月に足跡を残した6人の少女達は一体何を見たのか...[ライブレポート]生バンドを従えて圧巻の光景を描き切った2周年記念ワンマンライブ

月に足跡を残した6人の少女達は一体何を見たのか...[ライブレポート]生バンドを従えて圧巻の光景を描き切った2周年記念ワンマンライブ

月に足跡を残した6人の少女達は一体何を見たのか...[ライブレポート]生バンドを従えて圧巻の光景を描き切った2周年記念ワンマンライブ<月に足跡を残した6人の少女達は一体何を見たのか... 2周年記念生バンドライブ 〜Selenéde〜>ライブレポート

月に足跡を残した6人の少女達は一体何を見たのか...が、3月4日(土)に新宿ReNYにて<2周年記念生バンドライブ 〜Selenéde〜>を開催した。ツキアトにとって初めてのバンドセットでのライブとなった同公演では、メンバーは生バンドの力強く表情豊かなサウンドに乗って、多彩なパフォーマンスを披露。本記事では、デビューから2年を経て、6人が飛躍的に表現力を高め、グループの充実ぶりを証明した同公演のライブレポートをお届けする。

<月に足跡を残した6人の少女達は一体何を見たのか... 2周年記念生バンドライブ 〜Selenéde〜>新宿ReNY(2023年3月4日)

取材&文:竹内伸一
撮影:下山春香

定刻になり場内が暗転すると、後方中央に掲げられたスクリーンを挟む形で上手(かみて)にキーボードとギター、下手(しもて)にドラムとベースが配置されたステージに、4人のバンドメンバーが静かに登場。各々が楽器を構え、チューニングなど演奏に備え始めると、会場にはにわかにざわめきが起こる。一目瞭然だが、この日のライブは生バンドを従えてのもので、2周年を迎えたツキアトがどんなパフォーマンスを見せてくれるのか……そんな期待感が高まっていく。

SEの音量が徐々に上がると、観客は立ち上がり始め、総立ちになったのを見計らったような絶妙なタイミングで「OVERTURE」が流れ出す。すると、メンバーが2人ずつ厳かに登場。羽﨑ほのが“ツキアト、始めます”と開幕を告げると、大歓声が上がり、同時にバンドが一斉に音をかき鳴らす。やがてキーボードが静謐なイントロを奏で、羽﨑がゆっくりと歌い出したのに続き、夏目一花、美南れな、葵音琴、早﨑優奈の順で歌をつないでいく。最後に苗加結菜が「静寂BROKEN」とタイトルを囁くと、バンドが大音量を放ち、6人の動きが加速。さらには背後のスクリーンにMVも流れ出す。暗転からここまでほんの数分の出来事だったが、そのめくるめく展開は観客の視線を捉えて離さないほど、ドラマティックで見応えのあるものだった。

羽崎ほの<月に足跡を残した6人の少女達は一体何を見たのか... 2周年記念生バンドライブ 〜Selenéde〜>新宿ReNY(2023年3月4日)
ツイート
羽崎ほの<月に足跡を残した6人の少女達は一体何を見たのか... 2周年記念生バンドライブ 〜Selenéde〜>新宿ReNY(2023年3月4日)
夏目一花<月に足跡を残した6人の少女達は一体何を見たのか... 2周年記念生バンドライブ 〜Selenéde〜>新宿ReNY(2023年3月4日)
ツイート
夏目一花<月に足跡を残した6人の少女達は一体何を見たのか... 2周年記念生バンドライブ 〜Selenéde〜>新宿ReNY(2023年3月4日)

ギターがザクザクとした鋭利なリフを鳴らせば、ドラムがチャイナシンバルを力強く打ち鳴らして激しさを演出するといった具合いに、バンドが演奏でライブを盛り上げていくと、6人もダイナミックなパフォーマンスで応え、6人が腕を振り上げると、客席も一斉に拳が上がる。早くもメンバー、バンド、観客が一体となり、会場のテンションは1曲目から最高潮となった。

<月に足跡を残した6人の少女達は一体何を見たのか... 2周年記念生バンドライブ 〜Selenéde〜>新宿ReNY(2023年3月4日)
ツイート
<月に足跡を残した6人の少女達は一体何を見たのか... 2周年記念生バンドライブ 〜Selenéde〜>新宿ReNY(2023年3月4日)

“一緒に素敵な想い出を作っていきましょう! よろしくっ!!”という早﨑の絶叫から突入した「声を上げろ」を力強いバンド演奏に乗って凛々しく歌い上げれば、「エンドレスラビレンス」では、間奏でベースのスラップがうなりを上げる中、情熱的なダンスを披露。3拍子へと転調するパートでは優雅な舞踏をくり広げ、見事はコントラストを描き出した。アップテンポの「Stand UP」を感情が溢れんばかりに熱唱すると、エンディングではバンドのいわゆる“かき回し”に合わせて6人が腕をグルグルと回す。こんな光景は、バンドでのライブならではだろう。ちなみに、MCでも“楽しんでいますか?”といった具合いに、メンバーが観客に問いかけると、間髪入れずにバンドが“ジャーン”と音を出して盛り立てていた。

そんな最初のMCでは、自己紹介を済ますとこの日、初披露となった新しい衣装の話題に。早﨑が“ジャージがコンセプトで、とにかく動きやすい!”とその特徴を紹介すると、苗加が“今日、新しい衣装だと思った?”と観客に問いかける。自然に観客を巻き込んでいく手腕は、2年間のライブ活動で培った経験の賜物といったところだろうか。

早﨑優奈<月に足跡を残した6人の少女達は一体何を見たのか... 2周年記念生バンドライブ 〜Selenéde〜>新宿ReNY(2023年3月4日)
ツイート
早﨑優奈<月に足跡を残した6人の少女達は一体何を見たのか... 2周年記念生バンドライブ 〜Selenéde〜>新宿ReNY(2023年3月4日)
苗加結菜<月に足跡を残した6人の少女達は一体何を見たのか... 2周年記念生バンドライブ 〜Selenéde〜>新宿ReNY(2023年3月4日)
ツイート
苗加結菜<月に足跡を残した6人の少女達は一体何を見たのか... 2周年記念生バンドライブ 〜Selenéde〜>新宿ReNY(2023年3月4日)

中盤戦は「針はもう止めるな」からスタート。リアルタイムの映像がスクリーンに流れる中、タイトな8ビートに乗って激しいダンスをくり広げ、“オイ! オイ!”のコールを促して会場を煽っていく。“ぶち上がれ~!”の絶叫で始まったスピードナンバー「弓張月」では、扇子を使ったダンスで艶やかな雰囲気を演出していった。

騒然とした雰囲気を打ち消すように、ピアノが静謐な調べを奏でると、葵が“大切な歌、ぜひ受け取ってください”と想いを告げて「ETERNAL MOON」へ。月の映像をバックに、6人が伸びやかに歌い紡いでいく。彼女たちがゆっくりと手を挙げた場面では、観客もゆっくりとサイリウムを掲げ、幾多の光が揺らめく美しい光景が生まれた。

美しいバラードが会場を包み込んだあとは、新曲の披露へ。美南が“生バンドと一緒にやるために作った曲”だと説明すると、メンバーは口々に“難しい!”を連発。そんな新曲「オーバーキル」は、メタリックなバンドサウンドが印象的なロックナンバー。速いテンポの中で、激しく歌い踊り、ビートダウンすると6人のラップも飛び出した。パフォーマンスを終えると、6人は改めて“難しい!”を連呼。曰く“速いし、(キーが)高いし、音があっちこっちいくし”なのだそうだ。しかしながら、観客からは“最高!”の声が上がっていた。

美南れな<月に足跡を残した6人の少女達は一体何を見たのか... 2周年記念生バンドライブ 〜Selenéde〜>新宿ReNY(2023年3月4日)
ツイート
美南れな<月に足跡を残した6人の少女達は一体何を見たのか... 2周年記念生バンドライブ 〜Selenéde〜>新宿ReNY(2023年3月4日)

ライブはいよいよ終盤。「b o k u t o w a」で再び“オイ! オイ!”のコールを巻き起こすと、間奏では観客の手拍子に乗って、これまで以上に迫力あるダンスを披露。「Dreaming少年」を6人が声を合わせて熱く歌い上げると、バンドの演奏も加速するかのように熱気を帯びていった。「愛は君だ。」ではエモーショナルなギターソロをバックに、流麗で凛々しいダンスをくり広げて、ラストの「月に足跡を遺せ」へとつなぐ。バンドが音量を抑えて演奏を始め、6人は情感たっぷりに歌い上げる。途中、バンドの音量が上がると、彼女たちの動きも激しくなり、歌も力強さを増していく。演奏とダンス、歌が一体となって、静と動のコントラストを描き出した。エンディングでは早﨑が“最後に声を聞かせて”」と絶叫。観客が“Wow ohohohohoh Wow ohohohohoh”と熱唱で応えると、さらにそこに6人が声を重ねて大合唱に。全員の声が1つになって、ライブは幕を閉じた。

<月に足跡を残した6人の少女達は一体何を見たのか... 2周年記念生バンドライブ 〜Selenéde〜>新宿ReNY(2023年3月4日)
ツイート
<月に足跡を残した6人の少女達は一体何を見たのか... 2周年記念生バンドライブ 〜Selenéde〜>新宿ReNY(2023年3月4日)

アンコールの声が場内に響く中、蝉の鳴き声のSEが流れ出し、キーボードが静かにイントロを弾き始めると、Tシャツに着替えた6人がステージに駆け出して「アオナツ」へ。タオルを振り回しながら、笑顔で歌い踊ると、羽﨑が“みんなで一緒に回して!”と催促。会場中でタオルが乱舞した。最後は全員で一斉にタオルを放り投げる。タオルがフロアを舞う光景はなんとも圧巻だった。

<月に足跡を残した6人の少女達は一体何を見たのか... 2周年記念生バンドライブ 〜Selenéde〜>新宿ReNY(2023年3月4日)
ツイート
<月に足跡を残した6人の少女達は一体何を見たのか... 2周年記念生バンドライブ 〜Selenéde〜>新宿ReNY(2023年3月4日)
葵音琴<月に足跡を残した6人の少女達は一体何を見たのか... 2周年記念生バンドライブ 〜Selenéde〜>新宿ReNY(2023年3月4日)
ツイート
葵音琴<月に足跡を残した6人の少女達は一体何を見たのか... 2周年記念生バンドライブ 〜Selenéde〜>新宿ReNY(2023年3月4日)

夏目が“最後は全部出し切って!”と煽ると、ラストの「シリウス」へ突入。ドラムのカウントが入ると観客から地鳴りのような声が上がり、6人が真っ直ぐな歌声を響かせると、観客も声を張り上げて応えていく。そんな声に煽られるかのように、パフォーマンスは激しさを増していき、ラストは全員で一緒にジャンプ。ここでも会場の全員で最後のシーンを作り出して、この日のライブを締めくくった。

<月に足跡を残した6人の少女達は一体何を見たのか... 2周年記念生バンドライブ 〜Selenéde〜>新宿ReNY(2023年3月4日)
ツイート
<月に足跡を残した6人の少女達は一体何を見たのか... 2周年記念生バンドライブ 〜Selenéde〜>新宿ReNY(2023年3月4日)

情熱的なギターソロがフィーチャーされるなど、彼女たちの楽曲はバンドサウンドが似合うものが多いと思うが、生の演奏が生み出す音のダイナミズムは迫力満点だった。6人もそのサウンドに応えて、エモーショナルに歌い、激しさと優雅さを併せ持つダンスパフォーマンスを披露。それは、バンドの演奏の迫力に勝るとも劣らない堂々としたものだったと思う。

<月に足跡を残した6人の少女達は一体何を見たのか... 2周年記念生バンドライブ 〜Selenéde〜>新宿ReNY(2023年3月4日)
ツイート
<月に足跡を残した6人の少女達は一体何を見たのか... 2周年記念生バンドライブ 〜Selenéde〜>新宿ReNY(2023年3月4日)

<月に足跡を残した6人の少女達は一体何を見たのか... 2周年記念生バンドライブ 〜Selenéde〜>

2023年3月4日(土)
新宿ReNY

SE.OVERTURE
M1.静寂BROKEN
M2.声を上げろ
M3.エンドレスラビレンス
M4.Stand UP
MC
M5.針はもう止めるな
M6.弓張月
M7.ETERNAL MOON
MC
M8.オーバーキル
MC
M9.b o k u t o w a
M10.Dreaming少年
M11.愛は君だ。
M12.月に足跡を遺せ

アンコール
EN1.アオナツ
MC
EN2.シリウス

  • トップページ
  • レポート
  • 月に足跡を残した6人の少女達は一体何を見たのか...[ライブレポート]生バンドを従えて圧巻の光景を描き切った2周年記念ワンマンライブ