きみとバンド[ライブレポート]日本武道館に向けての強い決意をステージに刻んだ初のホールコンサート「夢見る人たちに希望を与えたい」

きみとバンド[ライブレポート]日本武道館に向けての強い決意をステージに刻んだ初のホールコンサート「夢見る人たちに希望を与えたい」

きみとバンド[ライブレポート]日本武道館に向けての強い決意をステージに刻んだ初のホールコンサート「夢見る人たちに希望を与えたい」

きみとバンドが、3月18日(土)に東京・浅草公会堂で<〜Road to Budokan 第一章〜>を開催。同公演は、バンド初のホールコンサートとなった。本記事では、オフィシャルレポートをお届けする。

きみとバンド<〜Road to Budokan 第一章〜>浅草公会堂(2023年3月18日)

ステージがスモークで覆われ今回のライブ用に用意された和テイストのオープニングSEが流れると、ステージセンターのせり出しからメンバー3人が登場。観客のボルテージが一気に上がった。

メンバーが定位置につくと大野真依(dr)のドラムからベースソロへと繋がる印象的なイントロのきみとバンドのセルフタイトル曲「きみとバンド」だ。会場の規定でスタンディングが禁止だったが声出しが解禁され、オーディエンスの盛り上がりはすでに最高潮。観客は思い思いに拳を上げ、曲に合わせて“オーオーオー”と一緒に歌うなど盛り上がった。続いてポップなナンバーで、《何度でも立ち上がるよ》《新しいスタートをきろう》と、まるで日本武道館を目指すきみとバンドを表すような歌詞が印象的な「スタートライン」、清原梨央(g&vo)の印象的なボーカルから始まるロックナンバー「はなればなれ」が演奏され、森田理紗子(vo,g,key)のMCへ。

“小さい頃は運動や算数ができず放課後1人で泣いたこともありました。音楽に出会うまで好きなことも得意なこともありませんでした。だから、音楽に出会えて嬉しくて私には音楽しかない! そんな想いがあるからここまで続けてこられました。しかし、それが原因で見えなかったものがあるって、きみとバンドに出会って思いました。みんなで作るステージ、ファンとの一体感。音楽に対して変に真面目で、頑なだった私に音楽は楽しく自由でいいときみとバンドが教えてくれました。頑張るが故に狭く考えてしまい悩む子がたくさんいると思います。だから私がきみとバンドでいろいろ挑戦して、こんな形があるんだって見せて行けたらなって。そして日本武道館に立ち、夢見る人たちに希望を与えたい”と語り、“きみとバンドが音楽を始めた原点の曲。「amulet」”とソングコール。

ここから、しっとりと聴かせる3曲を届けた。バンド結成前に大野が配信サイトのイベントで獲得した楽曲でサウンドプロデューサー古城康行と出会うキッカケとなった「amulet」、きみとバンドで1番人気があり、サビの森田と清原のハモリが印象的な「rosemary」、森田のボーカルが心地よい「きみとふたり」とバラード系で客席を酔わせると、今度は清原のMCが始まった。

“未だに私は、自分のバンドマンとしての存在意義に悩み続けています。真依ちゃんはSNSやいろんな場面で活躍し、りさちゃんはボーカルとしてバンドを支えて……。じゃあ私は何ができているのかって。ぴょんぴょん跳ねている姿がいいね、笑顔に元気もらえるよって言われるけど、演奏もまだまだだし、私はきみとバンドの力になれているのかとここにいる意味をずっと考えていました。でもメンバーは、梨央ちゃんだからいいんだよ、そのパフォーマンスが好きだよって言ってくれました。誇れるものは多くないけど、誰かが必要としてくれる限り、このステージに居続けないとって思いました。きみとバンドは、私がやっと見つけた居場所です。ここで輝いて、誰かの光になれるように、私らしく進み続けていきます。「オレンジ色の世界」”。

清原が初めて作詞した曲で自分の感情をストレートに出した、普段のライブではなかなか演奏されない「オレンジ色の世界」、通常のライブであれば観客のジャンプが一斉に始まるちょっと懐かしいディスコチューン「スローモーション」、コール&レスポンスで盛り上がる明るくハイテンションな「レリビ☆」を披露した。

ここでステージ下手からキーボードが登場し、観客席からどよめきが起きる中、ライブ当日に発売になったアルバム『kimiban』からバラード「さよならリフレイン」をパフォーマンス。森田が、きみとバンドで初めてピアノ弾き語りをし、彼女の真骨頂である艶やかで美しいボーカルで客席を魅了した。

さらに、森田加入後初のシングル曲となった「シャボン玉」、通常のライブではラストに歌われることが多いスローバラード「歌にのせて」、王道アイドルポップソング「きみが好き」から一転してAORの雰囲気が漂う「蝉しぐれ」と、きみとバンドの幅広い音楽性を見せつける。この振り幅の広さは、きみとバンドらしいライブ構成だった。

続いて大野のMCへ。

“浅草公会堂ライブを発表してから毎日、日本武道館への第1章のライブと言い続けました。ファンの方のツイートにも日本武道館という言葉を目にするようになり、私も当たり前のようにSNSやMCで日本武道館と言い、本当に私はその場所を目指しているんだと思う時があります。中学生の頃から芸能界に憧れはあったけど「何をしたい」「これで売れたい」という明確なものがなくて。メンバーやファンから「真依ちゃんは何でも受け入れられて柔軟でいい」と言われるけど、私は自分が逆に空っぽな気がして嫌になります。そんな私をファンの方が支えてくれて、両親も何も言わず見守り、メンバーも受け入れてくれて。ファンや家族のためにと恩着せがましいかもしれないけど、空っぽの自分にはその想いが私を満たし、上を目指せる原動力になっています。大きなステージにみんなを連れていくという約束を守るためなら私は何でもやります。このメンバーとチームで日本武道館へ行きましょう。「あの場所へ」”。

メンバー3人で初めて作詞した「あの場所へ」は、もともと昨年のZeppワンマンに向けて作られた曲だが、今ではコンサートタイトルの“Road to Budokan”の象徴とも言える曲となっている。この曲では、普段の大野のイメージからは想像できないハードなドラミングが見どころの1つだ。そこからアップテンポで会場中が盛り上がる「恋のモンスター」、《浅草好きやけん》と歌詞をライブ会場に変えて歌うのが定番の「∞YAKEN」、最後にこの季節にピッタリの「春風問答」をドロップ。花びらが舞い散る演出が美しく、曲の世界観を一層引き立てた。

ステージからメンバーが降りても、アンコールの拍手は鳴り止まない。それに応えてメンバーが再登場。清原がバンドマイクを持ち、彼女の出身地・愛媛県東温市のPRソング「東温ラブストーリー」へ。清原の独自のラップとサビでの森田のクリーンなボーカルが印象的な1曲である。

最後に“今、会いに行くよ”と、これからもライブを続けていく、日本武道館に向けて走り続けていくメンバーの決意が感じられる「rebirth」でライブは終了した。

このライブで、圧倒的なボーカルを披露した静の森田とバラードからラップまで何でもこなし、曲中のパフォーマンスでも客席を魅力する動の清原、その2人を後ろから安定したビートで支える精神的支柱のリーダー大野の3人の作り出すトライアングルは、正に唯一無二のバンドだと感じた。

これからも困難を乗り越えて武道館に向けて走りつづけてもらいたい。

きみとバンド<〜Road to Budokan 第一章〜>

2023年3月18日(土)
東京・浅草公会堂

①きみとバンド
②スタートライン
③はなればなれ
④amulet
⑤rosemary
⑥きみとふたり
⑦オレンジ色の世界
⑧スローモーション
⑨レリビ☆
⑩さよならリフレイン
⑪シャボン玉
⑫歌にのせて
⑬きみが好き
⑭蝉しぐれ
⑮あの場所へ
⑯恋のモンスター
⑰∞YAKEN
⑱春風問答
アンコール
⑲東温ラブストーリー
⑳rebirth

  • トップページ
  • レポート
  • きみとバンド[ライブレポート]日本武道館に向けての強い決意をステージに刻んだ初のホールコンサート「夢見る人たちに希望を与えたい」