真島なおみ、“真島ナオミ”としてDJデビュー! 「日本はもちろん、いずれ日本以外の外国の方とも新しい出逢いが生まれるんじゃないかとワクワクしています」(ZEROTOKYO/©️関根いおん)

真島なおみ、“真島ナオミ”としてDJデビュー! 「日本はもちろん、いずれ日本以外の外国の方とも新しい出逢いが生まれるんじゃないかとワクワクしています」(ZEROTOKYO/©️関根いおん)

真島なおみ、“真島ナオミ”としてDJデビュー! 「日本はもちろん、いずれ日本以外の外国の方とも新しい出逢いが生まれるんじゃないかとワクワクしています」

真島なおみが、3月19日(日)にclubasiaにて開催された<激ロック DJ PARTY SPECIAL>、4月12日(水)にZEROTOKYOにて実施された<ZEROTOKYO RECEPTION PARTY>に真島ナオミ名義としてDJデビューを果たした。本記事では、真島がDJデビューを果たした想いやイベントのエピソードなどについて語ったインタビューをお届けする。

<ZEROTOKYO RECEPTION PARTY>ZEROTOKYO(2023年4月12日)

――DJデビューおめでとうございます。

真島:
ありがとうございます! 3月からDJ名義が正式に真島ナオミとなって3月4月と大きな舞台でのステージがありがたいことに続いて、ワクワクとドキドキ、そしてこれからへの期待や理想が膨らみました! 私はコロナ禍からDJ活動を始めたので、当初はインスタライブやTikTokライブでのDJ配信がメインだったのですが、昨年から配信以外でDJができるようになってお客さんを前にDJできることの楽しさを日々噛み締めています!

――貴重なパーティーでの舞台とお聞きしましたがいかがでしたか?

真島:
とってもスペシャルな場でプレイができるということで、身も心も引き締まりました! 衣装もこだわって、白のセットアップでカッコよく珍しくパンツスタイルで、でもトップスだけはちょっぴりセクシーに私らしく挑みました!

――DJ中のエピソードなどありますか?

真島:
当日はYouTubeの撮影もあり、今回ゼロイチファミリアからタレントが数名、マネージャー陣も駆けつけてくださったのでとても心強かった印象があります。レセプションパーティということで、すごくオシャレな方や初めましての大人の方もたくさんいらっしゃったのですが、私のDJで盛り上がってくださったり、湧いてくださったりしたときはとっても嬉しかったです! ZEROTOKYOさんのダンサーさんが、私のDJに合わせて即興でポールダンスなどされているのもDJブースから拝見できたので、なんて豪華なんだとすごく幸せな気持ちになりました!

――DJのプレイで意識されたことはありますか?

真島:
曲によってLOW(低音)やMiddle(中音)を上げて激しくしてみたり、リバーブやクラッシュ(エフェクト)を段々と効かせてサビの気持ちいいところでバツん!とオフしたり、曲の流れだけでなく、1曲の中でも少しでも盛り上がれるようにと考えながらプレイしていきました! セットリストも段々激しくなるように組んだのがポイントです。20:00~21:00の時間だったので次に盛り上げてバトンタッチしたいなと!

――これからの意気込みをお願いします。

真島:
真島ナオミとして本格的にDJデビューさせていただいたということでこれからもっともっとたくさんのところでDJしていきたいです! クラブやフェス、屋外室内、お昼間夕方深夜! いろんなところでいろんな方と音楽を楽しめますように☆ まだ真島なおみとDJのイメージが結びついてない方もたくさんいらっしゃると思うので現場もたくさん立ちたいですし、SNSでもたくさん発信やアピールしていけたらなと思っています! そしてDJを通して、日本はもちろん、いずれ日本以外の外国の方とも新しい出逢いが生まれるんじゃないかとワクワクしています! 音楽は世界共通言語なので! これからがとっても楽しみです! ぜひみなさんお時間が合いましたら気軽に現場に遊びにきていただきたいです!

  • トップページ
  • ニュース
  • 真島なおみ、“真島ナオミ”としてDJデビュー! 「日本はもちろん、いずれ日本以外の外国の方とも新しい出逢いが生まれるんじゃないかとワクワクしています」