豆柴の大群、シュレーディンガーの犬、ジエメイ…… 最近グッときたロックチューン「偶像音楽 斯斯然然」第101回

豆柴の大群、シュレーディンガーの犬、ジエメイ…… 最近グッときたロックチューン「偶像音楽 斯斯然然」第101回

豆柴の大群、シュレーディンガーの犬、ジエメイ…… 最近グッときたロックチューン「偶像音楽 斯斯然然」第101回

今回は、豆柴の大群、シュレーディンガーの犬、ジエメイなど、昨今、冬将軍の心に響いたロック系楽曲と作品をピックアップ。メロディやサウンド、リズム、またボーカルなどの特徴を分析しながら、それぞれの魅力を紹介する。

『偶像音楽 斯斯然然』
これはロックバンドの制作&マネジメントを長年経験してきた人間が、ロック視点でアイドルの音楽を好き勝手に語る、ロック好きによるロック好きのためのアイドル深読みコラム連載である(隔週土曜日更新)。

100回企画を挟んで久しぶりのコラムとなった今回は、ここ最近リリースされたものから気になったロック系楽曲&作品をピックアップ。まずは新体制となった、豆柴の大群のニューアルバム『MAMEQUEST』から。

豆柴の大群『MAMEQUEST』 新しいストーリーの幕開け

本作は豆柴の大群の新体制、というよりも個人的には、脱SCRAMBLESをしたWACKグループが外部作家を迎えていくにあたり、この先どうなっていくのか、その指標となるような意味合いの強い作品であると思っている。

豆柴の大群『MAMEQUEST』

ExWHYZが外部作家によって大きく生まれ変わった楽曲と、進化と深化を遂げた大傑作『xYZ』を完成させ、新たなベクトルへと向かっていっているわけだが、もともとSCRAMBLES色の薄い作品をリリースしていたEMPiREであったから、大胆な方向転換というよりも、これまでのアイデンティティをより先鋭化させたと言っていいだろう。豆柴の大群は、安田大サーカス・クロちゃんプロデュース(現在はアドバイザー)というキャッチー性を武器に、SCRAMBLES節の延長線上から多彩な楽曲群で攻めに攻めてきたことは本コラムでも幾度となく触れてきた。

本作の幕開け、新しい豆柴ストーリーを高らかに宣言するようなリード曲「MUST GO」にグッときた。ストレートで音符の大きなメロディが印象的だ。歌唱スキルの高いグループではあったが、歌い出しの新メンバー、レオナエンパイアに惹き込まれ、ハナエモンスターのハイトーンも心地よく響く。なんと言ってもキーとなっているのはナオ・オブ・ナオのミックスボイスの鳴らし方が絶品で、聴き手の高揚感を誘う。Hi-yunk(BACK-ON)によるシンプルながらもソリッドなバンドサウンド。そこに絡むストリングスがスケール感を引き立てながら、JxSxK(渡辺淳之介)の天下の宝刀《行かなくちゃ》が炸裂。SCRAMBLES以外のメロディでこのキラーフレーズを聴くのは新鮮だ。

ダンスの揃い具合いが最高に気持ちいい「MUST GO」DANCE PRACTiCE MOViE

『MAMEQUEST』は大森靖子によるエレクトロでキュートな雰囲気のエレクトロポップ「kill me holy slowly」、須藤寿(HiGE)のドリームポップを日本語オルタナティヴロックで昇華した「Re:Birth」、木幡太郎(avengers in sci-fi)のホラーシンセポップ「D.E.A.D」といったグループとしての新境地と言える楽曲が揃い踏み。ヒャダイン(前山田健一)に清 竜人というアイドルソングに定評のあるアーティストがWACKに楽曲提供するとこうなるのか、という新たな発見もあったりと多彩なアイドルポップスを集めた訴求力の高い作品となっている。

外部作家による影響力は楽曲、サウンドのみならずボーカルにも大きく影響を与えている。先述のナオのミックスボイス然り、ストレートな歌唱が印象的。アイカ・ザ・スパイも、ハナエも、舌足らずのフックとなる歌い方のイメージが強かったが、本作では変化球の少ない新たなボーカルスキルが垣間見える。ボーカルディレクションの違いが顕著な様は、ハロー!プロジェクトでいうところの、非つんく♂プロデュースのBuono!を初めて聴いた時の感覚によく似ていると感じた。

WACKでもう1つ気になったのがGANG PARADE「SUPER PARTY PEOPLE」。

GANG PARADE「SUPER PARTY PEOPLE」

東京ゲゲゲイの振り付けと静岡のホテルニューアカオのロケーションが最高のMV込みで楽しめる作品。大世帯ならではの迫力と貫禄。

パーティテイストたっぷりの華やかにスウィングしていく楽曲は、K2A7という謎のクリエイターによるもの。ベースラインとその音色が心地よい。新たなギャンパレの風を感じられる楽曲だ。

次ページ

  • 1
  • トップページ
  • 連載
  • 豆柴の大群、シュレーディンガーの犬、ジエメイ…… 最近グッときたロックチューン「偶像音楽 斯斯然然」第101回