【@ JAM EXPO 2018レポート】 Task have Fun、成長を感じさせる堂々としたストロベリーステージ

【@ JAM EXPO 2018レポート】 Task have Fun、成長を感じさせる堂々としたストロベリーステージ

【@ JAM EXPO 2018レポート】 Task have Fun、成長を感じさせる堂々としたストロベリーステージ<@JAM EXPO 2018>8月26日の「Task have Fun」ストロベリーステージの模様をレポート

Pop'n'Roll 編集部

Pop'n'Roll 編集部

2018.10.05

<@JAM EXPO 2018>が、2018年8月25日、26日に横浜アリーナで開催された。“アイドルの博覧会”として、多種多彩なグループが5つのライブステージで個性あふれるパフォーマンスをくり広げた中から、8月26日のストロベリーステージでのTask have Funのライブレポートをお届けしよう。

わずか結成2年ほどで<@ JAM EXPO>のメインステージにまで上り詰めたTask have Fun。「TASK」のイントロが流れるだけで会場からは歓声が上がり、その期待の大きさがうかがえる。会場が一体となって手を振るなどの大盛り上がりだ。

さまざまなステージを経験した中で徐々に自信をつけていったのか、メインステージからサブステージに向かう足取りも堂々としたもの。グループとして成長していくにつれ、当初からあった可愛さだけでなく、グループとしての完成度もどんどん高まってきている。

可愛らしい振付と歌詞が印象的な「ギュッと、チュッと」。曲中にはファンと一緒になって手拍子をする場面も多く、会場全体が楽しげな雰囲気に。「ラブグリッター」では場内の照明が一気に変わり、色とりどりのライトとミラーボールが彼女たちを照らし出す。

そして、やはり最後はこの曲、「3WD」。だが、今回はひと味違う。イントロ部分では、それぞれの直筆だろうか、“大好き”“ナメんなよ”“ブッとばせ”と書かれた巻物を客席に向け、メンバーがそれぞれ決意表明をしているように感じた。この夏の集大成であるステージということもあり、気合い十分。“横アリ行くせ‼‼”という叫びとともに、曲中に会場全体が両手を振り下ろす様子はまさに圧巻の一言。その数の多さが、現在のTask have Funの勢いを物語っていた。

<@JAM EXPO 2018>8月26日「Task have Fun」ストロベリーステージ
<@JAM EXPO 2018>8月26日「Task have Fun」ストロベリーステージ
<@JAM EXPO 2018>8月26日「Task have Fun」ストロベリーステージ
<@JAM EXPO 2018>8月26日「Task have Fun」ストロベリーステージ
<@JAM EXPO 2018>8月26日「Task have Fun」ストロベリーステージ
<@JAM EXPO 2018>8月26日「Task have Fun」ストロベリーステージ
<@JAM EXPO 2018>8月26日「Task have Fun」ストロベリーステージ
<@JAM EXPO 2018>8月26日「Task have Fun」ストロベリーステージ

取材・文:永山あるみ