マーキュロ 翠城ニア、紫月レンゲ、芥タマキ[インタビュー]異端児たちが1年で掴んだ自信と大きな野望「何言っても、何やっても許されるくらいの実力と知名度を手に入れたい」

マーキュロ 翠城ニア、紫月レンゲ、芥タマキ[インタビュー]異端児たちが1年で掴んだ自信と大きな野望「何言っても、何やっても許されるくらいの実力と知名度を手に入れたい」

マーキュロ 翠城ニア、紫月レンゲ、芥タマキ[インタビュー]異端児たちが1年で掴んだ自信と大きな野望「何言っても、何やっても許されるくらいの実力と知名度を手に入れたい」マーキュロ 翠城ニア、紫月レンゲ、芥タマキ インタビュー

ダークな世界観を放つアーティスト写真や、血糊で染められたセーラー服衣装、ライブでは観客に土下座をさせるなど、女性アイドルグループでは類を見ない存在で注目を集めているマーキュロ。

2023年6月で1周年を迎え、6月26日(月)にLIQUIDROOMで開催する生バンドセットのワンマンライブのチケットは完売。デビューから1年で大きな躍進を遂げている彼女たちは、一体何者なのか? 今回、その正体を探るため、我執キル&珖夜ゼラ&藍咲ユウリ&雅楽代カミテ、翠城ニア&紫月レンゲ&芥タマキの2組に分けてインタビューを実施。

この翠城ニア&紫月レンゲ&芥タマキのインタビューでは、彼女たちがパフォーマンスやビジュアル面、グループ&個人としての野望、さらにマーキュロの振り付けなどに取り入れているV系要素について語ってもらった。“絶望”を歌うサブカル系アイドルグループが目指す未来とは? 3人が思いのままに口にした熱い想いを真っ直ぐにお届けする。

撮影:河邉有実莉

中指を立てたり、普段できないことだからスカッとします(レンゲ)

——キラキラと希望を歌うアイドルが多い中で、絶望を歌っているマーキュロですが、自分たちとしては自身のことをどう思っていますか?

芥タマキ(以下、タマキ):
マーキュロの曲を聴いてると元気が出ます。

翠城ニア(以下、ニア):
共感性があって、感情移入しやすいんですよ。

紫月レンゲ(以下、レンゲ):
自分も強くなれるような気がします。

タマキ:
逆に明るい曲を聴くと病んじゃう。

レンゲ:
確かに。眩しすぎる。

タマキ:
マーキュロの歌の方が元気が出るんですよ。

——それは普段の自分に近いからですか?

一同:
うんうん。

——好きな曲や、グッとくるフレーズなどはありますか?

ニア:
歌詞は「ピエロ」が好きです。“狂愛”みたいな、狂った愛というのが自分の思考と似ていて好きです。入り込みやすい曲ですね。

マーキュロ「ピエロ」

タマキ:
「自殺願書」の自分が歌っている《死にたいんじゃない生きたくないの》の歌詞なんですけど、このフレーズは昔からずっと言ってたことだったから、“これ、歌っていいんですか!?”って思いました。歌いたかったところが歌えて、嬉しかったです。歌っていて楽しい!

マーキュロ「自殺願書」踊ってみた

レンゲ:
自分は「絶望セカイ」。暴れ曲なんですけど、観客に向かって中指を立てたり、普段できないことだからスカッとします。日々嫌なことの鬱憤をみんなで暴れて発散することができる曲だと思うので、めっちゃ好きです。頭も振るし。

マーキュロ「絶望セカイ」LIVE MV

——4人(我執キル、珖夜ゼラ、藍咲ユウリ、雅楽代カミテ)のインタビューでは、歌っていて思わず泣いちゃう時があると言っていました。

タマキ:
うんうんうん。

ニア:
あるー。

レンゲ:
「存在証明」の自分のパートで《「偶然」じゃなく「必然」だと キミにキミに出逢えて思えた》という歌詞があって、そこで感情移入しすぎて、たまに泣きます。

ニア:
うん、わかる!

——自分で歌いながら泣けるって、なんかいいですよね。だからこそ聴き手にもしっかり伝わる、刺さる。

レンゲ:
ちょっと恥ずかしいですけど……。

タマキ:
歌わされてるんじゃなくて、みんな歌詞に共感した上で歌ってるから、それが伝わりやすいのかなと思います。

次ページ

  • 1
  • トップページ
  • インタビュー
  • マーキュロ 翠城ニア、紫月レンゲ、芥タマキ[インタビュー]異端児たちが1年で掴んだ自信と大きな野望「何言っても、何やっても許されるくらいの実力と知名度を手に入れたい」