フューチャーサイダー[ライブレポート]躍動感のあるパフォーマンスで大きな成長を見せつけた1stワンマンライブ

フューチャーサイダー[ライブレポート]躍動感のあるパフォーマンスで大きな成長を見せつけた1stワンマンライブ

フューチャーサイダー[ライブレポート]躍動感のあるパフォーマンスで大きな成長を見せつけた1stワンマンライブ

フューチャーサイダーが、3月25日(土)にVeats Shibuyaにて<フューチャーサイダー1stワンマンライブ〜 掴め、この手で。 〜>を開催した。本記事では、オフィシャルレポートをお届けする。

取材&文:石山喜将
撮影:ワタナベタイシ

<フューチャーサイダー1stワンマンライブ〜 掴め、この手で。 〜>Veats Shibuya(2023年3月25日)

この日は連日の雨の影響で、東京は少し肌寒く、それまでの春らしさは何処へという天候だった。そんな雨天のもやもやした気持ちをこのライブで晴らそうと、メンバーはとにかく気合が入っていた。会場後方までびっしりと埋まるほど、多くのファンが集まり、記念すべきライブを盛大に盛り上げようという強い気持ちが伺えた。

開演時間になると、スクリーンにOP映像が流れる。映像は8ミリビデオ風。そんなレトロチックな映像からもどこからか青春さを感じる。映像が終わると、セーラー服衣装のメンバーが登場し、1stワンマンライブはデビューライブと同様に「⻘⾊シルエット」でスタートした。爽やかで軽快なギターサウンドが響く中で、熱唱しながら、時に精一杯手を広げ、想いが込められたアクトを展開。そんな熱いパフォーマンスに対して、オーディエンスは呼応するように全力で歓声、コールを飛ばしてく。

続く「初恋チャイダー」もデビューライブとまったく同じ流れである。この数ヵ月間の成長を存分に感じさせるように、キュートさと快活さを同居させる一生懸命のパフォーマンスを見せる。可憐な姿と汗が煌めく様子は、まさに“青春”そのもの。全員がフューチャーサイダーを通して、青春を感じられるような空間がそこには広がっていた。

<フューチャーサイダー1stワンマンライブ〜 掴め、この手で。 〜>Veats Shibuya(2023年3月25日)
ツイート
<フューチャーサイダー1stワンマンライブ〜 掴め、この手で。 〜>Veats Shibuya(2023年3月25日)

2曲を終え、最初のMCへ。自己紹介を行なうと、観客から大きな声が起こり、大いに盛り上がりを見せた。

その後、「フューチャーファイター」で大きく身体を揺らしたり、肩を組んだり、全力で腕を回したりとパワフルな姿でヒートアップさせ、「マジックシック」を繋ぎで披露するという圧巻のパフォーマンス。乙女の“運命主義”を願う、中毒性のある楽曲「マジックシック」でも快活かつキュートな展開を見せ、観客の気持ちを昂らせていた。

その後、メンバーがステージを捌け、インタビュー映像が流れた。映像はこの次に披露する新曲「どんな青を」についてメンバーに訊くもの。インタビューの内容を抜粋すると、「どんな⻘を」の歌詞を通して、青春は明るいイメージだったが実際は暗いイメージもあるし、青には色んな感情がある、それぞれに合った青春があるなど。メンバーが一生懸命、“青”や“青春”について伝えていた。

映像が終わると、新衣装に身を包んだメンバーが現れた。新曲「どんな⻘を」は、インタビュー通り、歌詞の意味深さが特徴。イントロではセリフパートがあり、《あなたが描きたいのは一体 どんな青ですか?》と説くところからスタート。《ここから始まるストーリー》《もう戻れない旅に出る》《恋にその胸を焦がしたり 夢の壁に涙したり 何を描いても良いのなら 君はどんな青を描く?》など、“青春”、“青”のイメージを自分らしく歌を通して表現していく。フューチャーサイダーの5人が描く“青”はそれぞれ違う。彼女たちにとってこれから描きたい“青”は何なのか。自分自身に問うようなパフォーマンスを魅せる。

その後のMCでは、新衣装をテーマに話を展開。新衣装は水色がベースにオレンジ色の線が入っており、5人が並び、くっつくと波線になるという粋のあるものに仕上がっていることを明かした。

そして、本編もラストスパートへ突入。

個々の輝きとグループ全体のキュートさを、全身全霊のアクトでクロスオーバーさせた「エアラブ」、クールなギターのサウンドをアイドルソングへと昇華させている「Gimme a star!!」で、会場を熱量をたっぷりと上げて、会場の一体感を作り上げる。華麗に舞い、気持ちを込めて熱く歌い上げ、気持ちを存分に解き放っていた。会場はフューチャーサイダーの世界、”青春感“溢れる空間へと変貌していた。

本編を終えると、すぐさまアンコールの声が響く。メンバーが再登場し、アンコールに応えて、「“エン”カウンターアドベンチャー」を披露。まだまだ1stワンマンライブを終わらせないという思いで、さらなる熱狂を改めて起こしていた。

その後は本編と同様に「⻘⾊シルエット」 「どんな⻘を」 「エアラブ」を再披露。会場はかなりヒートアップしていた。

アンコールを終えても、熱冷めやらぬ会場。再度アンコールが発動、ダブルアンコールが起こった。当初予定になかったが、「Gimme a star!!」を再び届け、熱量は最高潮に達していた。こうしてフューチャーサイダーの1stワンマンライブは幕を閉じた。

最後に、7月27日(木)白金高輪SELENE b2でのワンマンライブ、5月21日(日)新潟、5月28日(日)仙台、6月4日(日)名古屋、6月17日(土)大阪で4都市対バンツアーが開催されることがアナウンスされた。

こうしてフューチャーサイダーの1stワンマンライブは大成功で終えた。デビューから数ヵ月、素晴らしい成長を遂げた彼女たち。今後、“青春”というテーマに対して、どのようなアイドル活動をし、何を掴むのか。彼女たちの活動に目が離せない。

<フューチャーサイダー1stワンマンライブ〜 掴め、この手で。 〜>Veats Shibuya(2023年3月25日)
ツイート
<フューチャーサイダー1stワンマンライブ〜 掴め、この手で。 〜>Veats Shibuya(2023年3月25日)

<フューチャーサイダー1stワンマンライブ〜 掴め、この手で。 〜>

Veats Shibuya
2023年3月25日

OP映像
M1 ⻘⾊シルエット
M2 初恋チャイダー
MC
M3 フューチャーファイター
M4 マジックシック
インタビュー映像
M5 どんな⻘を
MC
M6 エアラブ
M7 Gimme a star!!

-アンコール-
M8 "エン"カウンターアドベンチャー
M9 ⻘⾊シルエット
M10 どんな⻘を
M11 エアラブ

-ダブルアンコール-
M12 Gimme a star!!

  • トップページ
  • レポート
  • フューチャーサイダー[ライブレポート]躍動感のあるパフォーマンスで大きな成長を見せつけた1stワンマンライブ