【@ JAM EXPO 2018レポート】MEY、クールな表情で魅了したラストステージ

【@ JAM EXPO 2018レポート】MEY、クールな表情で魅了したラストステージ

【@ JAM EXPO 2018レポート】MEY、クールな表情で魅了したラストステージ<@JAM EXPO 2018>8月26日の「MEY」ストロベリーステージの模様をレポート

2018.10.07

<@JAM EXPO 2018>が、2018年8月25日、26日に横浜アリーナで開催された。“アイドルの博覧会”として、多種多彩なグループが5つのライブステージで個性あふれるパフォーマンスをくり広げた中から、8月26日のストロベリーステージでのMEYのライブレポートをお届けしよう。

<@JAM EXPO 2018>8月26日「MEY」ストロベリーステージ

今年の<@JAM EXPO>に向けて結成された期間限定ユニット「MEY」。鶴見萌(虹のコンキスタドール)、安藤笑(愛乙女☆DOLL)、沖口優奈(マジカル・パンチライン)の3名による美脚スレンダーユニットである。

5月に結成してから<@JAM EXPO 2018>までの約3ヵ月間走り抜けてきた3人。MCでは、初披露時から観客がコールを入れてくれて嬉しかったなど、これまでの思い出話なども語った。

フードを被ってから始まる「Shine」。そのフードをようやく脱ぐのは、曲のカラーが変化する2番から。

メンバーの表情はフードを被っている間はこちらからはほとんど伺うことはできないが、それぞれの所属グループではなかなか見ることのできないクールな表情を見ることができるのも、MEYの大きな魅力の1つだろう。

美脚を思う存分魅せながら、それぞれの想いがたっぷりと詰まったステージング。<@JAM EXPO>だけでなく、数々のアイドルフェスにてパフォーマンスを披露してきたMEY。惜しくも<@JAM EXPO>で解散となるが、その集大成を横浜アリーナのメインステージで披露した。

取材・文:永山あるみ

<@JAM EXPO 2018>8月26日「MEY」ストロベリーステージ
<@JAM EXPO 2018>8月26日「MEY」ストロベリーステージ
<@JAM EXPO 2018>8月26日「MEY」ストロベリーステージ
<@JAM EXPO 2018>8月26日「MEY」ストロベリーステージ
<@JAM EXPO 2018>8月26日「MEY」ストロベリーステージ
<@JAM EXPO 2018>8月26日「MEY」ストロベリーステージ
<@JAM EXPO 2018>8月26日「MEY」ストロベリーステージ
<@JAM EXPO 2018>8月26日「MEY」ストロベリーステージ