クマリデパート、日本武道館単独ライブの成功を目指して都内を行脚!「人の温かいパワーをいただきました」

クマリデパート、日本武道館単独ライブの成功を目指して都内を行脚!「人の温かいパワーをいただきました」

クマリデパート、日本武道館単独ライブの成功を目指して都内を行脚!「人の温かいパワーをいただきました」

クマリデパートが、3月30日(木)に開催する初の日本武道館単独ライブ<クマリデパートのおいでよ!日本武道館!>の成功祈願企画<Road to BUDOKAN!!!!!! 3/30 日本武道館単独ライブ成功祈願行脚>を、3月5日(日)に東京都内で敢行。その模様をオフィシャルYouTubeチャンネルで生配信した。

クマリデパート<Road to BUDOKAN!!!!!! 3/30 日本武道館単独ライブ成功祈願行脚>(2023年3月5日)

今回の企画は、いつも応援してくれるファンだけではなく、一般の人たちにもクマリデパートを知ってもらいたい、1人でも多くの人に武道館ワンマンに来てほしいという想いから実現。今回彼女たちが挑むのは、昨年11月27日にワンマンライブを行なった中野サンプラザ近辺から、宣伝看板を背負いサンプリングティッシュを配り、武道館のある九段下駅近辺をゴールと設定して徒歩で向かうというものだ。

朝9:30に中野サンプラザの前に揃った、早桜ニコ、優雨ナコ、小田アヤネ、楓フウカ、山乃メイ、七瀬マナは、笑顔と元気さが全開。クマリデパートと書かれた巨大な看板を背負ったメンバー6人は、楽しい空気感で行脚をスタートした。

最初の目的地の新宿駅に到着すると、さっそく武道館開催の告知が書かれたポケットティッシュを行き交う人たちに配っていく。ステージ衣装で巨大な看板を背負ったアイドルとなると、とにかく街中で目立ちまくり。多くの人たちがティッシュを受け取ってくれた。

次の目的地である渋谷を目指して歩く彼女たちは、巨大な看板の重さ、時折吹く強めの風、この季節ならではの花粉と戦いながら、街ゆく人々にクマリデパートと3月30日の武道館をアピール。原宿を経由して渋谷にたどり着くと、まずはタワーレコード渋谷店の前でティッシュ配りを行なう。メンバー6人は、可愛さと元気さと武道館を成功させたいという想いを武器に、無数のティッシュを次々と配布。日曜日の渋谷だけに人の多さは尋常ではない。人混みを縫いながら移動する彼女たちはスクランブル交差点を抜け、次はマークシティ渋谷の前でサンプリングを行なう。激しい人の流れの中で、ティッシュを渡し続ける彼女たち。スルーされることもあるが、それでも彼女たちは笑顔で“クマリデパートです!”とアピール。すると老若男女の人たちがティッシュを受け取り、言葉を交わし応援の言葉を送るという場面が見られた。

メンバー6人は、渋谷から表参道を通り、寒空の中どんどん歩みを進めていく。そして、15:30ごろにゴールの日本武道館のある九段下に到着。無事、日本武道館単独ライブ成功祈願行脚を完走した。

東京のど真ん中を練り歩きクマリデパートを宣伝したあとに、日本武道館単独ライブ成功祈願行脚の感想を聞くと、早桜は“始まる前は、みんなで「この企画は大変そうだね」って話してたんです。でも、いざ当日を迎えたら意外と寒くないし、思った以上に街中を歩いてるみなさんが優しく反応してくださるんです。つらいってことよりも、ちゃんと届いてるなって効果も感じたし、人の温かいパワーをいただきました”、山乃は“私も、始まる前は倒れるんじゃないかな?と思うくらい過酷な企画かと思ってたんです。でも、想像の20倍くらい楽しかったです。目が合ってティッシュを渡して「武道館でやるの? クマリデパートさんすごいね”って反応を直でもらえると、ちゃんとクマちゃんの輪が広がってるなって実感がありました。コツコツ地道に広げていくのは大事ですね。SNSとかもいいけど、やっぱり直接触れ合って言葉を交わすのは楽しいなって感じた1日です”と語った。

七瀬は“看板はめちゃくちゃ重いんですけど、でもインパクトがすごかったです。ただティッシュ配りをするだけじゃ伝わらないことが、目で見てパッと伝わるんですよ。すごい効果だと思いました。その姿で話しかけると、みなさんティッシュもらってくれるんです。ホントに優しくてあったかくて嬉しかったですね。ずっと楽しい今日1日でした”、小田は“看板は確かに重いんですけど、でも意外と歩けちゃいましたね。看板のおかげで、通りすがりの人が「クマリデパート」ってボゾっとつぶやいてくれるんです(笑)。そういうみなさんの反応が体感できて、すごく嬉しかったですね。特典会とはまた違った、いろんな人と出会いの場って感じがしてすごく楽しかったです”と看板の威力についても口にした。

楓は“フウカは、今日をずっと楽しみにしてたんです。楽しそうだなと思ってたら、ホントに楽しかったです。時期的に、卒業式のあとの女の子がけっこういて「卒業おめでとう」って言うと止まってティッシュを受け取ってくれました。あと、渋谷のマークシティーはよくアイドルさんがチラシ配りしてて、スルーされやすいのかな?と思ってたんです。でも、みんな受け取ってくれるし、やっぱり看板の効果って大きいのかなって思いました。とにかく目立てました。エスカレーターから降りてくる人に「クマリデパート」ってデカデカと見せられるんです(笑)。あれで調べてくれる人がいたらいいなと思いました”、優雨は“私は花粉症なので、今日は絶対ヤバいと思ってたんです。でも、意外と大丈夫で花粉に勝てたなと思いました(笑)。ティッシュ配りは、思ったより楽しかったです。全然もらってくれないと思ってたけど、みなさん手に取ってくださるんですよ。あと、道路の反対車線から手を振ってくれたり、車の中から手を振ってくれる人もいて、反応してくださる方がたくさんで嬉しかったです”と街中での触れ合いの素晴らしさをコメント。

クマリデパートは、これまでに滝行や24時間配信などハードな企画に挑むことが多いが、次にどんなチャレンジをしたいかを聞いてみると、七瀬は“富士山登頂”、早桜は“合宿で体力作り”、山乃“いつかは自分たちでロケット作って宇宙旅行(笑)”とリアルとファンタジーを織り交ぜて回答。

最後に、今回の行脚を経ての日本武道館ワンマンの意気込みについて、早桜は“今日の行脚をやってて、小さい子からお年寄りまで幅広い方にクマリデパートって名前を知ってもらえたと思うんです。今日出会った人の中から、どのくらいの方が来てくれるのかがこれからの課題だと思うんですけど、今日やったことが絶対にいい結果につながるんじゃないかなと思ってます!”、山乃は“今日、ティッシュを配った人が全員武道館に来てほしいです!”、七瀬は“不安になることはたくさんあるけど、こういう過酷な企画をやることでちょっとずつ自信も増えてるので、今回やらせていただけて嬉しいです! 自信たくさんで武道館挑みたいと思います! なので、みなさんぜひ遊びに来てください!”と行脚で得たパワーを武道館で発揮することを誓った。

小田は“今回クマリデパートをひと目でも見かけてくれた方、武道館に私の120%の笑顔を観に来てください!”、楓は“ホントにクマリデパートはいろんなことをやらせていただいてるんですけど、武道館の日まで後悔しないように頑張りたいと思います。今回出会ってくれた人、武道館で会えるのを楽しみにしてます”、優雨は“あの時あれをやっていればよかったって後悔が少しでも少なくなるように、今はいろんな活動をさせていただいてます。悔いなく武道館当日を迎えて、緊張しすぎずにライブを楽しみたいです。頑張ります!”と1つの試練を越えての武道館への想いを口にした。

今回の企画を通じて、アイドルファンだけではなく一般層にもクマリデパートという名前を伝えたメンバー6人。地道な努力の積み重ねが、必ずや初の日本武道館公演の成功につながるはず。3月30日に開催されるクマリデパートの武道館ワンマンライブに期待してほしい。

次ページ

  • 1
  • トップページ
  • ニュース
  • クマリデパート、日本武道館単独ライブの成功を目指して都内を行脚!「人の温かいパワーをいただきました」