ルージュブック[歌舞伎町UP GATE↑↑ライブレポート]“赤ずきん”たちが誘うメルヘンチックな世界「一緒に楽しい物語を作ってください!」

ルージュブック[歌舞伎町UP GATE↑↑ライブレポート]“赤ずきん”たちが誘うメルヘンチックな世界「一緒に楽しい物語を作ってください!」

ルージュブック[歌舞伎町UP GATE↑↑ライブレポート]“赤ずきん”たちが誘うメルヘンチックな世界「一緒に楽しい物語を作ってください!」ルージュブック<歌舞伎町UP GATE↑↑>ライブレポート

@JAMと六本木アイドルフェスティバル、東急歌舞伎町タワーにおけるエンタテインメント施設の企画・運営を行なうTSTエンタテイメントの3者がタッグを組んでお届けする都市型サーキットフェス<歌舞伎町UP GATE↑↑(カブキチョウ アップゲート)>が、5月6日(土)、7日(日)に開催された。

同イベントでは、約170組のグループがZepp Shinjuku(TOKYO)、新宿BLAZE、新宿LOFT、新宿MARZ、新宿WALLYなどの会場で多彩なパフォーマンスを披露し、大きな熱狂を生み出した。

本記事では、その中から6日の新宿WALLYに登場したルージュブックのライブレポートをお届けする。

ルージュブック<歌舞伎町UP GATE↑↑>新宿WALLY(2023年5月6日)

取材&文:赤木一之

2023年3月15日にデビューした8人組アイドルグループ・ルージュブック。コンセプトは“赤ずきんちゃん”ということで、赤色を基調にチェック柄をあしらった衣装で登場。

観客は“話の中の登場人物”。月森湖子が“今日はルージュブックと一緒に楽しい物語を作ってください!”と挨拶をし、1曲目の「Dreamin’tales」を曲振り。明るく爽やかな王道アイドルソングで、ヒラリと揺れるスカート、歌詞に沿った振り付けが軽やかで可愛らしい。

ルージュブック<歌舞伎町UP GATE↑↑>新宿WALLY(2023年5月6日)
ツイート
ルージュブック<歌舞伎町UP GATE↑↑>新宿WALLY(2023年5月6日)

2曲目は、時計の針と鐘の音が鳴り、本のページをめくる仕草から始まるデビュー曲「ルージュブック〜序章〜」。3拍子のメルヘンチックな曲調と会場とのクラップからアップテンポなサビへの変化、馬の鳴き声などの効果音、《毒入り林檎を投げ捨てて》《マッチ売りはもうこりごりよ》といった名作童話を踏まえた歌詞は、どれもユニークだ。

ルージュブック<歌舞伎町UP GATE↑↑>新宿WALLY(2023年5月6日)
ツイート
ルージュブック<歌舞伎町UP GATE↑↑>新宿WALLY(2023年5月6日)

この日はメンバーの金井柚那が体調不良で欠席のため、MCでは月森が“最後まで7人で頑張ります!”とコメントし、3曲目の恋愛ソング「限界カモフラージュ」へ。白花翠のソロパートから落ちサビでは、櫻木美有から春乃梨々花への流れで拍手が鳴り、《ねえ!ねえ!!ねえ!!!》のキュートな振り付けから瀬奈晴香の《大好き!》のフレーズでファンからは歓声が起こった。

曲終わりの拍手が鳴り止むと、平井紗凪の“最後まで盛り上がっていきましょう!”の煽りから疾走感のあるロックナンバー「Still I Want…」でフィニッシュ。月森が“今日は楽しかったですか?”と会場へ問いかけると、拍手と同時に川畑綾理も思わず“楽しかったあ!”と答えてニッコリ。デビュー1ヵ月半の初々しいステージとなった。

ルージュブック<歌舞伎町UP GATE↑↑>新宿WALLY(2023年5月6日)
ツイート
ルージュブック<歌舞伎町UP GATE↑↑>新宿WALLY(2023年5月6日)

ルージュブック<歌舞伎町UP GATE↑↑>

2023年5月6日(土)
新宿WALLY

Overture
Dreamin’tales
ルージュブック〜序章〜
MC
限界カモフラージュ
Still I Want…
MC

  • トップページ
  • レポート
  • ルージュブック[歌舞伎町UP GATE↑↑ライブレポート]“赤ずきん”たちが誘うメルヘンチックな世界「一緒に楽しい物語を作ってください!」