乃木坂46[齋藤飛鳥 卒業コンサート初日公演レポート]多彩なパフォーマンスとともに伝えたメンバーへの深い想い「私への愛情を、これからはメンバーのみんなに向けてくれたら嬉しい」

乃木坂46[齋藤飛鳥 卒業コンサート初日公演レポート]多彩なパフォーマンスとともに伝えたメンバーへの深い想い「私への愛情を、これからはメンバーのみんなに向けてくれたら嬉しい」

乃木坂46[齋藤飛鳥 卒業コンサート初日公演レポート]多彩なパフォーマンスとともに伝えたメンバーへの深い想い「私への愛情を、これからはメンバーのみんなに向けてくれたら嬉しい」

乃木坂46 1期生・齋藤飛鳥の卒業コンサート初日公演が、5月17日(水)に東京ドームにて開催された。

昨年12月末をもってグループを卒業済みの齋藤だったが、同日と翌18日(木)に同会場で実施される公演を最後に正式にグループを離れることとなり、初日公演には5万人もの観客が集結。さらにインターネット生配信も行なわれるなど、大勢のファンが“アイドル・齋藤飛鳥”として残り少ないステージの模様を目撃した。

本記事では、初日公演のオフィシャルレポートをお届けする。

<乃木坂46 齋藤飛鳥 卒業コンサート>東京ドーム(2023年5月17日)

取材&文:西廣智一

未来へ向けて羽ばたく白い羽根をモチーフにしたステージセットがそびえる中、暗転とともに客席が白+水色の齋藤カラーのペンライトで客席が染め上げられる。すると、「Overture」に続いてステージには齋藤のシルエットが浮かび上がり、白い衣装を身に纏った彼女にスポットが当たる。彼女は若干緊張した面持ちながらも、ゆっくりと歩いてアリーナ中央のサブステージへと移動。客席から盛大な拍手が送られると、その表情にふと笑みが溢れ、客席を見渡してから深々と一礼する。そのまま流麗なピアノの音色とともに、「ここにはないもの」からライブはスタート。齋藤のソロ歌唱に導かれるように選抜メンバーがステージに上がると、さらに美しい空間が展開されていく。曲のクライマックスでは羽根や銀テープが舞う幻想的な演出も用意されるなど、<齋藤飛鳥 卒業コンサート>DAY1は華々しい幕開けを切った。

「ありがちな恋愛」では曲中に観客のコールも加わり、会場の熱量が急加速。間奏では齋藤のソロダンスに合わせて火花が吹き上がる派手な演出も見られ、続く「制服のマネキン」ではこの日の出演メンバーが勢揃いし、激しい爆発音が鳴り響く中で情熱的なダンスをくり広げる。ここまでクールな楽曲が続いたが、その後は「ハウス!」「ダンケシェーン」と一体感を高めるのに欠かせない楽曲を連発。齋藤は“久々にみんなの声が聞けるのを楽しみにしてました!”と嬉しそうに叫びながら、メンバーとともに鳥をイメージしたトロッコに乗って会場を一周する。

最初のMCでキャプテンの梅澤美波が“東京ドームで歓声を聞けるのも、初めての東京ドーム(2017年11月)以来のこと”と告げると、齋藤は“これを聞くためにこの数ヵ月生きてきたので、すごく嬉しいです”と口にしてから“ご覧のとおり、すごく楽しげです。緊張はするけど楽しさが勝っているし、このライブ自体もすごく楽しいセットリストと演出を用意してもらったので、卒業だけに重点を置かずに、みんなのキラキラを観てもらえたら嬉しいです”と笑みを浮かべる。

その後、映像を通じて“どうやったらこの人たち(現メンバー)の未来につながりつつ、私もいい旅立ちができるかを擦り合わせるのが難しくて。卒コンなので、どうしても私がめちゃくちゃ出ているんですけど、その中でも満遍なくみんなしっかりと出してあげたいし、絡みたいし、ちゃんと全員と目が合うようにしたい”と齋藤からこの日のセットリストの趣旨が告げられると、「私、起きる。」「のような存在」「僕のこと、知ってる?」と、齋藤に3〜5期生を交えたスペシャル編成で披露。今後2度と観られない組み合わせと選曲に、イントロが鳴り響くたびに客席からはどよめきの声が上がる。また、続くブロックでは現在のアンダーメンバーを携えて、齋藤が初めてセンターを務めたアンダー曲「扇風機」や「あの日 僕は咄嗟に嘘をついた」、3〜4期生とともに「Hard to say」をパフォーマンスして、緩急に富んだセットリストで会場を沸かせ続けた。

ライブ中盤は、齋藤が参加したユニット曲を中心に進行。クールでキレのあるダンスとともに「Another Ghost」をソロ歌唱したかと思えば、「Threefold choice」では岩本&小川を迎えて可愛らしさに振り切る。また、「サヨナラ Stay with me」を3〜4期生を交えた布陣でカラフルに表現し、「路面電車の街」を山下美月&賀喜遥香の3人でしっとりと歌い継ぐ。さらに、かつてライブでも披露した経験のある齋藤&遠藤さくらによる「他の星から」の再演で、オーディエンスのボルテージも急加速。エンディングでは齋藤が遠藤の頭をポンと叩くと、遠藤が感極まる一幕もあった。その後は鳥型トロッコやフロートを使ってメンバーが会場中を動き回りながら、「空扉」「全部 夢のまま」をメンバー全員で披露して会場の熱量を上げ続けた。

ライブ後半戦は「Wilderness world」をはじめ、ダンスの比重が高い楽曲がずらりと並ぶ。気心の知れた3〜4期生のみならず、加入から1年数ヵ月の5期生も交えた編成ながらも、齋藤の気迫に追いつこうとする熱量と華麗さが入り混じったパフォーマンスで、見る者を惹きつけた。続く「インフルエンサー」では齋藤&山下がダブルセンターを務め、激しくも情熱的なダンスで会場の空気を掌握。観客のシンガロングが加わり迫力を増した「深読み」、2017年11月の初東京ドーム公演を思い出させる「いつかできるから今日できる」、齋藤と山下が中心のコール&レスポンスを経て、「あらかじめ語られるロマンス」「ジコチューで行こう!」で観客の声援がさらに熱を帯びライブは佳境に突入する。

ライブ本編最後のブロックでは、ストリングス隊を含むバンド編成でのステージを用意。バンドメンバーによるインストセッションを経て、齋藤もドラムで演奏に加わると観客もより熱の入った声援を送ることに。そしてメンバーが再登場すると、齋藤もドラム演奏で加わる形で「君に叱られた」を披露する。こういった形のライブが行なえるのも、音楽と真摯に向き合ってきた彼女ならではのこと。続く「裸足でSummer」では齋藤もパフォーマンスに加わり、パワフルな生演奏を背に多幸感に満ち溢れたステージが展開され、最後はオーディエンスのクラップ&シンガロングや齋藤の華麗なソロダンスをフィーチャーした「Sing Out!」で、ライブ本編を締め括った。

アンコールでは、昨年の<真夏の全国ツアー2022>でも話題にあった“トリンギョ”が再登場するサプライズも。観客との微笑ましいやりとりを経て、トリンギョ型気球に乗った齋藤が会場上空に姿を現すと、「キャラバンは眠らない」「他人のそら似」を立て続けに披露。曲中、齋藤がトリンギョの正体は自分だと明かす場面もあり、ステージ上を縦横無尽に動き回るメンバーとともに笑顔で満ち溢れた空間を作り上げていった。

その後、ステージに齋藤が1人残ると、“明日(のライブを)観られない人のために少しだけお話を”と今の心境を伝えていく。彼女は今年2月の<乃木坂46 11th YEAR BIRTHDAY LIVE>を配信で視聴し、“すごく素敵だったから、みんなが未来に向かって歩き出しているのに、私の卒コンをやったら過去に立ち返らせてしまうからどうしよう”と自身の卒業コンサート開催に対して不安を覚えたという。しかし、周りのスタッフやメンバーからの温かい後押しもあり開催を決意したことを明かす。そして、“私への愛情を、これからはメンバーのみんなに向けてくれたら嬉しいです。これからの乃木坂46をどうかよろしくお願いします”とメッセージを届けて、彼女の卒業に際して制作されたソロ曲「これから」をライブ初披露。途中、歌詞を間違える一幕もあったが、最後は笑みを浮かべて深々とお辞儀する。

歌唱後も歌詞を間違えたことを悔しがる齋藤だったが、梅澤をはじめメンバーに対して“見守ってくれてありがとう”と告げ、“今日は(感傷的になるよりも)想像していたよりも楽しくて”と今の気持ちを口にする。そして、「乃木坂の詩」で東京ドームを紫色に染め上げ、3時間近くにおよぶ卒業コンサート初日を大成功のうちに終えた。

<乃木坂46 齋藤飛鳥 卒業コンサート>

2023年5月17日(水)
東京ドーム

Overture
01. ここにはないもの
02. ありがちな恋愛
03. 制服のマネキン
04. ハウス!
05. ダンケシェーン
06. 私、起きる。
07. のような存在
08. 僕のこと、知ってる?
09. 扇風機
10. あの日 僕は咄嗟に嘘をついた
11. Hard to say
12. Another Ghost
13. Threefold choice
14. サヨナラ Stay with me
15. 路面電車の街
16. 他の星から
17. 空扉
18. 全部 夢のまま
19. Wilderness world
20. インフルエンサー
21. 深読み
22. いつかできるから今日できる
23. あらかじめ語られるロマンス
24. ジコチューで行こう!
25. 君に叱られた
26. 裸足でSummer
27. Sing Out!

アンコール
28. キャラバンは眠らない
29. 他人のそら似
30. これから
31. 乃木坂の詩

  • トップページ
  • レポート
  • 乃木坂46[齋藤飛鳥 卒業コンサート初日公演レポート]多彩なパフォーマンスとともに伝えたメンバーへの深い想い「私への愛情を、これからはメンバーのみんなに向けてくれたら嬉しい」