西葉瑞希、舞台<DOLL>メインビジュアル&キャスト情報公開! 【コメントあり】(©『DOLL』製作委員会)

西葉瑞希、舞台<DOLL>メインビジュアル&キャスト情報公開! 【コメントあり】(©『DOLL』製作委員会)

西葉瑞希 出演舞台<DOLL>、メインビジュアル&キャスト情報公開! 【コメントあり】

西葉瑞希が出演する舞台<DOLL>が、メインビジュアルを公開した。

6月1日(木)〜5日(月)に渋谷区文化総合センター大和田 さくらホール、6月16日(金)~6月18日(日)に京都劇場にて上演される舞台<DOLL>。

同舞台の原作は、玉梨ネコの『リタイヤした人形師のMMO機巧叙事詩』(TOブックス刊)。日本最大級のWeb小説投稿サイト『小説家になろう』から始まった原作は、現在までに小説版全2巻、コミカライズ(漫画/いづみやおとは、キャラクター原案/高瀬コウ、ストーリー協力/伊藤高史、構成/梶田まさよし)にてコミックス既刊3巻、4月には最終巻である第4巻が発売された。さらにニコニコ漫画では現在100万回再生に達している。

演出には、劇団『エムキチビート』主宰であり、近年は話題の2.5次元公演やストレートプレイ、さらにフロードウェイミュージカルまでも手がける元吉庸泰、脚本は、アニメ、ドラマ、映画などの映像作品から舞台、ノベライズなど、活躍の場を拓き続ける小林雄次が担当する。

同舞台の主人公・佐倉いろは役には、数々の舞台で俳優としての実力を発揮し続けている林翔太。いろはが初めて作った戦闘妖精(ドール)ミコト役には、『魔進戦隊キラメイジャー』で注目され、人気舞台出演も続く西葉瑞希。ズィークに使役する戦闘妖精(ドール)9号役には、『ウルトラマンブレーザー』への出演で注目を集めている搗宮姫奈。工房の主人・レトロ役には、ベテラン俳優であり、作品にスパイスで彩りを加える実力派俳優の陰山泰。いろはとともにVR世界を旅するサラ役には、<少女☆歌劇 レヴュースタァライト>など、声優やアーティストとしても注目の岩田陽葵。そして、VR世界で最強の一角・ディアベル役には、幅広いジャンルの舞台やミュージカル等で活躍中の藤田玲という魅力あふれる俳優陣が作品を創り上げる。

コメント

林翔太(佐倉いろは役):
<DOLL>に出演させていただきます、佐倉いろは役の林翔太です! 出演が決まってから漫画を読みました。VRの世界で、ゲームの世界でもう1度立ち上がろうとするいろはに感情移入してしまいあっという間に読み終えてしまいました。佐倉いろはとズィーク、2人のそれぞれの物語があり、それがどう絡み合って最後にはどのような結末になるのか。絶対にお客さまにも楽しんでもらえる作品になると確信しています。そして、演出は元吉さんということで安心感が半端ないです。共演の松本幸大とも久々にお仕事をするので、お互いの成長した姿を見せ合いさらに成長できる気がして楽しみです。原作のファンのみなさまも、楽しみに待っていてください!

松本幸大(ズィーク役):
<DOLL>でズィーク役を務めさせていただきます! 松本幸大です。第1稿を読ませていただいたのですが……このズィークという役は僕にとって今までに演じたことのない役柄になりそうです。なので初めての役柄に挑戦させてもらえて嬉しく思います! いろいろなズィークらしさを出せるように精一杯演じます! 林とはジャニーズ事務所に入った時からの仲間であり、今までさまざまな仕事を一緒にしてきました。でもお芝居に関しては今回の<DOLL>が外部作品において初めての共演になるので今から楽しみです! みなさんもぜひ楽しみにしていてください♡

西葉瑞希:
<DOLL>ミコト役、西葉瑞希です。絶賛お稽古中ということもあり毎日新しい挑戦の連続です。そしてなんと言ってもアンサンブルキャストのみなさま! 幕が開けば納得していただけるはずですが、何かほかの名前をつけたいくらい、誰1人欠けてはいけないことを改めて実感しています。いろはとズィーク、その周りの人々、どの人もさまざまな理由でこの世界を生きています。みなさまぜひお楽しみにしていてください!

搗宮姫奈:
原作を読んだ時、仮想現実の世界だからこそ衣装や情景が細かく、どんな風に表現していくのだろうと若干の不安な気持ちを抱えながら稽古に参加しました。しかし衣装を着てみて、稽古が始まって、完全にその不安は吹っ飛びました! 衣装のディティールがとにかく細かく、さらに元吉さんの演出による空間表現には惚れ惚れとします。私自身、元吉さんの舞台に立ちたいと思っていたので出演できることは心から光栄です。

陰山泰:
<DOLL>でレトロ役の陰山泰です。祖父役との2役で、現実とバーチャルの両方で不思議な存在感のある役です。演出の元吉さんとは初めてご一緒に仕事をさせていただきますが、若いキャストたちも、みなさんキラキラしていて、作品の出来上がりがとても楽しみです。栗山梢さんの音楽、西川卓さんの振付も今回楽しみの1つです。<DOLL>という作品の世界で、レトロを演じることに、今からワクワクしています。

岩田陽葵:
現実世界と仮想空間を行き来する物語。舞台上でどのように表現されるのだろうとワクワクしながら稽古が始まり、台本に書いてある文字が少しずつ立体的に彩られていくのを見ながら、演出の元吉さんの頭の中は一体どうなっているのだろう……!と思う日々です。サラのような女の子を演じるのも初めてなのでいろいろな挑戦が詰まっております! 私も作品の一部としてお客さまに届けられるよう、魅力的なキャストのみなさんとともに頑張りたいと思います!

藤田玲:
演出の元吉さんのもと、稽古をする中で、いい意味で裏切られる毎日です。アンサンブルさんのハードワーク、各キャラクターの原作を踏襲しつつのオリジナリティ、刺激がいっぱいです。ディアベルとしてみなさまにこの素敵な“演劇”になっているこの作品を早く届けれたら嬉しいです。原作のファンの方、初めてストーリーを知る方にも、素敵な時間を提供できるよう、励みます。

次ページ

  • 1