー」>

2023年7月29日(土)
富士急ハイランド コニファーフォレスト

★3組 
1.ウィークエンドシトロン/=LOVE ★
2.す、好きじゃない!/≠ME ★
3.スイートシックスティーン/≒JOY ★
4.Want you!Want you!/=LOVE ★
5.こちらハッピー探検隊/≠ME ※落合希来里、河口夏音、櫻井もも、永田詩央里、本田珠由記
6.わたし、魔法使い/=LOVE ※大谷映美里、音嶋莉沙
7.サマーチョコレート/≠ME ※鈴木瞳美、谷崎早耶
8.真夜中マーメイド/=LOVE ※佐々木舞香
9.2時半ろけんろー/≠ME ※永田詩央里、 本田珠由記
10.ピオニーズ/≠ME ※冨田菜々風、蟹沢萌子
11.大空、ビュンと/≒JOY ※7月19日配信 6th song
12.想わせぶりっこ /≠ME ※9月6日発売 7thシングル表題曲
13.ナツマトぺ/=LOVE ※7月1日9発売 14thシングル表題曲
14.超孤独ライオン/≒JOY
15.天使は何処へ/≠ME
16.Junkies/=LOVE
17.ヒロインズ/=LOVE ※7月19日発売 14thシングルカップリング曲
18.Kiara Tiara/=LOVE ※齋藤樹愛羅(=LOVE)、山本杏奈(=LOVE)落合希来里(≠ME)、永田詩央里(≠ME)、江角怜音(≒JOY)、藤沢莉子(≒JOY)、村山結香(≒JOY)
19.拝啓 貴方様/=LOVE ※野口衣織(=LOVE)
20.今日も君の夢を見たんだ/≒JOY ★
21.まほろばアスタリスク/≠ME ★
22.青春"サブリミナル"/=LOVE ★
23.はにかみショート/≠ME ★
24.この空がトリガー/=LOVE ★
MC
25.トリプルデート/イコノイジョイ ★

ï¼»ENCOREï¼½
1.君はこの夏、恋をする/≠ME ★
2.夏祭り恋慕う/=LOVE ★
MC
3.ナツマトぺ/=LOVE ★ ※7月19日発売 14thシングル表題曲

  • トップページ
  • レポート
  • =LOVE、≠ME、≒JOY[ライブレポート]多彩なステージで1万人のファンを魅了した合同フェス初日公演「世界で1番最高のお祭りをありがとうございました!」