NIG FES 2023[1日目イベントレポート]SKE48、HKT48、NGT48、≠ME、FRUITS ZIPPERらが多彩なパフォーマンスで大きな熱狂を生む!

NIG FES 2023[1日目イベントレポート]SKE48、HKT48、NGT48、≠ME、FRUITS ZIPPERらが多彩なパフォーマンスで大きな熱狂を生む!

NIG FES 2023[1日目イベントレポート]SKE48、HKT48、NGT48、≠ME、FRUITS ZIPPERらが多彩なパフォーマンスで大きな熱狂を生む!

SKE48、HKT48、NGT48、≠ME、≒JOYなどが出演した<NIG FES 2023>1日目が、3⽉23⽇(⽊)にTOKYO DOME CITY HALLにて開催された。

同日に実施された<NEXT IDOL GRANDPRIX 2023>(略称:NIG2023>でグランプリを受賞した8⼈組アイドルグループのSAI ²Riumと、準グランプリを受賞した5⼈組アイドルグループの翡翠キセキも出演し、豪華アイドルと夢の共演を果たした。

本記事では、オフィシャルレポートをお届けする。

<NIG FES 2023>TOKYO DOME CITY HALL(2023年3⽉23⽇)

華々しく幕を開けた<NIG FES 2023>1日目のトップバッターは、テラス×テラス。月に足跡を残した6人の少女達は一体何を見たのか…、#よーよーよー、#2i2と続き、第1部のラストは、虹のコンキスタドール予科生が飾った。

第2部は同日開催されたネクストブレイクアイドルの頂点を決めるアイドルコンテスト<NEXT IDOL GRANDPRIX 2023>で準グランプリを受賞した翡翠キセキからスタートし、大舞台で堂々のパフォーマンスを見せた。その後、前回大会(NIG2022)グランプリのiSPY、Peel the Apple(NIG2020グランプリ)と歴代グランプリ受賞アイドルが続き、ホームとも言える<NIG FES 2023>のステージを彩った。さらにiLiFE!が会場を盛り上げると、HKT48がステージに登場。ヒット曲「メロンジュース」から始まり観客とのコール&レスポンスで一気に会場の高揚感を高めると、「ビーサンはなぜなくなるのか?」「早送りカレンダー」「最高かよ」「ロックだよ、人生は…」「君とどこかへ行きたい」「#好きなんだ(AKB48)」と続き、ラストに披露した2023年2月8日発売の最新シングル「君はもっとできる」では会場にシャボン玉が降り注ぐ幻想的な演出でステージを終えた。

愛乙女☆DOLLから始まった第3部には、約5時間前に<NEXT IDOL GRANDPRIX 2023>グランプリを受賞したばかりのSAI ²Riumが登場。コンテストでの勢いそのままに、歌もダンスもMCも全力な8人のパワフルなパフォーマンスに会場は釘付けになった。真っ白なキャンバスのあとにステージに姿を現したのは、NGT48。スモークが漂うステージに登場すると、真っ赤なプリーツスカートと千鳥格子柄が印象的な衣装で「渡り鳥たちに空は見えない」を披露。MCでの自己紹介などを挟み、デビューシングル「青春時計」や「Maxとき315号」などのヒット曲を惜しみなく届けると。観客との一体感も最高潮に。

会場の興奮そのままに、Devil ANTHEM.が息の合ったパフォーマンスを見せると、第3部のラストを飾ったのは指原莉乃プロデュースの≒JOY。「≒JOY」で元気いっぱいに登場すると、=LOVEの楽曲「探せ ダイヤモンドリリー」「いらない ツインテール」も歌唱し、客席からはどよめきが沸き起こった。ハードな曲から可愛さいっぱいの最新曲「スイートシックスティーン」まで全6曲をパフォーマンスし、会場は観客の大歓声に包まれた。

第4部が始まると、FRUITS ZIPPERがTikTokで話題となった2ndシングル「わたしの一番かわいいところ」などをキュートな衣装で披露。#ババババンビがパワフルなステージングで会場を煽ると、続けてSKE48が登場「Gonna Jump」「Stand by you」「恋を語る詩人になれなくて」「チョコの奴隷」「パレオはエメラルド」と、SKE48らしさの光る全力のダンスを魅せた。各チームの代表1名ずつが<SKE48 春のチームコンサート2023>に向けて意気込みを話すと、ラスト曲「無意識の色」で会場全体を盛り上げ、先輩アイドルとして貫禄あるステージを届けた。

<NIG FES 2023>1日目のラストを飾ったのは≠ME。スクリーンにメンバー紹介やデビュー決定シーンの映像が流れると、登場前から会場は大興奮。客席にもカメラの向こうにも“盛り上がろう!”と声をかけながら、「秘密インシデント」「はにかみショート」「ポニーテール キュルン」「好きだ!!!」「君と僕の歌」と5曲を立て続けにアクト。“久しぶりにみんなの声が聞けてとっても嬉しいです!”のコメントにオーディエンスからは喜びの歓声が溢れ、会場全体が色とりどりに揺れるペンライトで埋め尽くされた。ラストはハート型の紙吹雪が降り注ぐ中で「まほろばアスタリスク」を歌唱し、1日目は幕を閉じました。

<NEXT IDOL GRANDPRIX 2023>グランプリ・準グランプリ受賞アイドルにとっては、栄光を手にした当日に憧れの豪華アイドルと同じステージに立つという貴重な経験を積めた、特別な1日となった。

次ページ

  • 1
  • トップページ
  • ニュース
  • NIG FES 2023ï¼»1日目イベントレポート]SKE48、HKT48、NGT48、≠ME、FRUITS ZIPPERらが多彩なパフォーマンスで大きな熱狂を生む!