<@JAM EXPO 2018>8月26日「PASSPO☆」ストロベリーステージ

<@JAM EXPO 2018>8月26日「PASSPO☆」ストロベリーステージ

【@ JAM EXPO 2018レポート】PASSPO☆、@ JAMラストフライト「みなさんと、全アイドルに捧げます」<@JAM EXPO 2018>8月26日の「PASSPO☆」ストロベリーステージの模様をレポート

Pop'n'Roll 編集部

Pop'n'Roll 編集部

2018.10.06

<@JAM EXPO 2018>が、2018年8月25日、26日に横浜アリーナで開催された。“アイドルの博覧会”として、多種多彩なグループが5つのライブステージで個性あふれるパフォーマンスをくり広げた中から、8月26日のストロベリーステージでのPASSPO☆のライブレポートをお届けしよう。

2日目のトリ前を務めたPASSPO☆

これまで9年間の活動を通して、9月22日に東京・中野サンプラザホールで開催されるワンマンライブをもって解散することが決定しているPASSPO☆は、この日が@JAM EXPOでの「ラストフライト」となった。

そのスタートを切ったのはメジャー1stシングル「少女飛行」。

続いては、@JAM EXPOのために持ってきたという、夏メドレーを披露。
「夏空HANABI」「ViVi夏」と、PASSPO☆の人気曲が並んだ。

「ViVi夏」では、増井みおパートの後に「みおみおファイヤー」コールも。

この2曲は「ぱすぽ☆」時代にリリースされた楽曲であるが、その当時とはまた違った表現方法を彼女たちは徐々に身につけていったのではないだろうか。

そのまま夏曲メドレーは続いていく。甘酸っぱい恋心を歌った「HONEY DISH」「Pretty Lie」。

MCでは、これまでのアットジャムとの思い出、そして感謝を語る。

「最後はこの会場にいるみなさんと、全アイドルに捧げます」という言葉から、「Music Navigation」。

その言葉通り、観る者たちすべてを魅了するパフォーマンスを披露した。

取材・文:永山あるみ

<@JAM EXPO 2018>8月26日「PASSPO☆」ストロベリーステージ
<@JAM EXPO 2018>8月26日「PASSPO☆」ストロベリーステージ
<@JAM EXPO 2018>8月26日「PASSPO☆」ストロベリーステージ
<@JAM EXPO 2018>8月26日「PASSPO☆」ストロベリーステージ
<@JAM EXPO 2018>8月26日「PASSPO☆」ストロベリーステージ
<@JAM EXPO 2018>8月26日「PASSPO☆」ストロベリーステージ
<@JAM EXPO 2018>8月26日「PASSPO☆」ストロベリーステージ
<@JAM EXPO 2018>8月26日「PASSPO☆」ストロベリーステージ