<@JAM EXPO 2018>8月25日「ベイビーレイズJAPAN」ストロベリーステージ

<@JAM EXPO 2018>8月25日「ベイビーレイズJAPAN」ストロベリーステージ

【@ JAM EXPO 2018レポート】ベイビーレイズJAPAN、渾身アクトに奇跡のアンコール実現<@JAM EXPO 2018>が、2018年8月25日、26日に横浜アリーナで開催された。“アイドルの博覧会”として、多種多彩なグループが5つのライブステージで個性あふれるパフォーマンスをくり広げた中から、8月25日のストロベリーステージでのベイビーレイズJAPANのライブレポートをお届けしよう。

Pop'n'Roll 編集部

Pop'n'Roll 編集部

2018.10.07

9月24日に解散することが発表されているベイビーレイズJAPAN。「ベイビーレイズJAPAN」とグループ名が映し出されると、メンバーが登場する前から会場からは大きな歓声が上がった。

"ラストライブまであと1ヶ月"という文字がモニターに映し出され、メンバーがそれぞれグループやファンへの想いを語る。

いよいよ登場したメンバーを前に、会場は大盛り上がり。

ステージを踏みしめるかのように、ゆっくりと歩みを進めていくメンバー。その姿を見て、会場からは自然と拍手が巻き起こった。

「TIGER SOUL」では、「虎の魂」という歌詞の部分に想いをのせるかのように熱がこもる。

ドラマの主題歌として話題となった「暦の上ではディセンバー」。林愛夏の伸びやかでまっすぐな歌声が光る。途中のラップ部分では、のんすけこと、高見奈央が、被っていた帽子を客席に投げ入れる場面も。

解散前、最後のアイドルフェスとなる@JAM EXPO。

「虎虎 タイガー!!」のイントロが流れると、会場全体から大歓声。その期待に応えるように、メンバーも全力のパフォーマンス。

「閃光Believer」
「ベイビーレボリューション 」
「何度でも」
こぶしを力強く振り上げる。メンバーたちの想いがより反映されている。

傳谷英里香「アットジャムさんを通して見えるたくさんの笑顔が好きでした」という挨拶が会場全体を優しく包み込む。

彼女達の全力のパフォーマンスに、メンバーたちがステージから捌けた後もいつまでも拍手が鳴り止まず、まさかのアンコールが発動。

最後は、ベイビーレイズJAPANの代名詞ともいえる「夜明け Brand New Days」。そこにはただ"愛"だけが存在していた。

取材・文:永山あるみ

<@JAM EXPO 2018>8月25日「ベイビーレイズJAPAN」ストロベリーステージ
<@JAM EXPO 2018>8月25日「ベイビーレイズJAPAN」ストロベリーステージ
<@JAM EXPO 2018>8月25日「ベイビーレイズJAPAN」ストロベリーステージ
<@JAM EXPO 2018>8月25日「ベイビーレイズJAPAN」ストロベリーステージ
<@JAM EXPO 2018>8月25日「ベイビーレイズJAPAN」ストロベリーステージ
<@JAM EXPO 2018>8月25日「ベイビーレイズJAPAN」ストロベリーステージ
<@JAM EXPO 2018>8月25日「ベイビーレイズJAPAN」ストロベリーステージ
<@JAM EXPO 2018>8月25日「ベイビーレイズJAPAN」ストロベリーステージ