宮田愛萌、憧れの直木賞作家・千早茜との対談が実現!「お話しできて幸せでした」文芸雑誌『波』掲載決定

宮田愛萌、憧れの直木賞作家・千早茜との対談が実現!「お話しできて幸せでした」文芸雑誌『波』掲載決定

宮田愛萌、憧れの直木賞作家・千早茜との対談が実現!「お話しできて幸せでした」文芸雑誌『波』掲載決定

日向坂46を2023年1月に卒業した2期生・宮田愛萌と直木賞作家・千早茜の対談が、3月28日(火)発売の文芸雑誌『波』4月号(新潮社)に掲載されることが発表された。

2月28日に初の小説集『きらきらし』(新潮社)を出版した宮田愛萌。

今回の対談中には、高校生の頃から大好きで作家として大先輩である千早から“すごく文章が綺麗で、透明感もありますよね。きらきらしていて、澄んでいて”“少女の外見の描写など、空気感が伝わってきます。季節感、肌触りが書けていると感じました”といったエールも送られた。

宮田本人も“大好きな千早茜さんと初めてお会いして、お話しできて幸せでした。同じ作品の単行本と文庫をそれぞれ買うほど好きな千早さんが目の前にいて、信じられない気持ちでした。創作についていただいたアドバイスは、とても勉強になりました。これからも書き続けていきたいです”とコメント。

書籍『きらきらし』は、月刊小説誌『小説新潮』2月号(1月20日発売)に先行して収録作品の一篇が掲載され、話題に。

書籍公式Twitterでは、宮田本人のコメントを公開。そのほかに、日向坂46の“ぶりっ子」”キャラとして名を馳せた宮田が“ぶりっ子”する姿も人気を博している。

宮田愛萌『きらきらし』
ツイート
宮田愛萌『きらきらし』
宮田愛萌『きらきらし』(撮影:熊木優)
ツイート
宮田愛萌『きらきらし』(撮影:熊木優)
宮田愛萌『きらきらし』(撮影:熊木優)
ツイート
宮田愛萌『きらきらし』(撮影:熊木優)

次ページ

  • 1
  • トップページ
  • ニュース
  • 宮田愛萌、憧れの直木賞作家・千早茜との対談が実現!「お話しできて幸せでした」文芸雑誌『波』掲載決定