【@ JAM EXPO 2018レポート】アプガ、スパガによるPASSPO☆トリビュートステージ、3組の絆に涙

【@ JAM EXPO 2018レポート】アプガ、スパガによるPASSPO☆トリビュートステージ、3組の絆に涙

【@ JAM EXPO 2018レポート】アプガ、スパガによるPASSPO☆トリビュートステージ、3組の絆に涙<@ JAM EXPO 2018>8月26日の「PASSPO☆トリビュートステージ」ストロベリーステージの模様をレポート

Pop'n'Roll 編集部

Pop'n'Roll 編集部

2018.10.06

<@ JAM EXPO 2018>が、2018年8月25日、26日に横浜アリーナで開催された。“アイドルの博覧会”として、多種多彩なグループが5つのライブステージで個性あふれるパフォーマンスをくり広げた中から、8月26日のストロベリーステージでのPASSPO☆トリビュートステージのライブレポートをお届けしよう。

<@ JAM EXPO 2018>8月26日「PASSPO☆トリビュートステージ」ストロベリーステージ

アップアップガールズ(仮)、SUPER☆GiRLS、PASSPO☆の3組による、スペシャルコラボステージ。アプガ、スパガがそれぞれ、9月22日に解散したPASSPO☆へ贈る歌を披露した。開演前には円陣の掛け声が客席にまで聞こえてくるほどの気合いの入れよう。

アップアップガールズ(仮)は、PASSPO☆の13thシングル「向日葵」を選曲。アプガらしく力強いパフォーマンス。途中、佐保明梨がメンバーに担ぎ上げられる場面も。最後はマイクを通さず、地声で“PASSPO☆ありがとう!”と、ともにアイドル戦国時代を闘ってきた仲間の活躍ぶりを称賛した。

続いては、SUPER☆GiRLSによる「マテリアルGirl」。ぱすぽ☆名義時代の曲ではあるが、未だ根強い人気がある。ここでは、スパガらしい華やかなステージングがくり広げられた。

そして、その後はPASSPO☆が登場し、アイドルヲタクを公言しているSUPER☆GiRLSの浅川梨奈のマイクの持ち方や、アップアップガールズ(仮)の古川小夏の袖にいるPASSPO☆メンバーへの過剰なパフォーマンスに対してツッコミを入れる場面も。

最後は、PASSPO☆のリーダー・根岸愛が“この2組は同じ時代を駆け抜けた仲間たちです。そんな仲間たちに捧げる曲を歌います”とコメントし、「Dear My Friends」を3組で歌い上げた。ステージからの捌け際、お互いの健闘を称えあって涙を流す場面も。厳しいアイドル時代をともに駆け抜けてきた3組によるパフォーマンスは感慨深いものがあった。

<@ JAM EXPO 2018>8月26日「PASSPO☆トリビュートステージ」ストロベリーステージ
<@ JAM EXPO 2018>8月26日「PASSPO☆トリビュートステージ」ストロベリーステージ
<@ JAM EXPO 2018>8月26日「PASSPO☆トリビュートステージ」ストロベリーステージ
<@ JAM EXPO 2018>8月26日「PASSPO☆トリビュートステージ」ストロベリーステージ
<@ JAM EXPO 2018>8月26日「PASSPO☆トリビュートステージ」ストロベリーステージ
<@ JAM EXPO 2018>8月26日「PASSPO☆トリビュートステージ」ストロベリーステージ
<@ JAM EXPO 2018>8月26日「PASSPO☆トリビュートステージ」ストロベリーステージ
<@ JAM EXPO 2018>8月26日「PASSPO☆トリビュートステージ」ストロベリーステージ
<@ JAM EXPO 2018>8月26日「PASSPO☆トリビュートステージ」ストロベリーステージ
<@ JAM EXPO 2018>8月26日「PASSPO☆トリビュートステージ」ストロベリーステージ

取材・文:永山あるみ